栄養満点なスープのレシピ4選! ダイエット中でも食べやすい&簡単に作れる

低カロリーかつ栄養満点の料理を取り入れたいダイエット期間には、簡単に作れるスープのレシピが重宝します。スープは、野菜や春雨などのヘルシー食材をささっと食べられるだけでなく、体を芯から温める効果もあります。今回は、ダイエット中でも安心して食べられる、ヘルシーなスープのレシピ4選をご紹介します。
 

きのこのしょうが豆乳スープ

きのこのしょうが豆乳スープ

きのこのしょうが豆乳スープ(出典:きのこのしょうが豆乳スープ!ダイエットにも最適な1人93kcal

低カロリーで栄養満点、整腸作用もあるきのこと、燃焼効果があるしょうがをたっぷり入れて作る豆乳スープのレシピです。クリーミーな豆乳がベースのスープなので、少ない量でも食べ応え抜群。満足感があるので、お腹が空いて眠れない日の夜食にもぴったりです。お好みのきのこをたっぷり使いましょう。

【作り方】2人分
  1. しめじ120gと舞茸95gは食べやすい大きさに手で割き、えのき茸65gは3cm長さにカットする
  2. テフロン加工の鍋に【1】を入れ、中火でしっかりと炒め、軽く塩こしょうする
  3. 鍋に水200mlを加えて煮立ったら中火にし、豆乳200mlを加えて沸騰させないように加熱する
  4. 鶏ガラスープ5gを加えて溶かし、塩こしょうで味を整えたら、火を止め、しょうが5gを加える
  5. 器に盛り、小口切りにしたあさつきをちらして完成
 

野菜たっぷり春雨スープ

野菜たっぷり春雨スープ

野菜たっぷり春雨スープ(出典:低カロリーでも大満足!野菜たっぷり春雨スープ

青梗菜やトマト、もやしなどのたっぷり野菜と春雨を入れて作るさっぱりとしたスープのレシピ。トマトの酸味とピリ辛生姜が食欲をそそる味のアクセントになっています。春雨を入れているので、食べ終わった後は満腹感もバッチリ。お好みでお酢をかけても美味しくいただけます。

【作り方】2人分
  1. 鍋に水800mlを入れて沸騰させ、鶏ガラスープの素小さじ2を加えて溶かす
  2. 1cm幅に切った青梗菜100g、くし切りにしたトマト100g、もやし100g、すりおろし生姜10g、緑豆春雨40g、酒5ml、塩こしょうを鍋に入れてひと煮立ちさせる
  3. 器に盛って完成
 

モロヘイヤとトマトのスープ

モロヘイヤとトマトのスープ

モロヘイヤとトマトのスープ(出典:美容とダイエットに!モロヘイヤとトマトのスープ

モロヘイヤは、ほうれん草の2倍のカロテン、キウイフルーツとほぼ同量のビタミンCなど、ビタミン・ミネラル・食物繊維をたっぷり含んだ栄養満点の野菜。独特のネバネバ食感がクセになる、食べ応えのあるスープのレシピです。トマトやにんにくの旨味も相まって食べやすい味わいですが、モロヘイヤの青臭さが気になる人は、溶き卵を加えるとまろやかになってさらに美味しくいただけます。

【作り方】4皿分
  1. モロヘイヤ1束の葉を1分ほど茹でて、ザルにとって冷ます
  2. 茹でたモロヘイヤの葉が冷めたら、包丁で細かく刻む
  3. 鍋に水4カップ、鶏がらスープの素大さじ1、すりおろしたニンニク1片、モロヘイヤを入れて、火にかける
  4. 沸騰したら角切りにしたトマト1個を入れ、弱火で2~3分煮て、塩こしょう少々、すりごま大さじ1で味を整える
  5. 器に盛って完成
 

もずくスープ

もずくスープ

もずくスープ(出典:もずくスープの作り方!ホットも冷製もおいしい簡単スープレシピ

もずくと出汁を用意するだけ、たった3分でできるもずくスープのレシピです。血糖値の急激な上昇を抑える働きがある水溶性食物繊維をたっぷり含むもずくは、栄養満点でダイエット中にはうってつけの食材。豆腐を入れたり、鶏がらスープとごま油で中華風スープにしたり、アレンジを加えてもOK。温かいままでも冷やしても美味しくいただけます。

【作り方】2カップ分
  1. 鍋に、出汁小さじ1、酒小さじ2、醤油小さじ2を入れて火にかけ、沸騰しかけたら火を止める
  2. 器に【1】を注ぎ、水につけて塩抜きしたもずく100gを入れて、小口切りした小ねぎを乗せてできあがり
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。