31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
今回の回答者:藤本シゲユキさん

今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理” をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:元彼からの暴言がトラウマで、彼氏に「嫌だ」や「こうしたい」が言えません

お悩み:元彼からの暴言がトラウマで、彼氏に「嫌だ」や「こうしたい」が言えません

お悩み:元彼からの暴言がトラウマで、彼氏に「嫌だ」や「こうしたい」が言えません

■ペスカさん(30歳・クリエイター)のお悩み
私は彼氏に対して、言いたいことが言えません。嬉しい、楽しいという思いなら表現できるのですが、悲しい、嫌だ、こうしたいといった思いは、ほとんど伝えられません。
 
たとえば向こうが仕事で忙しくてまったく会えないとき、本当は寂しいから少しでいいから連絡が取り合いたいと思ったのですが、結局何も言えませんでした。
 
恋人にはマイナスなことも話さないといけない、ちゃんと向き合おうと思いつつ、どうしてもできないのです。
 
原因はわかっています。これまでに元彼たちから吐かれた暴言を引きずってしまっているからです。
 
「なんでお前の要望を聞かなきゃいけないの?」、「話し合いって言われても、俺は確定事項を話すしかできないよ」、「そんなことを言うやつはカスだ」などの心ない言葉が忘れられません。もっとこうしたいんだけど、と伝えるたびに「じゃあ別れよう」と脅されたこともトラウマになっています。
 
とにかく自分を否定された過去しかなく、恋愛における成功体験がないのです。
 
でも、過去は過去、今は今。元彼と今彼は別人。今回こそは、ちょっと何か言ったくらいでは去らないかもしれない、と自分に言い聞かせています。
 
ここでなんとか、自分にかかった呪いを振り払って、素直にコミュニケーションができる自分になりたいです。自分はちゃんと愛されている、と自信を持てるようになりたいです。どうしたらいいでしょうか。
 

アドバイス1:まずは元彼たちへの「怒り」を取り戻すことから

 アドバイス1:まずは元彼たちへの「怒り」を取り戻すことから

 アドバイス1:まずは元彼たちへの「怒り」を取り戻すことから

おつらい経験をされましたね。元彼の発言の中には、まさにモラハラといった言葉もあります。他にも相当ひどいことを言われたのではないでしょうか。
 
人の気持ちがわからない男性と付き合うと、女性側が傷つくだけの恋愛になってしまうことがよくあるんです。
 
傷つけた相手はノーダメージなのに、傷ついた側はダメージを受けたまま。考えてみると、おかしな話ですよね。
 
だからこそペスカさんにはまず、「なんで私があいつらのせいで、こんなに苦しいを思いをしないといけないんだ!」と、「怒り」を取り戻していただきたい。それが、素直にコミュニケーションがとれる女性になるための第一歩になるはずです。
 
「怒りを感じることはダメ」という風潮がありますが、人は誰かに傷つけられて自尊心が低下してしまうと、怒りを感じなくなってしまうんです。ペスカさんは今、そういった状況にあるのではないでしょうか。
 
素直にコミュニケーションがとれる女性は、誰かに傷つけられた場合、その時点で怒りも発動します。「どうしてそんな酷いことを言うの?」というように、ちゃんと言い返せるんです。
 
でもこういった場面で怒りを飲み込むことを続けると、言いたいことを言わずに我慢するのが癖になってしまう。さらにそのうち、「私が悪いからひどいことを言われるんだ」なんて思い込むようにもなる。自分を責めるほうに思考がいってしまうんですね。
 
ひどいことを言う相手はたいてい、自信満々に発言するもの。言われた側が「自分が悪いのかもしれない」と思ってしまうのは、ある意味当たり前なんです。
 
でも、忘れないでください。たとえ自分に落ち度があったのだとしても、相手が暴言を吐いていい理由にはなりません。「それはそれ」「これはこれ」です。
 
暴言を吐く人が暴言を吐くのは、どこまでいってもその相手の未熟さが原因です。つまり、こちらには一切関係がないことなんですよね。
 
「悪かったのは100%、元彼のほう。暴言が出てきたのは、ただただ、元彼が未熟だったから」。
そこをはっきり認識しておきましょう。
 
こうやって「ちゃんと相手のせいにする」ことも大切です。
 
「相手も悪かったけど、私にも悪いところがあったし……」なんて、くれぐれも思わないこと。傷ついたという紛れもない事実がある以上、そこにどんな背景があれど、傷つけた相手は悪でしかありませんからね。
 

アドバイス2:「人は話せばわかってくれる」は幻想と心得て

そして、今からお話しすることもよく覚えておいてください。
 
「人は話せばわかってくれる」、これは幻想でしかありません。
 
現実は、「同じ人間であっても一定数、話が通じない人間が存在する」なんです。とくに、人の気持ちがわかる人とわからない人が付き合うと、驚くほどに話が噛み合いません。
 
それを踏まえた上で、厳しいことをお伝えさせていただきます。
 
ペスカさんに落ち度があるのだとしたら、人の気持ちがわからない人間に心を求めてしまったことではないでしょうか。
 
もちろん、元彼さんたちは根っからの悪人というわけではないでしょうし、良いところもあったのだと思います。ですが、そこも惑わされてはいけないんですよ。良いところもあるけど、悪いところもある、この場合も「それはそれ」「これはこれ」です。
 
たった一つであったとしても、相手に悪い部分があることで、付き合っている人間が多大なダメージを被るというケースは、驚くほどよくあります。
 

アドバイス3:「また否定されたら…」の恐怖は自力で乗り越えるしかない

それから、相手に言いたいことが言えるようになるには、どうしても「度胸」が必要になることも忘れてはいけません。女は愛嬌、男は度胸と言いますが、女性にも度胸は必要なんです。
 
とくに恋愛の場面で「思っていることが言えない」「聞きたいことが聞けない」という女性は、恋愛における度胸が足りないんですね。
 
じゃあ、この度胸ってどうやって身につけるかというと、身も蓋もないですが、「勇気を出した積み重ねと実績」でしかつかないんです。残念ながら、都合よく勇気を出せる方法はないんですね。
 
なので、彼に対して言いたいことが言えるようになるには、どうしても「怖い」と思うことに飛び込むという行動の積み重ねが必要になります。
 
また否定されたらどうしよう、気持ちをわかってもらえなかったらどうしよう、別れをちらつかされたらどうしよう、いろんな恐怖があると思います。しかし、その恐怖は自分でしか乗り越えることができないんです。
 
「えーい、行ったれ!」と自分を奮い立たせて、思っていることをちゃんと言葉にすることでしか、乗り越えられないのです。
 
もちろん、声に出したことによってすべてが良い結果になるわけではありません。悪い結果になることだって、可能性としてはありえます。ですが、恋愛でも仕事でも成功していたりうまくいっていたりする人は、例外なく「結果がどうなるかわからないことに飛び込んできた」という実績があります。

それにもし、勇気を出した結果が思うようなものでなかったとしても、「怖いと思うものに飛び込んだ」という実績は得られるんですよ。
 
そもそも、人の気持ちがわからない人間の言葉に振り回されて、せっかく付き合ってるのに言いたいことが言えないなんて、悔しいじゃないですか。
 
ちゃんと怒りを感じて自尊心を取り戻すこと、そして度胸をつけるべく怖いものにも飛び込むことを実践してみてください。そうやってペスカさんが強くなって、元彼らよりも幸せになってください。
 
健闘を祈っております。

■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.彼は草食系?それとも脈なし?見極める方法を教えてください
Q.喧嘩になると、黙るか逃げる彼。話し合いがしたいです
Q.自立した強い女性は、強さを隠さないと結婚できませんか?

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。