31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は深爪さん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、深爪さんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、深爪さんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「深爪さん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■深爪さんプロフィール
今回の回答者:深爪さん

今回の回答者:深爪さん

エロから社会ネタまで独自の視点から発信!フォロワー数18万人超の大人気主婦アカウント
コラムニスト/主婦。2012年11月にツイッターにアカウントを開設。独特な視点から繰り出すツイートが共感を呼び、またたく間にフォロワーが増え、その数18万人超(2020年2月現在)。主婦業のかたわら、執筆活動をしている。『深爪式 声に出して読めない53の話』『深爪流 役に立ちそうで立たない少し役に立つ話』『立て板に泥水』他著書多数。芸能、ドラマ、人生、恋愛、エロと、執筆ジャンルは多様。

twitter:@fukazume_taro
オンラインサロン:https://lounge.dmm.com/detail/1448/
note:https://note.mu/fukazume_taro
 

お悩み:処女であることに焦り、適当に初体験を済ませたことを後悔しています

お悩み:処女であることに焦り、適当に初体験を済ませたことを後悔しています

お悩み:処女であることに焦り、適当に初体験を済ませたことを後悔しています

■ゆまさん(30歳、一般事務)のお悩み
 つい先日、マッチングアプリで会った男性と、人生で初めてセックスをしました。彼のことは別に好きでも嫌いでもなく、ただ「とりあえず処女を捨てたい」という一心で、そういう関係になりました。今もたまに連絡は取っていますが、付き合ってはいません。
 
これまでずっと、年齢=彼氏いない歴、かつ処女であることが心の負担になっていました。誰にも相談できず、このまま高齢処女になるのだろうか、下手をしたら一生処女なのではないだろうかと、とても不安だったんです。
 
とはいえ、ぶじ処女を捨てた今、本当にこれでよかったのだろうかと、考え始めている自分がいます。今さらどうしようもないことですが、心の整理がつきません。どうしたらいいでしょうか。
 

アドバイス1:焦燥感の原因は「処女であること」ではなかったのでは

アドバイス1:焦燥感の原因は「処女であること」ではなかったのでは

アドバイス1:焦燥感の原因は「処女であること」ではなかったのでは

30代でセックスの経験のない女性を「高齢処女」と呼ぶそうですが、厚生労働省の2015年の出生動向基本調査によると、アラサー未婚女性(25~34歳)の約3割は性経験がないとのこと。
 
私は「30代処女はそこまでまれな例ではないんだなあ」という印象を持ちましたが、女性向けメディアがこぞって「恋愛」をテーマした特集を組み、「恋人がいて当たり前」のような価値観をいちいち刷り込んでくるので、このまま彼氏ができず、セックスの経験もないまま一生を終えてしまったらどうしようと不安になってしまうお気持ちはよくわかります。
 
ところで、ゆまさんは適当にセックスをしたことを後悔なさっているご様子ですが、「とにかく処女を捨てたい」という目的は達成されたのですから、これはこれでよしとしましょう。
 
どうしても「これでよし」と思えないのなら、技術的には処女膜を元に戻すこともできるようです。
 
しかし、もはや膜に切れ目のあるなしの問題ではないと思われます。もっというと、ゆまさんの焦燥感の原因は「処女であること」ではなかったのではないか、ということです。本当に「処女であること」が原因だったとしたら、貫通した瞬間に悩みはすっかり解消されているはずだからです。
 
ゆまさんは「周りと違う自分」に焦りを感じていたのではないでしょうか。
 
「みんな」がセックスしているのに自分はしていない。「みんな」と違う自分が受け入れられない。それに、彼氏がいない自分は、女性として、人間として劣っているのではないかというある種のコンプレックスもあるかもしれません。そこで、セックスをすれば何かが変わるのではないかと期待したのでしょう。
 
でも、セックスをしてもモヤモヤは解消されず、むしろ、軽率に処女を捨てたことを後悔しはじめている。ゆまさんの中の根本的な問題が解決されていないから、このような後悔が生まれてくるのだと思います。
 
根本的な問題とはおそらく、自信のなさです。自分の中に「私はこれでいいんだ」と言い切れる確固たる自信がないから、周囲と違うことに不安を感じてしまう。流行りの言葉でいえば「自己肯定感」の低さが原因ではないかと私は思っています。
 

アドバイス2:自己肯定感UPには、好き・得意なことに打ち込むのが一番

では、自己肯定感を高めるためにどうすればいいのか。これは私の経験則なのですが、自分に自信をつけるためには、とにかく好きなことや得意なことを続けるのが一番です。
 
「自信をつけるならまず弱点の克服が先では?」と思うかもしれません。それもある意味正解なのですが、これはもともと自己肯定感の低いタイプにはおすすめできません。なぜなら、弱点を克服しようとする段階で失敗を繰り返すため、ダメな自分を痛感させられるだけに終わってしまうことがあるからです。
 
でも、好きなことや得意なことだけをしていれば、失敗も少ないし、なにより単純に楽しい。苦手なものはあえて避け、好きで得意なことだけを楽しく続けることで自信は自ずとついてくると私は思っています。
 
ゆまさんには好きなこと、得意なことはありますか?まずそこから考えてみてください。
 
せっかくセックスを経験したので、性の快楽を追求するのもいいかもしれませんね。体中をいじくりまわしてどこら辺が気持ちいいのかを探ったり、ときには道具を使ったりしてめくるめく愉悦の時間を過ごす。

そうやって自分の体を知ることで、セックスを「しなければならないもの」という強迫観念めいたモノから、「気持ちよくて楽しいもの」に変えていけるかもしれません。
 
せっかく擦るだけで白目を剥いて気持ち良くなれる器官が体に搭載されているのですから、いじり倒さないのはもったいない。股は、24時間365日年中無休で気軽に楽しめるエンタテイメントです。しかもタダ。ぜひ、新しい世界の扉を開いてください。

■「31歳からの恋愛相談室」関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.彼氏が私のエッチな写真をほしがります
Q.私なんかに好かれたら迷惑かな……と思ってしまいます
Q.今はラブラブだからこそ、いつか冷めるのが怖いです

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。