日本経済の今後を考えると老後が不安です

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、2歳の息子を持つ32歳の会社員男性。これからの日本経済のことを考えると心配でつみたてNISAを始めたところとのこと。教育費や老後資金をどうすればいいのかファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください(相談は無料です)

★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★
 
日本経済を考えると不安が募る

日本経済を考えると不安が募る



 
■相談者
ヒカリのパパさん(仮名)
男性/会社員/32歳
関東/持ち家(1戸建て)
 
■家族構成
妻(31歳/会社員)、 子ども(1歳)
 
■相談内容(原文まま)  
現在、もうすぐ2歳の子どもがおりますが、もう一人授かればと考えています。しかし今後、かかるであろう教育費や日本経済のことを考えると、お金の面で不安があるのも事実です。そこで自分なりに考え、直近でつみたてNISAによる投資信託を始めました。他にも計画的に教育費や老後資金などを用意する手立てがあれば、ご教授いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。繰り上げ返済を優先するべきなのか?とも悩んでいます。
 
■家計収支データ
相談者「ヒカリのパパ」さんの家計収支データ

相談者「ヒカリのパパ」さんの家計収支データ



 
※毎月以外の支出
・車の重量税や車検代、車の保険、固定資産税、火災保険など

■家計収支データ補足
(1)住宅ローンについて
・ローン開始/2017年
・借入金額/2150万円(うちボーナス返済分300万円)
・借入年数/35年
・金利/フラット35S 当初5年間0.82% 残存期間1.12%
・返済方法/元金返済方式
・月々7万円の中に修繕積立費用を込み
・ボーナス月の7月と12月は+6万円
・固定資産税額(年間) 15万円
 
(2)車両費 2万円について
・2万円の内訳ガゾリン代やオイル代
・車の重量税や車検代/乗用車と軽自動車で年換算15万円前後
・夫は去年・妻は一昨年に一括購入の為、車のローンは無し
 
(3)保険料について
・夫/収入保障保険(死亡保障・団信の代わり/月々10万円)=65歳払込/保険料2200円
・夫/収入保障保険(死亡保障・子どもの学費/月々10万円)=55歳払込/保険料1400円
・夫/終身保険(外貨建て積み立て及び死亡保障/400万円程度)
リスクは承知で子どもの学資保険代わりになればと10年払込/保険料児童手当同等1.5万円程度
・夫/がん保険・6大疾病もカバー(50万円×無制限)=終身払い/保険料1800円
・夫/医療保険(県民共済)=保険料2000円
・妻/医療保険(新型県民共済)=保険料2500円 

(4)趣味娯楽費について
子の為の玩具購入費や外でのアクティビティの料金。最近は体もよく動かせるようになり、公園で遊べるようになり、月々3万円程度で収まっている。
 
(5)教育費について
教育費3万円は保育所の料金。もし、子どもが2人になった場合、妻は2人とも大学進学をさせたいとのことなので、本人達が望むなら出来れば叶えてあげたいです。ただし中学高校もですが私立への進学は考えていない。
 
(6)児童手当の使いみちについて
終身保険料1万5000円の支払い
 
(7)ボーナスの主な使い道
改めて考えますと、家のボーナス払いとは別に、月々払い以外の車や家の税金・保険料に充当している形になるかと思います。そこから残ったものを貯蓄にまわす形になります。
 
(8)勤務先について
<夫>
・およそ昇給は5000円~1万円程度。
・中小企業なので退職金は期待できない(300~500万円程度) 。
・現状で65歳までの再雇用。その後はシルバー扱いで70歳以上も勤務している。
 
<妻>
・二人目を授かった場合は今の様な正社員としての勤務は難しくなるかも。本人は変わらず働くとは言っていますが現実は難しいかもしれないとのこと。
・時短勤務の場合は扶養に入って貰う形で月収10万円程度。
 
(9)つみたてNISAの投資スタンスについて 
全世界株式のインデックスファンドに年間非課税枠40万円を積み立てていく予定。イデコにも現在、加入申し込みをしたので審査待ちです。月々掛金1万円から始めようと思っている。
 
■ファイナンシャル・プランナー深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 順序が逆!iDeCoよりも教育費づくりが先です
アドバイス2 子どもが2人になっても妻は正社員をやめないで!
アドバイス3 日本経済よりもまず自身の家計を心配して
 

アドバイス1 順序が逆!iDeCoよりも教育費づくりが先です

ヒカリのパパさんの場合、老後資金よりも先に考えなければならないことがありますよね。子どもの教育費や住宅ローンの返済です。そもそも考える順番が違っていますよ。今はまだiDeCoをはじめる時期ではありません。これから子どもをあと一人欲しいと思っているなら、自分たちの老後より子どもの教育費づくりなど近い将来に到来するライフイベントの準備を優先させるべきなのです。

子ども2人を公立文系に進学させるとして、教育費は合計1300万円ぐらい必要です。
現在のご家庭の貯蓄状況は、月々の貯金が6万円+つみたてNISA3万3000円で合計9万3000円を毎月積み立てているとのこと。ただ、収入と支出の差額は11万5000円あるので、2万2000円はどこかに消えてしまっているようですね。この使途不明金の行方を探してみてください。このお金も貯金に回せるはずです。毎月の貯蓄額は11万5000円で年間138万円になります。

ボーナスは現在手取りで90万円あるとのことですが、ここからは車関連費、保険、固定資産税などを出しているので、計算するとこれらの支出合計が58万円になります。それに住宅ローンのボーナス払い分が年12万円あるので、これを足すと70万円。ボーナスをすべてこれらの支出に使ってしまっている計算です。

できればボーナスから10万円ちょっとは貯蓄に回して、年150万円の貯金をしたいところです。今の状況ならなんとか可能だと思いますので頑張ってください。それを28年間積み上げれば、4200万円の貯蓄ができます。今現在500万円のお金があるので、それを足せば、60歳までに4700万円貯めることができます。

そうすると子ども2人の教育費を出しても3400万円残るのでひとまず安心です。
 

アドバイス2 子ども2人になっても妻は正社員をやめないで!

ただしこれは、奥さんが今のまま正社員として働き続けた場合の試算です。子どもが2人になったら奥さんがフルで働くのは難しいとおっしゃっていますが、仕事を辞めてしまったり、扶養の範囲で働くことになると、かなり厳しい家計状況になってしまいます。現状でさえもボーナスからの貯蓄があまりできない状況なのに、奥さんのボーナスがなくなってしまったらボーナスからの貯蓄はゼロになってしまいます。さらに月々の積み立ても3万円ぐらいに減ってしまう可能性が高そうです。それでは教育費の準備もままならなくなります。そうならないために子どもが2人になった後も奥さんは正社員のまま頑張ってください。

正社員のまま働けば育休などで一時的に収入が減ったとしても、最終的に3000万円ぐらいは貯められると思います。車を2台保有していますが、今後車の買い替えでトータル600-700万円ぐらいかかり、またプラスアルファの支出があったとしても2000万円は残ると思われるので、妻が正社員で働き続けていれば何とか大丈夫でしょう。住宅ローンは65歳に完済予定なので、それほど心配はいらないですが、妻の収入がなければこれもやはり厳しいですよ。
 

アドバイス3 日本経済よりもまず自身の家計を心配して

将来を不安視して老後の心配をすることも必要ですが、まずは優先順位の高いものから先に考えないとだめです。順番を間違わないようにしましょう。

したがって老後資金準備のためのiDeCoは今すぐやる必要はありません。始めるとしても2人目の子どもが生まれてある程度の年齢になった頃、ヒカリのパパさんが40歳ぐらいになってからでも遅くはないはずです。日本経済を心配する前にご自身の家計を心配することが優先です。
 

相談者「ヒカリのパパ」さんから寄せられた感想

今回、深野さんにアドバイスを頂けたらと思い応募してみました。そして、実際にアドバイスを頂けて感謝しております。自分自身、漠然と将来に不安を抱いてしまい、20年・30年後のことばかりを考えて行動してしまっていましたが、先ずは確実に掛かる教育費やローン返済に目を向けなくてはいけないのだと改めて感じました。また、恥ずかしながら妻の収入にもかなり頼ってしまっている部分も多いことがわかりました。これからは自分自身の収入アップも目指し日々頑張って行きたいと思います。


教えてくれたのは……
深野 康彦さん
  
 

 


マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)、『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など

取材・文/堀内玲子


【関連記事をチェック】
39歳貯金100万円。来年に第三子を希望、資金的に大丈夫でしょうか?
夫は50歳、貯金900万。第3子希望は無謀ですか?
33歳貯金800万。不妊治療費がかさみ貯蓄が増えません
34歳主婦。夫が300万円の借金。一気に完済すべきか?
31歳貯金10万円。4000万円の住宅ローンが重い
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。