イメージ

ミニサイズで食べやすい、いなばのサバ缶


栄養価が高くダイエット効果もあるため、売り切れ続出のサバの水煮缶。でもちょっと青魚特有の臭みが苦手……という方も。実は私もそうでした。そんな人でも食べられる、サバの水煮缶「いなば ひと口さば水煮」を紹介します。
   
 

サバ缶ダイエットに挑戦……でも、実は苦手でした

ダイエット中にパーソナルトレーナーから、「高タンパクで低糖質な食材を積極的に摂ってくださいね! 例えば、サバやササミがおすすめです」とアドバイスされました。

「サバにはEPAやDHAが多く含まれていて健康によく、とくにEPAは、痩せホルモンを多く分泌し、食べ過ぎを防ぐ効果もある」とのこと。

サバ缶はブームになっているだけあって、ダイエット食としても優秀! 値段も安くて調理もいらず、手軽に取り入れやすい食材ですね。
イメージ

美容や健康にいいEPAやDHAが含まれており、栄養満点

 
でも、実は私、サバは食べないわけではないが得意でもない(!)のです。

もともと20代まで、サバの青魚特有の生臭さが苦手でまったく食べられませんでしたが、夫がサバ好きで、結婚後少しずつ美味しさに気付くことができました。それでも、生臭さを感じるとあまり食が進みません。

とはいえ、味噌煮やしょうゆ煮にすると糖質が高くなります。だったら、生臭さの少ない「サバの水煮缶」を見つけ出すのがベストかも!と、いうことで、いくつか試してみました。

結果、マルハニチロのサバの水煮缶は生臭さを感じずに食べられる、と思っていたのですが、最近のサバ缶ブームにより、売り切れの日が目立ってきました……。

そんな時、ふと隣の棚にある「いなば食品ひと口サバ水煮」が目に入りました。

 

味良し! サイズ良し! 値段良し! の小さなサバ缶を発見

イメージ

千切りの生姜がたっぷりで、サバ特有の脂は少なめ
 

「いなば食品」というと、タイカレーで良くお世話になっていたこともあり、値段もサイズもお手頃だったので初挑戦!

そうしたら、水煮なのですが、生姜がきいていておいしい! 生姜で生臭さがかなりカットされています。

また、特に気に入ったのが、サイズです。小ぶりのサバを使った一口サイズになっていて、サバ缶は通常190gが一般的ですが、115gと他のサバ缶の半分程度しか入っていません。そもそもサバがあまり得意でない私にとって、通常サイズのサバ缶を1回で食べきることは不可能でした。半分食べて、残りは次の日に食べるという感じです。

1回で食べきれないと不衛生だったり、臭いが気になったりして、結果的に食べきれず捨ててしまうことも。その点、「いなば食品ひと口サバ水煮」なら、食べ切りサイズで、安心です。

 

脂が少ないので、「洗いもの、良し!」

イメージ

表面の脂浮きも少ない


また、サバ缶を食べたあとの空き缶の汚れについても一言!

他のサバ缶には缶の内側にサバの脂がべっとりついています。脂ののったサバである証拠ですが、洗うのに手間取ります。特に青魚特有の臭いが苦手な私は空き缶を洗うのはどうも苦手でした。

「いなば食品ひと口サバ水煮」は心なしか食べた後の缶の汚れも少ないように思えます。小ぶりのサバを使っている分、脂の量が少ないのかもしれません。とっても洗いやすい点も私のお気に入りです。

あっさり味で量も少なめなので、本当のサバ好きにはもしかしたら物足りないのかもしれませんが、「本当はちょっぴりサバが苦手」な私にはぴったりでした。ぜひお試しあれ!
 

DATA
いなば食品 | いなば ひと口さば水煮

サイズ:7.5 x 7.5 x 4 cm
容量:115g
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。