【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は澤口珠子さん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、澤口珠子さんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、澤口珠子さんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「澤口珠子さん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■澤口珠子さんプロフィール
今回の回答者:澤口珠子さん

今回の回答者:澤口珠子さん

自身もネット婚活で結婚!女子力アップ/婚活コンサルタント

理想のパートナーを引き寄せる、外見・マインド作りのプロフェッショナル。自身が3カ月で104人の男性とデートした経験を元に「ネット婚活のノウハウ」を提供中。レッスンやコンサルには全国各地・国外から申込が集まる。『はじめてのネット婚活』他著書多数。

HP:オフィシャルホームページ
twitter:@tamakosawaguchi
 

お悩み:バツイチ・借金ありの彼と同棲中。幸せですが、不安も大きいです

お悩み:バツイチ・借金ありの彼と同棲中。幸せですが、不安も大きいです

お悩み:バツイチ・借金ありの彼と同棲中。幸せですが、不安も大きいです

■えむさん(35歳・講師)のお悩み
付き合って1年半になる彼がいます。彼とは結婚を考えており、同棲も始めました。しかし、迷いもあります。2つほど、気になる問題があるからです。

まず1つめの問題は、彼がバツイチ(子供2人/前妻が引き取り)で、前妻との離婚理由がはっきりしないことです。ちなみに私の両親は、これが理由で反対しています。

彼いわく、離婚理由は前妻がいきなり出て行ったからとのこと。聞く限り、彼に落ち度はなかったようです。とはいえ、彼側の意見しか聞いていないので、実際のところはわかりません。

子供については、前妻が子供を引き取っていますが、出て行って以来会っていないため状況がわからないそうです。養育費も最初は払っていましたが、前妻から無視され続け、今は払っていないそうです。養育費は義務なので、払わなければならないことはわかっていますが、私としては払ってほしくありません。

そして2つめの問題は、借金があることです。これは私の両親には伝えてはいません。借金は200万ほど。借金の理由は、姉がうつ病でギャンブルに走った際に、姉のために借りたそうです。これはお姉さんにも確認済みです。

このような状態のため、毎朝起きるたびに、このままでいいのか……と迷ってしまいます。

彼といると心がすごく満たされ、幸せな気分になります。でも、経済面などの不安が大きいのはたしかです。なにかアドバイスいただけたら幸いです。
 

アドバイス1:バツありの相手に対して、離婚理由を探る意味はなし

アドバイス1:バツありの相手に対して、離婚理由を探る意味はなし

アドバイス1:バツありの相手に対して、離婚理由を探る意味はなし

離婚の理由は、当事者しかわからないものです。えむさんも書いていらっしゃるように、彼側の意見しか聞くことができませんし、彼が真実を話しているかどうかもわかりませんよね。

バツがついている男性との結婚を考える場合、離婚理由については深く探らないほうが得策です。何度も言いますが、真実はその夫婦にしかわかりませんから。

それよりも、今、えむさんの目の前にいる彼をきちんと見ること。この先の人生を共に歩むために信頼に値する人かどうか、自分の目と感覚で見極めることがいちばん大切です。
 

アドバイス2:将来、先妻と揉める可能性は覚悟すべき

先妻との子供の養育費については、先妻に無視され続けて払わなくなったとのことですが、これも残念ながら、真実かどうかはわかりません。

もちろん、先妻が再婚して養育費が必要なくなっていたり、一切関わってほしくないという強い意志を持っていたりする場合は、養育費を突っぱねる場合もあるでしょう。

ただ将来的に、先妻との間でお金や子供の件で揉める可能性がないとは言い切れません。

たとえば、もし先妻が亡くなった場合、そのとき子供が未成年であれば、引き取る可能性が生じるでしょう。

あるいは、まだまだ先のことですが、彼が亡くなった場合は、どんな遺言状を彼が遺してくれたとしても、彼の実子である先妻との子供たちにも遺産相続の権利はあります。彼の遺産があなただけのものになることはありません。

もしも彼と結婚するのなら、離婚理由のように、探ってもわからない・どうしようもないことでクヨクヨ悩む必要はありません。しかし、これから起こり得るさまざまな状況に対しては、きちんと想定したうえで、覚悟しておくべきです。
 

アドバイス3:借金を返し終えてから結婚するのもアリ

借金の問題については、彼が借金を返済し終えてから結婚するという道も考えてみては。

200万円は大金ですが、返そうと思えば返せない額ではないでしょう。えむさんが彼といて、すごく幸せな気分になるなら、彼が頑張って返済してから結婚すればいいと思います。

返し終えてしまえば、ご両親に報告する必要もありませんし、負い目に感じる必要もありません。

ちなみにもし、私の受講生に似たような相談をされた場合、先妻との子供がいることはまったく問題にはしません。借金については、事情次第。彼本人がギャンブル好きなどで借金をしているのであれば、結婚は止めるでしょう。
 

アドバイス4:何よりも大切なのは、自分の本心

えむさんは、ご両親の反対が、かなり心に引っかかってらっしゃるのかもしれませんね。どうせ結婚するのなら、やはりご両親に祝福されたいですものね。

親には「授かり婚」で強引に認めさせるのも、1つの方法ではあります。おすすめするわけではありませんが、頭の片隅に置いておいてください。

いろいろな事情をふまえて、それでも結婚するかどうか、最後は自分が決めるしかありません。将来起こるであろうすべての事態への覚悟を決めた上で、自分の本音にしっかり耳を傾けて、決断なさってくださいね。

 ■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.「もっといい人がいるかも」と思い、彼氏との結婚に踏み切れません
Q.毒親育ちなので、幸せな家庭を築ける気がしません
Q.不倫中、今のままで幸せと思えるときと、思えないときがあります

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。