31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
今回の回答者:藤本シゲユキさん

今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理” をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:元彼ができちゃった婚(授かり婚)したと聞き、モヤモヤしています

お悩み:元彼ができちゃった婚(授かり婚)したと聞き、モヤモヤしています

お悩み:元彼ができちゃった婚(授かり婚)したと聞き、モヤモヤしています

■砂糖さん(35歳、販売)のお悩み
Facebookを見て、2年前に別れた元彼が結婚したことを知りました。共通の知人からの情報によると、できちゃった婚だったそうです。
 
正直、めちゃくちゃショックを受けています。私は彼のことが大好きでした。でも、彼に「砂糖のことは好きだけど、今は仕事に集中したい。結婚はまだ考えられない」と言われ、私は焦ってイライラしてしまい、喧嘩が増えて別れました。
 
当時、彼は転職して間もなかったので、もう少し長い目で見守ってあげていたら結果は変わっていたのかも、と思ってしまいます。
 
しかもできちゃった婚というのがまたモヤモヤするところで、私も避妊せずにいたらよかったのかな、なんて考えても意味のないことをグルグル考えてしま います。
 
今、私は彼氏がいません。ようやく新しい恋に目を向けようかと思った矢先の出来事で、本当につらいです。
 
この状況からどうやって抜け出したらいいか、アドバイスいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。
 

アドバイス1:まずは「彼に期待・執着していた自分」を受け止めること

アドバイス1:まずは「彼に期待・執着していた自分」を受け止めること

アドバイス1:まずは「彼に期待・執着していた自分」を受け止めること

「本当につらい」ということは、まだ彼のことを完全に吹っ切れていなかったのですね。そんなときに、知りたくなかった元恋人の情報が飛び込んでくると、かなり精神的にくるものがあるでしょう。
 
それだけ、彼のことが大好きだったということではないでしょうか。
 
この状況から抜け出したいということなので、これからお話することにショックを受けられるかもしれませんが、人は「認めたくないこと」と対峙しない限り、しっかり前を向けないので、お伝えさせていただきますね。
 
砂糖さんはおそらく、彼がまだ「自分のことを少しでも好きでいてくれているのではないか?」と期待されていたのではないでしょうか? もしくは、「そんなにすぐ次の相手を見つけないだろう」と心のどこかで思っていたのではないでしょうか?
 
なぜなら、彼に何かしらの期待をしていなければ、どんな情報が入ってきても、つらくなることはないからです。
 
厳しいようですが、砂糖さんが認めないといけないのは、次にお話することになります。それは、「もうすでに彼に気持ちはまったくなく、だから別の女性と家庭を持つことになった」という事実なんです。
 
2人の関係はとっくに終わってしまい、縁が切れたということなんです。
 
追い打ちをかけてしまい、申し訳ありません。
 

アドバイス2:過去の出来事について今一度内省し、消化すべき

それから、焦ってイライラしてしまい、喧嘩が増えて彼と別れたということですが、砂糖さんはこのときの出来事をしっかり受け止められていないのではないかとお見受けします。
 
どういうことかというと、自分が悪いとは思いつつも、彼に対して「でも私の気持ちを少しでもわかってくれたら良かったのに」という思いが少なからず残っているのではないでしょうか。
 
彼に対して、心から「あのときは本当に申し訳なかった」と思っていない、ということです。
 
「そんなことない!ちゃんと申し訳ないと思っている!」と思われたかもしれません。ですが、本当にそう思っていたら「避妊せずにいたらよかったのかな」という愛のない発言は出てこないと思います。
 
つまり、いまだに彼を自分の所有物と考えているから、そういった発想になるのではないでしょうか。
 
自分にも大いに非があって別れた場合、「そりゃあんなことしてたら別れるよなあ」と自覚できない限り、その失恋からは立ち直りにくくなります。
 
だから、別れてからも心のどこかで相手のことを自分の所有物だと感じ、期待と執着が消えないというわけです。
 

アドバイス3:「あのときこうしていれば」うまくいったとは限らない

アドバイス3:「あのときこうしていれば」うまくいったとは限らない

アドバイス3:「あのときこうしていれば」うまくいったとは限らない

とはいえ、人は激しい後悔に襲われたとき、「あのときこうしていれば」と過去を振り返る生き物でもあります。
 
言うまでもなく過去に戻ることはできないわけですが、「あのときこうしていれば」と考える人に限って、わかっていないことがあるんです。
 
それが何かというと、「あのときこうしていれば」という過去をもし実現できたとしても、それが良い結果になる保証はどこにもないということです。むしろ、今よりも悪くなっていた可能性だって十分にあるわけです。
 
厳しい現実として、好きだけで結婚はやっていけません。
 
なぜなら、都合の悪いことから逃げず向き合える関係性作りや、手を取り合って乗り越える力が「お互いに必要になる」からです。
 
彼と結婚して子供が生まれたと仮定してみてください。当時のお2人が、そのまま結婚生活をうまくやっていけたと思いますか? ここで少しでも言葉に詰まった時点で、それが答えなんだと思います。
 

アドバイス4:認めたくないことと対峙し乗り越えたとき、人は成長する

いろいろと現実的なことをお話することになったので心苦しいですが、砂糖さんが今のおつらい状況から抜け出すためには、「認めたくないことを認める」ことなんです。
 
そこをクリアすることができないと、時間がさらに経ってもし、彼のことを忘れることができたとしても、強くなっていないし、自分とも向き合っていないので、また他の誰かと付き合って別れたときに、「あのときこうしていれば」と後悔します。
 
断言できますが、人は認めたくないことと対峙して受け止め、乗り越えたらその分だけ強くなります。そして魅力的になります。
 
自分と向き合うのはすごくしんどいことですが、どうか、乗り越えてください。
 
■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.彼氏がマッチングアプリをこっそり再開していました
Q.彼から振られそうです。挽回するにはどうしたらいいですか?
Q.結婚して名字が変わることに、モヤモヤします

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)


【新サービス事前登録のご案内】
オールアバウトは「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。
そこで、「誰かの経験談を聞いてみたい方」と「自分の経験談をシェアしたい方」とを募集しています。

誰かの経験談を聞いてみたい方はこちら
現在「夫の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築できた」「シングルマザーとして自立できた」「熟年離婚をして幸せ」という経験談が多く集まっています。

自分の経験談をシェアしたい方はこちら
現在「有利な条件で離婚できた」「離婚後、シングルマザーとしてしっかり生活できている」といった経験談を聞きたいという方が集まっています。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。