31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
今回の回答者:藤本シゲユキさん

今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理” をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:結婚を考えている彼氏に、借金があるかもしれません

お悩み:結婚を考えている彼氏に、借金があるかもしれません

お悩み:結婚を考えている彼氏に、借金があるかもしれません

■チャンさん(30歳、営業)のお悩み
結婚を考えている彼氏に、借金疑惑が浮上してきました。
 
最初に気づいたのは、付き合って半年になるので、そろそろ結婚を考えたいという話をしたときのことです。「結婚はしたいけれど、まだ貯金が少ないから……」と言われました。
 
以前、奨学金の返済がまだ終わっていないという話は聞いていたので、「奨学金のこと?」と聞いたら、「まあいろいろあるし……」という感じで、とても歯切れの悪い返事が返ってきたのです。
 
そのときはあまり深く突っ込めなかったのですが、昔起業をして失敗したといっていたので、おそらくそこで借金を作ったのではないかと疑っています。
 
ちなみに今は、もう起業は向いていないからやめたと言っていて、まじめに働いているようです。
 
もしそれが本当なら、多少借金があっても、結婚を考えてもいいかと思っています。とはいえ、真実を聞かせてもらわないことには、判断もできません。
 
彼にとって打ち明けにくいことだと思うので、どう切り出したらいいのか、アドバイスいただけますでしょうか。よろしくお願いいたします。
 

アドバイス1:真実を知っても離れないという「覚悟」を伝えて

アドバイス1:真実を知っても離れないという「覚悟」を伝えて

アドバイス1:真実を知っても離れないという「覚悟」を伝えて

これから人生を一緒に歩こうと考えている人だからこそ、知っておきたい過去はありますよね。その過去を受け止められるかどうかで選ぶ道も変わってきますから、チャンさんが悩まれるのは当然だと思います。
 
ただ、お金にまつわる問題は非常にデリケートなこともあり、どう切り出していいか迷ってしまうし、下手をすると彼が触れてほしくないと思っている地雷を踏んでしまうこともある。
 
さらに、聞きたくなかった真実に触れてしまうこともあるという恐怖で、ストッパーがかかっている部分もあるのではないでしょうか。
 
文面をお見受けするに、「多少借金があっても、結婚を考えてもいい」と書かれているので、真相を知っても今のところは別れるという選択肢はないのかな?と判断しましたので、その前提でお答えさせていただきますね。
 
職業柄よく、「どういった言葉を伝えたら響くか?」「何か良い聞き方はないか?」といったご質問を受けることがありますが、基本的に言葉は「本気」じゃないと相手に伝わらないし、相手の真意をつかむことができないんです。
 
極端に言うと、「背水の陣の覚悟」で言葉を発しないといけないのですが、チャンさんのケースに置き換えてお話をすると、「真実を知っても私は離れない」という覚悟を彼に伝えることが大切になります。
 
真相がどうであれ、彼が端切れの悪い返事をしたということは、大なり小なり「打ち明けたら引かれるかもしれない」「振られるかもしれない」という不安があるのではないでしょうか。
 
あと、過去に起業しようとして失敗したということは、そのときの出来事をまだ消化できておらず乗り越えていないので、触れられたくないという気持ちも混ざっているかもしれませんね。
 
そういった事情を考慮して、どういった切り出し方をするのかというと、次のようになります。
 
「聞きたいことがあるんだけどいいかな? すごくデリカシーがないことだから、聞くかどうかすごく迷ったんだけど、気になっていることを聞かないのも、あなたに不誠実なことをしているみたいで嫌だから、ちゃんと聞くね。
 
借金があるって言ってたけど、奨学金以外のことで借金があったり、お金で悩んでいたりするなら教えてほしい。
 
私はあなたと人生を歩いていきたい気持ちは今も変わっていないし、たとえ思ってもみなかった真相を知ったとしても、別れようとは思っていない。結婚するんだったら一緒に返していこうと思ってる。
 
でも、もし借金が他にあったとして、そのお金がどういったことに使われていたのか知らないままだと私自身の覚悟も決められないし、理由を知らないままだと、変な勘ぐりをしてしまって、あなたを疑ってるようでそんな自分になるのも嫌なんだよね。
 
私に隠し事をしないでって言うつもりはないけど、これだけは私のエゴでごめんなさい。
 
何を聞いても受け止めるし、お金のことで私に言いづらいことがあるなら、今すぐじゃなくてもいいから、教えてもらえると嬉しい。
 
言いにくいことや言いたくないこともあるかもしれないし、ちょっと考えてもらえないかな? 最後まで聞いてくれてありがとう」といった感じです。
 

アドバイス2:正しく「逃げ道」を与えてあげることが大切

「男性に逃げ道を与えないといけない」といいますが、この言葉の意味は、都合の悪いことに目を背けて触れないでいることではありません。相手が本当の気持ちを吐露しやすいようにお膳立てしたり、必要以上に追い詰めないように、相手の事情を考えて、理解するよう努めたりすることなんですよ。
 
この言葉を都合よく解釈している女性ほど、相手に対して不安や不信感を抱いているのに、モヤモヤしていることを言ったり聞いたりしません。しかしそれは、相手に逃げ道を与えているんじゃなくて、傷つきたくないから自分に逃げ道を与えているだけなんですよね。
 
ただ、前述した切り出し方は、「私は何を聞いても別れない」という覚悟を示しているので、その覚悟ができないうちは、切り出すのを待ったほうがいいでしょう。
 
なぜなら、もし彼にとってよほど言いたくないことなんだとしたら、安心して打ち明けたのに、それに対してチャンさんが引いてしまい、別れを選択してしまったら、彼はこの出来事で心の傷を負うかもしれないからです。
 
子供のころ、悪いことをしてしまったとき、お母さんが「怒らないから言ってみなさい」と言うから打ち明けたのに、結局怒られたという経験はありませんか。子供のころのあなたの場合は「なんやねん!せっかく言うたのに!」と思うくらいで済んだかもしれませんが、彼の場合はそんなふうに軽く流すことはできないと思っておいたほうがいいでしょう。
 
脅かすようで申し訳ありませんが、彼の借金が奨学金以外にあったとして、その理由が、ギャンブルや風俗だったという可能性だってなきにしもあらずなんです。そのくらいの「最悪のケース」まで想定して考えておいたほうが、覚悟が決まりやすいのは事実。
 
そもそも結婚は、皆が持っていて自分だけが持っていないおもちゃがほしいからというような理由でするものではありません。「何があってもこの人と共に人生を歩む」という覚悟は必要です。
 
なので、「やっぱりこの人と生きていく」という覚悟ができたとき、切り出してみてはいかがでしょうか。
 
ちなみにその覚悟はできないけれど、どうしても聞きたいのであれば、「デリカシーがないことを聞くけどごめん。借金って奨学金だけなの? 前にその話が出たときに、言いづらそうだったから気になって。もし、他にも返してるお金があるんなら、そのことを責めてるんじゃないし、言いづらいことなんだったら今すぐじゃなくても大丈夫」といった言い方になりますね。

■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.36歳、マイペースな彼氏。結婚は遠い話だと思っているようです
Q.今はラブラブだからこそ、いつか冷めるのが怖いです
Q.バツイチ・借金ありの彼と同棲中。結婚を考えると不安です

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。