【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
今回の回答者:藤本シゲユキさん

今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理” をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:同僚に片思い中です。仕事上関わりがない場合、どう近づけばいいですか?

お悩み:同僚に片思い中です。仕事上関わりがない場合、どう近づけばいいですか?

お悩み:同僚に片思い中です。仕事上関わりがない場合、どう近づけばいいですか?

■hnさん(29歳・一般事務)のお悩み
半年前に入社してきた同僚男性がすごくタイプで、好きになりました。仕事では関わりがないため、社内のサークル活動で知り合いになり、顔は覚えてもらったところです。
 
彼は口数も少なく、話し方も落ち着いていて、内向的な雰囲気です。ただ、私に対しては最初からタメ口だったり(彼の年齢はわかりませんが、私と近いと思います)、自由参加のサークルに積極的に参加していたりと、社交的な一面もあります。
 
初めは話しかけにくい雰囲気だったのですが、サークル活動を通じて、以前よりは気軽に話せるようになってきました。ただ、サークル活動は月に1回なので、なかなかゆっくり話すチャンスがありません。かといって、まだサークル後にごはんに誘えるような雰囲気でもありません。
 
職場も同じですし、焦って自爆したくないので、時間はかかってもいいとは思うものの、このような状況が3~4カ月続いています。いい打開策はないか、アドバイスいただけると幸いです。
 

アドバイス1:今のままだと何も変わらず時間が過ぎるだけ

アドバイス1:今のままだと何も変わらず時間が過ぎるだけ

アドバイス1:今のままだと何も変わらず時間が過ぎるだけ

お見受けするに、今の状態のまま少しずつ進めていっても、半年どころか1年はゆうに過ぎてしまうかもしれませんね。
 
彼の性格的に、最初から自分を全開に出せる人ではないようですし、慣れてくるにつれ自分を出してくるタイプの人ではないでしょうか。
 
だとすると、彼のほうからhnさんに対して働きかけてくる可能性は低いということになります。恋愛に限らず何事においてもそうですが、受け身でいればいた分だけ、チャンスを棒にふると思ってください。
 
それに、世の中の絶対的法則ともいえる、「同じことを繰り返して違う結果になることはない」というものがあるので、その法則に従って考えると、そろそろ思い切った行動に出ることが必要になるのではないでしょうか。
 
同じことを繰り返してうまくいかないのは、「方法を変えなさい」というサインであり、同じ轍を踏んでたまにうまくいくことがあるのは、一発逆転につながる大チャンスではなくて、「たまたま起こったラッキー」でしかないんですよね。
 

アドバイス2:職場恋愛は高リスク。最悪のパターンを想定し、覚悟すべき

なので、彼との関係を進展させるには、一歩踏み込んだアプローチが必要になるのですが、ここで問題になる点が「同じ職場である」という事実です。
 
最初に厳しい現実をお伝えさせていただきますと、「振ったほうは気まずい思いをし、振られたほうは地獄の苦しみを味わう」のが、多くの社内恋愛の末路としてあります。
 
これもまた何事においてもそうですが、むやみやたらに後先考えずに動けばいいというわけではなくて、「起こりうる最悪のパターン」は常に想定しておかないといけないんですよ。
 
その最悪のパターンを想定しつつ、万が一悪い結果になっても、その現実を受け止められるという覚悟や、責任を取れる度量があるなら、やりたいことに向けて行動するというわけです。
 
もちろん、最悪のパターンばかりを想定してしまうと、逆に動けなくなってしまいます。とはいえ、後先考えずに行動してしまった人の多くが、想定していなかった最悪のパターンのどれかに遭遇し、現実を受け止められず都合のいい答え探しをしたり、責任を取らずに逃げたりしています。
 

アドバイス3:接点が少ない異性へのアプローチは、基本は直球勝負しかない

アドバイス3:接点が少ない異性へのアプローチは、基本は直球勝負しかない

アドバイス3:接点が少ない異性へのアプローチは、基本は直球勝負しかない

脅かすようなことばかりお伝えしましたが、まずは「できるだけ受けるダメージが少なくてすむアプローチ方法」をお伝えさせていただきますね。
 
ただ、前提として理解していただきたいのは、なかなか距離を縮めにくい異性にアプローチする場合、基本は直球勝負しかないということです。
 
たとえば、かかりつけ医の先生に恋をした場合などがそれに該当します。この場合、どうやってアプローチするかというと、連絡先を書いた紙をこっそり渡したり、個人的に食事に誘ったりするしか最終的に方法がないので、相手から誘ってくれない限り、まどろっこしいことをしていてはなにも始まらないんですね。
 
hnさんの場合は、彼がタメ口で話してくるという距離感であり、共通の知人がサークル内にいるということなので、それを踏まえたうえでお話しさせていただきます。
 

アドバイス4:「ご飯に誘えない」というルールはない。まず誘ってみる

アプローチ方法は2つあります。1つめは、サークルが終わったあと、「たまにはみんなでご飯行きましょうよ」と誘ってみること。
 
ご飯に誘える雰囲気ではないということですが、それはhnさんがそう思い込んでいるだけではないでしょうか。
 
たとえその場にいる人の多くが、「みんなとご飯行きたいけど誘えないな」と思っているのだとしても、「サークル後のご飯は禁止」というルールがないのであれば、勝手にそういう空気ができあがってしまっているだけなんですよね。なので、誰かがこの空気をぶち壊す必要があります。
 
誘いに対して、もし彼がしぶった場合は、「ちょっとだけでも行きましょうよ」という感じで食い下がってみてください。
 
好きな相手だと、日常的に当たり前にやっていることができなくなる女性が多いのですが、こういう食い下がりは、恋愛の場面以外でごく普通にあることです。飲み会などでよくある、「明日早いからもう帰るわ」「えー!なんで帰んの!?」みたいなやり取りがいい例ですね。
 

アドバイス5:信頼できる味方を見つけて協力してもらう

2つめの方法は、信用できる人に事情を話して間に入ってもらうこと。つまり、味方を1人つけて協力してもらうということです。注意点としては、当たり前ではありますが、口が固い人を選ぶことですね。
 
その人に対して、「実は○○さんのことが気になっているんだけど、お願い!協力して!誰にも言ったことがなかったんだけど、あなたなら信用できると思って」というように頼んでみてはいかがでしょうか。
 
「誰にも言ったことがない」という言葉をあえて使うのは、頼む人に対して、「自分は信用されている」という安心感を与えるためでもありますが、「誰にも言ったことがないのに、もし広まったらあんたのせいだからな」という抑止効果も見越してのことです。
 
この場合も、協力者に1つめの方法を手伝ってもらうよう、頼んでみるといいですね。そうやって、サークル以外の場所に誘うことができたら、彼の隣席をゲットし、「実はずっとお話してみたいなと思ってたんですよ!」と言ってみる。
 
「なんで?」って聞かれたら、「だって、不思議な感じがするんですよ。謎に包まれてるっていうか。だからどんな人なんだろうって知りたくて」という感じで返してみるといいでしょう。
 
モテる女性は気になる男性相手にこのような感じでグイグイ踏み込んでいきます。僕個人の見解としては、接点があるようでない人にアプローチするとき、ここまでしないと進展しないと思っています。
 
「交際前の気になる男性に好きバレしてはいけない」なんていう、アホみたいな情報がありますが、モテる女性は例外なく、「あれ?この子俺のこと好きなのかな?」と思わせるのが、超絶的にうまいです。
 
別に「あなたのことが好き・愛してる」と言うわけではないので、人としての好意や興味を持っているという前提でコミュニケーションをとってみましょう。ご健闘をお祈りしております。
 
■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.大人の恋愛に「付き合おう」という告白は必要ですか?
Q.職場で独身は私だけ。みじめで苦しいです
Q.「男性は結局追いかけたい生き物」という説がありますが、本当ですか?

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。