食感と酸味が美味しいマスタードを使った肉料理レシピ4選!

酸味や甘み、プチっとした食感が美味しいマスタード。マスタードはそのまま使うことも多い調味料ですが、今回はソースやメインの味付けとして使います! 肉料理と合わせることで食欲がアップすること間違いなし! 食べ応え抜群、マスタードの味付けが美味しい肉料理のレシピをご紹介します。
 

鶏胸肉のマスタード焼き

鶏胸肉のマスタード焼き

鶏胸肉のマスタード焼き

ジューシーな鶏胸肉をマスタードソースでソテーする、贅沢なおかず料理。ケチャップやプレーンヨーグルトをベースにした味付けソースにマスタードを加えて、酸味をプラス。ソースを塗ってから焼くことで鶏肉が柔らかく仕上がります。見た目も華やかなので、ちょっとしたおもてなし料理にもぴったりですよ!

【作り方】2人分
  1. バットに鶏胸肉(皮なしで2切れ)を並べ、塩とブラックペッパーを全体にふり下味をつけて5分ほど置く
  2. 小さいボウルに、ヨーグルト15g、ケチャップ大さじ3/4、粒マスタード大さじ3/4、マーマレード大さじ3/4、おろしにんにく1gを入れて混ぜる
  3. フライパンにフライパンにオーブンシートを広げ、上に鶏胸肉をのせる
  4. マスタードソースを大さじ1ずつ肉の表面に塗って中火で3分ほど焼く
  5. 肉をひっくり返し、火を弱めふたをし、4~5分蒸し焼きにする
  6. ふたを取り、残ったマスタードソースを肉にのせてそのまま1分ほど再加熱する
 

マスタードチキンロール

マスタードチキンロール

マスタードチキンロール

鶏肉に粒マスタードを塗って、そのままぐるっと巻いてレンジで加熱するだけのお手軽レシピ。肉汁が内側に閉じこもるので、ジューシーな味わいに。酸味が効いた粒マスタードはさっぱりとした鶏肉と相性抜群です。今回は粒マスタードのみを塗りましたが、にんじんやいんげんなど、お好みの野菜を巻いても美味しくいただけます。

【作り方】2人分
  1. 鶏肉1枚の余分な脂を取り除き、厚みが均一になるように切る
  2. 全体に塩こしょうをしたら、ラップを敷いて、その上に鶏肉を皮目を上にして乗せ、粒マスタード大さじ1.5を塗る。手前からしっかりと巻いて、ラップの端をねじってとめる
  3. 耐熱皿に乗せ、電子レンジで5分加熱したら、すぐにラップは取らず、そのまま冷めるまで置いておく
  4. 粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やして完成
 

豚バラ肉のマスタード煮込み

豚バラ肉のマスタード煮込み

豚バラ肉のマスタード煮込み

豚バラと玉ねぎをマスタードで柔らかくなるまで煮込んだ、献立メインのおかず料理。じっくり火を通してとろっとした玉ねぎとマスタードの甘みが溶け合って、絶妙なハーモニーを生み出します。昆布も加えるので、旨味たっぷりの出汁ができます。ついついやみつきになる、絶品レシピです!

【作り方】4人分
  1. 豚肉800gを5cm角程度にきり、塩こしょうを刷り込んで15分ほど置く
  2. 弱めの中火にかけたフライパンで全ての面に焼き目をつける
  3. 煮込み用の鍋にスライスした玉ねぎ400gを入れ、昆布10gと【2】の豚肉を入れ、水400ccを加えて蓋をしたら火にかける
  4. 沸騰したらさらにごく弱火にし、45分ほど煮る
  5. 全体を混ぜながら肉をひっくり返し、味を整えたらさらに45分煮込む。途中、焦げないように水がなくなったら足す
  6. 肉が柔らかくなったらマスタード大さじ1を加え混ぜる。蓋を取ったまま5分ほど煮詰める
  7. 火を止めたら粗熱をとって、煮汁の味を肉に染み込ませて完成
 

ハニーマスタードチキン

ハニーマスタードチキン

ハニーマスタードチキン

マスタードにはちみつ、レモンなどを混ぜ合わせて作った特製のタレに鶏肉を漬け込んで焼く、ハニーマスタードチキンのレシピ。お肉が柔らかく仕上がるので、冷めても美味しくて、作り置きにも最適。お弁当のおかずにもぴったりです。甘辛い味つけは、ご飯にもパンにもよく合う美味しさ!

【作り方】4人分
  1. 鶏肉2枚の余分な油をそぎ落とし、皮にフォークで数カ所穴を開ける。全体を食べやすい大きさに切ったら塩を振って揉み込む
  2. 容器に、はちみつ大さじ3、レモン汁大さじ2、粒マスタード大さじ1、ウスターソース大さじ1/2、オリーブオイル大さじ1/2を入れてよく混ぜ合わせて置く
  3. 鶏肉を入れたバットに【2】を回しかけ、そのまま20分常温に置く
  4. テフロン加工のフライパンに油を敷かずに皮目を下にして鶏肉を並べる
  5. 火をかけ蓋をして3~4分ほど焼く。皮目が焼けたらひっくり返して1分ほど焼き、【3】のタレを加えて煮汁が半分程度に煮詰まったら火を止めて完成
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。