お悩み:常に割り勘の彼。まったく格好をつけようとしないことにモヤモヤします

お悩み:常に割り勘の彼。まったく格好をつけようとしないことにモヤモヤします

お悩み:常に割り勘の彼。まったく格好をつけようとしないことにモヤモヤします

オトナ女子の婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「恋愛偏差値30からの恋愛相談室」
今回のお悩みは「いつでも割り勘の彼。ちっとも格好をつけようとしないのはなぜですか?」というものです。

■さくらもちさん(25歳、看護師)のお悩み
6歳年上の方とお付き合いしています。出会ったときから、デートの食事費用も宿泊費用もすべて折半なことが気になっています。

たいてい彼が先に支払ってしまうので、私がきりのいい金額を現金で返していますが、ここは持つよと言われたことはありません。

折半であること自体に、特に不満はありません。ですが、男性は本気で好きな相手にはおごると聞きますし、私も過去によくおごられてきました。それに私は社会人1年目ですが、彼は社会人8年目で、そこそこ貯金もあると思います。

彼のように、ちっとも格好つけようとしない男性の心理を教えてもらいたいです。
 

今回のコンサル担当:大道枝里(パートナーエージェント所属)

今回のコンサル担当:大道枝里(パートナーエージェント所属)

今回のコンサル担当:大道枝里(パートナーエージェント所属)

今回の回答は、大道枝里さん(パートナーエージェント所属)が担当します。

累計120組以上の成婚を導くPA公式アンバサダー
東京都品川区


多数の成婚実績を持つ、パートナーエージェントの元コンシェルジュ。自身の離婚経験や子育て経験も踏まえたアドバイスが好評。現在は公式アンバサダーとして、各種メディア等で婚活の意義やテクニックを発信している。
 
■パートナーエージェントとは
成婚率No.1の結婚相談所。1人ひとりの個性や人生設計に沿って婚活をサポート。業界初の「婚活PDCA」システムや、企業の枠を超えた会員相互紹介プラットホーム「C-ship」など、革新的なサービスを推進。

>>詳しいプロフィール・連絡先はこちら
 

結婚に必要な「カッコイイ男の定義」を明確に!

年上の方とお付き合いすると、リードしてほしいと女性のほとんどは考えるはず。

しかし男性の中には、奢ることがかっこつけすぎているようで嫌だなと考える人もいます。女性の中にも、対等な関係でいたいからこそ、ある程度支払いを希望している人もいるものです。

とはいえ、彼がどのような価値観を持っているかが見えないと、モヤモヤしてしまいますよね。

そもそもカッコイイ男性の定義は、どんな人でしょうか。デート代をある程度出してくれる男性なのか、自分が落ち込んでいるときに話を聞いてくれる男性なのか。今回はテーマがお金でしたが、他にも結婚相手だからこそ、知っておきたいことがあると思います。
 

お金の価値観はまず自分から開示してみましょう!

貯金をどのくらい貯めているの?とは、なかなか聞けないですよね。でも結婚をする前に知りたいもの。

落とし穴となってしまうのは、貯金があるから安心というわけではないことです。それよりも、金銭感覚で合うかどうかを判断した方が、結婚生活を継続していくうえでも、問題が起きにくいかと思います。

デートの最中に、「金銭感覚」をテーマに、話し合うとき、まず自分から先に価値観を話すことがポイント! 相手に対して聞くのは、その後です。

「一緒に住むならスーパーが近いところがいいな」「私の友人が、結婚する相手とお財布をどうするかって悩んでいるらしいんだけど、●●くん、どう思う?」など、彼の価値観を聞けるような会話を投げかけてみましょう。

未来の結婚ならば、生活していくには必ず確認したいところなので、聞かれても嫌な気持ちにはならないはずですし、あなたの本気度も伝わるかもしれないです。

支払ってくれる男性は確かにリードできそうに見えますが、本当に大切なところは、「なぜ折半をしているのか」の理由や考え方になるので、日々の会話のやり取りから彼の価値観を見つけ出すことで、この先のことがより見えてくるかと思います。
 

リードできる男性は、結婚生活もリードしてくれるとは限らない!

デートでスムーズに支払ってくれる男性は、確かにリードできると感じるし、女性としては嬉しいですよね。

ただリードしてくれる人が、結婚生活もリードしてくれるとは限らないのです。デートでは空気を読んでくれたとしても、結婚がいざスタートしたら、自分のこだわりも強く、リードというより女性側が合わせていくことに変わることもよく聞く話です。

自分が相手との将来を、どんな男性でいてほしいのかをよりイメージしておくことが大切かもしれません。

ご馳走してほしいとストレートに伝えるのは難しいけれど、「お互いの価値観を知る会話」であれば気軽に話を振れるのではないでしょうか。

話の流れで、相手に頼りたいところ、相手に自分がしてあげられることも、見えてくるとより良い関係を築くことができます。

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください!(相談は現時点では無料です)

■回答者の別記事が読みたい!
■回答者のプロフィール・連絡先が知りたい!
こちらをご覧ください!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。