31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
今回の回答者:藤本シゲユキさん

今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理” をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:彼氏にもっと構ってほしいけど、わがままかも……と思って我慢しています

お悩み:彼氏にもっと構ってほしいけど、わがままかも……と思って我慢しています

お悩み:彼氏にもっと構ってほしいけど、わがままかも……と思って我慢しています

■リラさん(31歳、広報)のお悩み
私の彼はとても仕事が忙しく、ほぼ毎日、終電近くまで働いています。それでも月に2、3回は会えているので、彼なりに私を大切に思ってくれているんだと思います。

でも本当は、「会えないならもっとマメに連絡がほしい」「もっと愛情表現をして安心させてほしい」と思います。それに、仕事で凹んだときには弱音を吐いたりしたいです。でもそんなことをしたら、ただでさえ疲れている彼をもっと疲れさせてしまいそうで、言えません。

彼氏なんだから、もう少し甘えてもいいのでしょうか。それとも、それはわがままなのでしょうか。彼氏にどこまで求めていいのかわからず、モヤモヤしています。
 

アドバイス1:あなたの言動・行動をわがままと捉えるか否かは、彼にしかわからない

アドバイス1:あなたの言動・行動をわがままと捉えるか否かは、彼にしかわからない

アドバイス1:あなたの言動・行動をわがままと捉えるか否かは、彼にしかわからない

本当はすごくさみしいのに、わかってほしいことがあるのに、それに耐えて頑張られているんですね。

でも、彼氏さんの仕事がとても忙しいから、言いたくても言えないという、ものすごい葛藤があるんだと思います。

では、僕の見解をお話させていただきますね。

まず、「どこまでがわがままじゃなくて、どこからがわがままなのか?」という問題について。

これは、自分で自分の機嫌が取れないから、相手にその機嫌を取ってもらおうと無理強いした時点でわがままになります。逆に、自分のそのときの気持ちをただ言葉にして伝えるのは「主張」しているだけになり、わがままには該当しません。

しかし厄介なことに、わがままであれ主張であれ、どう受け取って解釈するかは、結局は相手が決めることなんですね。

なので、わがままかもしれないと思って言った言葉がすんなり受け入れられたり、ただ発言したことがわがままに受け取られたりという出来事が起こるわけです。
 

アドバイス2:我慢を溜め込む前に、素直に気持ちを打ち明けることが大切

こうお伝えすると、どうしていいかわからず、すごく混乱されると思います。

では、どういう基準で彼にリラさんが思っていることを伝えればいいか。まずは素直に気持ちを打ち明けることが大切なのではないでしょうか。

次に会ったときに、たとえばこんな風に。

「ちょっと聞いてもらいたいことがあるんだけどいいかな?

あなたの仕事はかなり忙しくて大変そうなのに、そんな中で時間を作って会ってくれていること、すごく感謝してるんだよね。

でもね、正直言うと、少しさみしいんだ。

忙しいのはわかっているし、邪魔をしたいわけじゃなくて、むしろ応援したい気持ちのほうが強いから、私のこういう気持ちはすごくわがままなんじゃないかと思って言えなかったんだけど、1人で悩みすぎてどうしていいかわからなくなってきて。

それに、思っていることがあるのに言わないのは、あなたのことを信用してないことになるから、ちゃんと言おうと思った。

本音は、もうちょっと連絡をくれたら嬉しいと思うし、言葉や態度で愛情表現してほしいなって思ってる。

仕事で落ち込んだときは、迷惑かけちゃいけないから自分で解消しなきゃって思って頑張ってるんだけど、どうしても話を聞いてもらいたいときも、実はあるんだよね。

もし、今私が言ったことをあなたがしてくれると、すごく嬉しいし安心するんだけど、どうかな?

もちろん、私もあなたのいい彼女でいたいから、できることがあったり、直してほしいことがあったりしたら言ってね」。

これをリラさんの言葉で伝えて、後は彼がどう答えるかです。

僕としては、付き合っているのだったら、こういうことはちゃんと言葉にしたほうがいいと思います。もし彼がそれを受け止めてくれないとしたら、彼はリラさんに歩み寄りができないということになります。

そもそもですが、いくら仕事が忙しいからといって、彼女をないがしろにしていい理由はありませんからね。

もっと極端に言うと、彼氏の仕事が忙しいのは、彼女には関係がないことです。

もちろん、「結婚資金を貯めたいから、そのために仕事を頑張る」といった理由だと話は変わってきますが、そうじゃないなら関係ないんですよね。

言うまでもなく、関係がない上で相手を理解することは必要ですが、どうしても気持ちに折り合いがつかなくなってきたとき、我慢が生まれます。

その我慢を溜め込む前に、たとえ言いづらいことであっても、気持ちを打ち明けることが大切なんです。

気持ちを打ち明ける側の人にとっては、かなり勇気がいる行為なのは承知の上です。

彼に本音を言えない理由として「ただでさえ疲れている彼をもっと疲れさせてしまいそうだから」と書かれていましたが、おそらく、それだけではないですよね。

きっと「本音を彼に打ち明けたら、嫌われるのでは」という不安があるのだろうと思います。

しかし、信頼関係を結んでいくためには、言いづらいことでもちゃんと打ち明けることが必要不可欠なんです。

モヤモヤもこのまま放っておくと、限界値に達して爆発してしまうということも可能性としてありますから、そうなる前に、ちゃんと気持ちを打ち明けましょう。
 

アドバイス3:基本、自分の機嫌は自分で取るよう心がけて

アドバイス3:基本、自分の機嫌は自分で取るよう心がけて

アドバイス3:基本、自分の機嫌は自分で取るよう心がけて

とはいえ、いくら気持ちを打ち明けたほうがいいと言っても、いつもさみしい、会いたいと言い過ぎるのはよろしくないです。

ではどうすればいいかというと、基本は「自分の機嫌は自分で取ること」です。

どうしてもその機嫌を自分で取れなくなったときに彼氏に頼るのであって、それ以外の場面では、「1人の時間を楽しむこと」が大前提になります。

恋人に依存し、執着が止まらない女性の多くは、高確率で「暇」です。

仕事しかすることがなく、家に帰るとやることがないという女性も多いですね。

人間がネガティブなことを考えるときって、たいてい「暇なとき」「空腹のとき」「寒いとき」のどれかなんですよ。

家で暇を持て余していると、よくないことばかり考えて不安になり、さみしくなり、彼氏に自分の機嫌を取ってもらおうとする。そういうことが続いた結果、彼氏である男性が負担に感じ重くなってきて、別れを決意するというケースは枚挙にいとまがないです。

なので、リラさんはそうならないように、できる限り「1人の時間を楽しむ努力と工夫」をしてみてください。

「面白いことがない」「楽しいことがない」という人は男女問わず多いですが、なかったらそのまま諦めるのではなくて、「見つかるまで意地でも探す」のが、1人の時間を楽しめる人なんです。

そうやって毎日を楽しく過ごすようにしていると、暇なときに考えていたネガティブなことが激減します。

さらに、毎日を楽しく過ごしているものですから、雰囲気にもそれが現れ、キラキラしているように見えてきます。

すると、久しぶりに再会した恋人から「なんか雰囲気変わった?」「いいことあったの?」と聞かれることもよくあり、デート後には「元気そうで良かった。会えて良かったな」と思ってもらいやすいというわけです。

こういうことを書くと、「そうしたら、彼が安心してさらに放置の時間が増えそう」と思う女性も出てくると思いますが、こういう人は、結局自分で自分の機嫌が取れない言い訳を、何か他のものにすり替えたいだけなんだと思います。

以上を踏まえて、自分の機嫌を自分で取った上で、どうしてもさみしくなったときや、聞いてほしいことがあるときは、「信頼して甘える」と考えてみてはいかがでしょうか。
 
■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.正直、子供はほしくないと思うのはおかしいですか?
Q.彼氏に対して、自分の意見を素直に伝えることができません
Q.彼から振られそうです。挽回するにはどうしたらいいですか?

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。