【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は島田佳奈さん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、島田佳奈さんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、島田佳奈さんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「島田佳奈さん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■島田佳奈さんプロフィール
 
今回の回答者:島田佳奈さん

今回の回答者:島田佳奈さん

「本能のままに恋愛を楽しもう」がポリシー!奔放な恋愛経験を元に語る“女豹”ライター

モデル・OL・キャバ嬢・バイヤー・広告代理店・SE等多彩な経歴ののち、作家に転身。『人のオトコを奪る方法』『アラフォー独女の生きる道』他著作多数。奔放な恋愛経験と独自の恋愛観が好評。

All Aboutガイドページ
twitter:@shimadakana
 

お悩み:彼氏ができたものの、こっそり婚活を続けてしまっています

お悩み:彼氏ができたものの、こっそり婚活を続けてしまっています

お悩み:彼氏ができたものの、こっそり婚活を続けてしまっています

■ASHさん(30歳・ディレクター)のお悩み
真剣に婚活中の30歳です。30代前半のうちに結婚、出産したいと思っています。

本格的に婚活を初めて半年経った今、彼氏ができました。でも婚活はやめておらず、合コンをしたり、マッチングアプリを続けたりしています。

もちろん、彼氏のことは好きです。でも、交際5カ月目にして、イマイチな部分が既にいくつか見えてきており(年収が低い、短気、お姑さんが怖いなど)、彼に絞るのはリスクが大きいと感じてしまいます。とはいえ、洋服やインテリアのセンスがとてもよく、おしゃれなところはすごく好みです。

とても自己中なことをしている自覚はあるものの、30代前半のうちに結婚、出産という目標のことを考えると、時間を無駄にはできません。

彼とは別れるべきか、もう少し見極め期間を設けるべきか。効率的な婚活について、アドバイスいただけると幸いです。
 

アドバイス1:婚活は「二股」「キープ」をしないと始まらない

アドバイス1:婚活は「二股」「キープ」をしないと始まらない

アドバイス1:婚活は「二股」「キープ」をしないと始まらない

はっきり言います。婚活は、二股やキープをしなければ始まりません!

比べる対象がいるからこそ、誰がベストかわかるのです。婚活とは、そういうもの。短時間に並列でいろんな人と会って、比較することがむしろ大切なのです。

婚活をしている中で今の彼氏ができたのなら、彼もASHさんが婚活中であったことは知っているはず。であれば、堂々と婚活を続ければいいのではないでしょうか。

そもそも今の彼氏は「年収低い、短気、お姑さんが怖い」とのことですが、ASHさんが薄々感じている通り、結婚するのはちょっと不安な相手ですよね。まだ30歳ですし、今の彼にイマイチな部分を感じるなら妥協する必要はないと思いますよ。
 

アドバイス2:夫にふさわしいのは「ジャージ姿でも素敵!」な相手

ASHさんは、彼が「おしゃれなところ」がお好きだそうですが、つまり外見の優先順位が高い方なのでしょうか。

ただ、結婚後のことを本気で考えたら、年収が低いのに服やインテリアにお金をかけている彼は心配ですよね。ASHさんは「婚活」をなさっていると言いつつ、結婚できるほど大人になれていない気がします。

結婚において「顔の造り」を優先順位の上位に挙げるなら、まだわかります。「顔のいい遺伝子がほしい(顔のいい子供が生みたい)」という考えなら、たしかにそこはよく見極める必要があるでしょう。

「顔の造り」と「おしゃれさ」は、どちらも外見に関することではありますが、違いは「変えられるかどうか」です。

服装については、たとえ今は好みではないとしても、結婚したら服を買ってあげれば解決すること。それなのにセンスがいいかどうかを気にしているということは、まだ結婚に夢を見ているのではないでしょうか。

結婚は「生活」です。外でデートする時間より、家で寛ぐ時間を過ごすのが日常です。「ジャージを着ていても、かっこいい!」と思える相手が、一番旦那さんに向いていると思いますよ。
 

アドバイス3:彼への愛が本物かどうか、見極め期間を設けるのもアリ

付き合って5カ月なのに、イマイチな点が多数ある彼。別れるべきか、見極めるべきか、悩むところでしょう。

堂々と並行して婚活ができるなら、見極め期間を設けてはいかがでしょう。比較対象として、1人別の相手をおいてもいいと思います。

しかし今の彼氏に対して婚活するのが申し訳ないと感じるなら、きっぱりと「別れ」をおすすめします。結婚したいと思えない相手と付き合い続けることが婚活のネックになるなら、離れたほうがお互いのためです。

今の彼よりも素敵な人が現れたら、新しい人に乗り換えればOK。逆に彼よりも条件がいい新しい男性があらわれたのに、「やっぱり彼氏が好き!」となるなら、今の彼への愛が本物だということがわかります。

「条件」ではなく「愛」で今の彼を選んでいるのだと思えたら、スッキリした気持ちで「婚活終了」できますよ。

ちなみに並行して付き合うコツは、「付き合ってください」と言われそうになったら、のらりくらりとかわすこと(笑)。

結婚は、一度に1人としかできないもの。関係が深くなるときに「この人ともう一歩進んでも平気かな?」と、不安になるようなら保留にするなど、慎重に判断していきましょう。

ASHさんが最高のパートナーだと思える相手と結婚できるよう、応援しています。

■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.喧嘩になると、黙るか逃げる彼。話し合いがしたいです
Q.「もっといい人がいるかも」と思い、彼氏との結婚に踏み切れません
Q.婚活で出会う男性の欠点にばかり目がいってしまいます

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。