【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

 「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

 「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
今回の回答者:藤本シゲユキさん

今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理” をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:彼氏に「まだ結婚は無理」と言われました。でも結婚・出産はしたいです

お悩み:彼氏に「まだ結婚は無理」と言われました。でも結婚・出産はしたいです

お悩み:彼氏に「まだ結婚は無理」と言われました。でも結婚・出産はしたいです

■まりさん(35歳・研究職)のお悩み
付き合って約1年になる、3歳上の彼氏とのことでご相談です。
 
出会いのきっかけは、友人の紹介です。会った初日にすごい勢いで口説かれました。私もいい年齢なので、付き合うなら結婚を考えられる人でないと嫌ですと伝えたところ、「結婚願望はないが、まりさんとなら考えてみたい」という反応だったため、ひとまずお付き合いすることになりました。
 
そこから1年が経過。彼の仕事が忙しいため、遠出デートはできていませんが、仕事終わりにごはんを食べに行ったり、土日に家で一緒にゆっくりしたりと、少しずつ時間を積み重ねてきました。そしてだんだんと、私の中で彼が大事な人になっていきました。
 
私はできれば子供がほしいので、そろそろかなと将来の話をしてみました。すると「君のことは大事に思っているが、今は仕事のことで精一杯。子供なんて、とても持てる状況ではない。いつになったら落ち着くのかも、わからない。
 
別れたいわけでないけれど、君が子供を持つ前提の結婚がしたいなら、今すぐにはこたえられない。いつまでも待てないなら、他の人のところに行ってもいいよ。自分はきっと、君と別れたら誰とも結婚しないと思う」と言われてしまいました。
 
遠回しに別れたいと言っているのかなと思いましたが、その後のデートの頻度が落ちることもなく、彼の態度も特に変わりません。
 
私は彼が好きで、彼と一生ずっと一緒にいたいので、結婚したいです。でも子供もすぐには諦められません。一方で、確実に迫ってくる出産へのタイムリミット。いろいろな思いが頭に渦巻いて、前に進むことができません。私はどうしたらいいのでしょう。彼との未来か、子供か、どちらかを諦めるしか道はないのでしょうか。
 

アドバイス1:「未来のことは予測不可能」、これが大前提 

アドバイス1:「未来のことは予測不可能」、これが大前提 

アドバイス1:「未来のことは予測不可能」、これが大前提 

わかっておられるとは思いますが、最終的にはまりさんが自分で決めなければなりません。
 
残念ながら、未来の分岐点は無数に存在するので、どの道を選択したら正解かは、そのときになってみないとわからないんですよね。すべての未来が見通せる、預言者でもない限り。
 

アドバイス2:彼と一緒にいることを選ぶのは「投資」と同じ

ただ、ひどく厳しい現実ですが、彼と一緒にいることを選んだ場合、まりさんの未来を彼に託すことになってしまいます。これはある意味、「投資」と同じです。
 
どういうことか、詳しくご説明させていただきますね。
 
投資とは、言うまでもなく、利益を得るために事業や会社などに資金を出すことです。投資で得た利益だけで生活をしている人がいますが、この人たちがどれだけ目利きの優れた投資家であったとしても、100%成功する事業や会社に投資できているかというと、そういうわけではありません。なぜなら、利益が出るかどうかは、あくまでも事業や会社を運営している人次第で変わるからです。
 
また、勘違いしている人が多いので、もう1つ厳しい現実をお伝えすることになりますが、相手の「思い方」は、こちらではコントロール不能ということです。
 
どれだけこちらが「結婚したいと思ってほしい」と願ったところで、それは相手の思い方で決まるんですよね。だからこそ、何をしたら相手は結婚したいと思えて、何をしなかったら結婚できないという正解がないのです。
 
たとえば、お酒に飲まれて泥酔している男性がいるとします。ここで、「大丈夫?お水持ってきたから飲んでね」という感じで、甲斐甲斐しく介抱してくれる女性に魅力を感じる男性もいれば、「はあ?弱すぎない?はい氷結。これ飲んどきゃ治るよ」というような、破天荒タイプの女性に魅力を感じる男性もいます。
 
なので、恋愛指南書やコラムに書いてあるような、「男が結婚したいと思える女性」といったテンプレをクリアしていたからといって、それだけでは結婚の決め手にはならないんですよね。
 
つまり、結婚したいのに結婚できるかわからない相手と一緒にいることを選択するのは、「相手次第という要素が強い」「こちらでコントロールできない」という点で、まさしく投資と同じなのです。
 
さらに厳しいようですが、彼の場合は、「子供なんて、とても持てる状況ではない。いつになったら落ち着くのかも、わからない」という台詞を残しているわけですから、彼と一緒にいることを選択して結婚できるかどうかは、かなり博打要素が強いといえるでしょう。
 

アドバイス3:「投資」で成功しやすいのは余裕がある人

先ほどの投資の例でたとえると、投資は余剰金で資産運用する人が成功しやすいです。なぜなら、気持ちに余裕があるので、冷静に見極めることもできますし、損はしたくないけれど、「だめだったらだめでそのとき」という覚悟も決まっているからです。
 
逆に、生活費を切り崩したり、借金をしたりしてまで投資をする人は、失敗しやすいですよね。「失敗したら後がない」という必死感や焦りがあるので、気持ちに余裕もないし、心のどこかで「投資して成功したら人生が変わるかもしれない」という人任せの甘えがあるからです。
 
同じ「結婚できるかどうかわからない男性のそばにいることを選んだ女性」だったとしても、前者のタイプか、後者のタイプかで、成功率は変わってきます。
 
前者の場合は、「自分らしく生きていて、自分1人でも人生を謳歌できている人」が該当します。こういった女性は、「結婚できなくてもそのときはそのときだし、自分で選んでいるから悔いはない」という前提があるんですね。
 
後者の場合は「満たされない自分の穴埋めを、結婚や恋愛で埋めようとする女性」が該当します。なんの覚悟もできていないので、「結婚できなかったらどうしよう」という不安を常に感じていることが多いです。
 

 アドバイス4:「最悪のケース」への対処法まで考えてから、覚悟を決めること 

以上の理由から、彼の側にいることを選択されるのであれば、「結婚できないし、子供も産めない」という「最悪のケース」は想定しておかないといけません。
 
何事においてもそうなんですが、最悪のケースを想定して、そうなったときにどう対処するかまで考えていない人は、起こってほしくない出来事に対し、「そうなったら嫌だ」と不安に苛まれているだけで、なんの覚悟も決まっていないんですよね。
 
起こってもないことに対して、ただただ不安に苛まれ続けるのは時間の無駄でしかありません。しかし、最悪のケースを想定して、そうなったときの対処法まで考えている人は、腹もくくりやすくなり、地に足をついた考えもできるようになります。
 
僕自身も常々そうしていることですが、たとえ大きな仕事をいただいても、具体的に確定して動き出すまでは、「まだ本決まりになったわけじゃないし、ポシャるかもしれない」と考えていますし、「ポシャったときどうするか」まで想定してるんです。そうすると、ぬか喜びも不安に苛まれることもないですし、いい意味で人と状況に期待しなくもなりますね。
 
その前提で、まりさんが自分で未来を切り開ける方法があるのだとしたら、たとえば選択肢の1つとして、彼の子供を産んで、1人で育てていくという道があります。この場合、結婚はできないかもしれませんが、大好きな男性の子供を産むことになるので願望の1つは叶えることができます。
 
僕は突拍子もないことを言っているのではなく、またそれを推奨している訳ではありませんが、実際に、結婚できるかどうかわからない大好きな男性の子供を産んで、1人で育てている女性の例を何人も知っているから、選択肢の1つとしてお伝えしているだけです。
 
正攻法で、相手の男性と話し合って出産した女性もいれば、ズルいのを承知の上で、危険日を狙って行為におよび、子供を授かった女性も存在します。どちらが正解か不正解かはありませんが、彼女たちは「私1人で絶対に育てる」と覚悟しているので、相手の男性に頼る気は最初からないんですよね。
 
もちろん、子供を1人で育てあげることの大変さは言うまでもないですが、1つの選択肢として、頭の片隅に入れていただければ幸いです。

■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.喧嘩になると、黙るか逃げる彼。話し合いがしたいです
Q.「荷物、持ってもらおうと思ってる?」彼の冷たい一言に動揺しています
Q.結婚直前に振られました。男性のマリッジブルー対処法を教えてください

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。