仕事をセーブして老後を楽しむのは無謀でしょうか?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、老後のためにダブルワークで懸命に働いてきたという55歳の会社員女性。しかし、最近は貯めることにも疲れてきて、仕事をひとつに絞りたいと考えているとのこと。そのためには、どのくらい資金が必要なのか、ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください(相談は無料です)

★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★
 
ダブルワークで貯金を増やすことに疲れてきました

ダブルワークで貯金を増やすことに疲れてきました




■相談者
遊子さん(仮名)
女性/会社員/55歳
関西/賃貸住宅
 
■家族構成
大学生の息子2人
※子ども2人は一人暮らししており賃貸暮らし。バイト代とそれぞれの子ども用貯金から払っているため、家計費には計上していない
 
■相談内容
はじめまして。数年前に離婚して以来、懸命にダブルワークで働いてきました。このまま65歳までは働ける予定です。その後65歳から70歳までは、このうちのひとつに絞り、継続雇用していただけそうです。その場合、手取りで10万円程度働く予定です。年金は、70歳からの繰下げ受給と決めております。年金事務所で試算してもらうと、年額250万円、毎月20万円ほどになるとのことです(今年減収が予想されるため、若干減る可能性あり)。また、62歳からは、特別支給老齢厚生年金82万円が支給されます。今後、両親は現在介護施設に入っていますが、現金で2500万円ほど相続できると聞いています。現在は、年100万円ずつ貯蓄しておりますので、65歳までにプラス700万円ほどになるかと思います。お金の心配をせずに老後を過ごすには、どれくらい貯めておけばいいかわからずに、ひたすら貯め続けることに疲弊しています。少し疲れてしまったので、できれば当初の計画より早く、少なくともシングルワークにできないかと希望しています。元気なうちに、年に数カ月、海外を旅して、好きなアートをゆっくり楽しみたいのですが、無謀でしょうか。ただ、いずれはケアマンションに入居したいと思っておりますので、その入居資金を残しておかなくてはなりません。乱文ですみません。ご教示いただければ、幸いです。
 
■家計収支データ
相談者「遊子」さんの家計収支データ

相談者「遊子」さんの家計収支データ



 
■家計収支データ補足
(1)両親と相続について
入所施設は所有権のない高齢者ケアマンション。健康面は良好。年金は十分な額があり、施設経費(食費、諸費用)を支払っても、口座残高は少しずつ増えている状況。両親の口座は相談者が管理していて、現在4000万円ほど。別途、死亡保障1000万円の生命保険に加入し、将来の相続税の支払いはそこから捻出。妹と折半しても、1人2500万円程度は受け取れるとのこと。
 
(2)収入について
今年は減収となり、月額で手取り25万8000円程度になる見込み。
 
(3)加入保険の詳細
・本人/医療保険(終身保障終身払い、入院5000円)=毎月の保険料3740円
・本人/がん保険(終身保障終身払い、入院1万円、がん一時金150万円)=毎月の保険料3875円
・本人/がん保険(終身保障終身払い、入院5000円、がん一時金50万円)=毎月の保険料3750円
 
(4)ダブルワークについて
昼間の仕事は金融関係で週5日のフルタイム(7時間)。夜の仕事はコールセンターで19時~0時までを週3、4回。ただし、月数回は朝までの勤務あり。月平均230時間ほどで夏休み、年末年始の休みもほぼなし。65歳以降もコールセンターで働く予定。
 
(5)ケアマンションについて
相談者が入居を希望しているケアマンションは、所有権の発生しない「住居型有料老人ホーム」。入居費用2000~3000万円を想定。
 
(6)雑費の内訳
美容1万円、服飾1万円、交際費1万円、日用品5000円など
 
■FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 3年後でシングルワークでも資金的には問題ない
アドバイス2 施設入居後のランニングコストがポイント
アドバイス3 金融資産に対する投資の割合は徐々に減らしていく
 

アドバイス1 3年後でシングルワークでも資金的には問題ない

まずは想定として、下のお子さんが大学卒業となるまでの3年間は現状のまま働き、その後はシングルワークとなって70歳まで働く場合を試算してみましょう。
 
現在の貯蓄ペースは、毎月8万円ほど、年間100万円を設定されているとのことですから、3年間で300万円貯蓄を上積みできます。これで金融資産は4550万円(投資商品は評価額が変わらないとする)。ただし、そこから教育費として用意している400万円を差し引きますので、遊子さん58歳の時点で手持の金融資産は4150万円となります。
 
58歳以降はシングルワークとなり、収入は手取りで10万円。生活費が変わらなければ、毎月9万3000円の赤字です。62歳までの4年間で約450万円になりますが、これを貯蓄から捻出すると、残りは3700万円。

62歳から65歳までの3年間は特別支給の老齢厚生年金が支給されますので、こちらが年間82万円。したがって、この間の赤字は年間30万円。3年間でざっと100万円とすれば、65歳の時点で3600万円が手元に残ります。

65歳からの老齢厚生年金は70歳からの繰下げ受給と決めているとのことですから、この間は年間112万円の赤字、5年間で560万円となります。その他の支出も考慮して、ざっと600万円とすれば、70歳の時点での手持資金は3000万円ということになるわけです。
 
ただ、希望として「元気なうちに、年に数カ月、海外を旅して、好きなアートをゆっくり楽しみたいのです」とあります。58歳からの70歳までの12年間、その予算を仮に年間100万円とします。計1200万円。これを差し引いても70歳の時点でまだ1800万円ほど残ります。「無謀でしょうか」とありますが、決してはそんなことはありません。今までご苦労をされてきたのですから、これからは生活を楽しむ。それだけの資金は一般的に考えてあるといえるでしょう。
 

アドバイス2 施設入居後のランニングコストがポイント

もうひとつの希望として、ケアマンション(所有権の発生しない「住居型有料老人ホーム」)の入居があります。その時期は未定でしょうが、70歳で仕事も辞め、そのまま入居したと仮定します。入居費用は2000~3000万円を想定とのことですから、例えば2500万円とすると、親御さんから相続が予定されている2500万円をそのまま充てることができます。

問題は、施設のランニングコスト。毎月どのくらい発生するのか。理想は、施設で発生するコストも含めて、毎月の生活費が70歳から受給する年金額の範囲内で収まる範囲。受給額が20万円とのことですので、税、社会保険料を差し引いて17万円前後でしょうか。施設探しや入居準備はまだ先でしょうから、資金面ではそこをポイントにするといいでしょう。
 
もし施設入居後、生活費が年金でカバーできれば、70歳で手元に残る資金1800万円がほぼ予備費となるので、例えば月2~3万円、そこから捻出しても20年間で600万円、30年間で900万円ですから、資金的には安心です。
 

アドバイス3 金融資産に対する投資の割合は徐々に減らしていく

また、試算ではシングルワークを3年後としましたが、それを「今年から」とさらに前倒しするという選択肢もあります。それでも計算上は、70歳で1500万円が手元に残ります。今後は資金も大事ですが、もっと大事なのは心身の健康です。貯めることに疲れ果てたのであれば、すぐにでも休んでいいのでは。

資金的にも、施設入居後の生活費にもよって多少は変わりますが、元気であれば70歳以降も旅行やアート鑑賞など、好きなことを楽しめるだけの余裕はあると考えていいでしょう。
 
とはいえ、これら数字はあくまで試算した結果に過ぎません。このとおりとはならないケースも当然あり得ます。それでも、遊子さん自身、家計管理はしっかりしているので、状況を踏まえながら予算を組んで老後を楽しむことはできるはず。そうであれば、資金面で大きく困ることはないと考えます。
 
最後に投資について。分散投資やNISA活用など、いろいろ考えてされていると思います。ただ、資産の割合としては、今後の働き方や現在の年齢、それも含めたライフプランを考慮すると、投資商品がやや多い気がします。現在も投資額が増えているのであれば、そろそろペースダウンし、同時に利益が出ている商品は売却して、利益確定をしていく。とくにシングルワークとなってからは、現金の比率を増やしていくことを心掛けていく必要があるでしょう。
 

相談者「遊子」さんから寄せられた感想

この度は、家計相談にのっていただき、ありがとうございました。深野先生の回答の内容を何度も何度も読み返しました。将来、子どもに迷惑や心配をかけず、国のお世話にもならず、老後を楽しんでもいいのだということがわかり、本当にホッとしました。これまでは老後が心配で、隙間でも時間があればやみくもに働いてきたのです。深野先生に、今からシングルワークにしてもやり繰り次第では大丈夫とご指摘いただき、驚くと同時に安堵しました。モヤモヤしていた気持ちがスッキリすると、もうちょっと、できる範囲でがんばってみようと前向きになったことに、自分でも驚いております。もともと仕事をして得られる充実感はとても好きですし、収入をちょっと減らしたっていいのだと思うだけで、気持ちがずいぶんと軽くなりました。あちこち絵を観に行こうと計画を立てるだけで、ワクワクしています。不安が解消され、心から感謝いたしております。いただいた回答は、御守りがわりに大切に保存いたします。

★マネープランクリニック編集部では貯蓄達人からのメッセージを募集中です★

教えてくれたのは……
深野 康彦さん
 
 

 


マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)、『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など

取材・文/清水京武


【関連記事をチェック】
54歳貯金4900万円。大病をして人生を考えるように。1年後にリタイアは可能?
54歳貯金290万円。子どもに迷惑のかからない老後はどうすれば
57歳貯金4300万円。定年後1500万の車を買っても老後破綻は大丈夫?
夫は50代、5人の子ども。貯金は175万で将来が不安
貯金も年金もない54歳内縁の夫。老後生活は大丈夫?
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。