大きくて存在感あるけれど、静かにいい仕事してくれる

大きくて存在感があるけれど、静かにいい仕事をしてくれる


私が運営しているペットホテルは、常に複数のうさぎが滞在している状態。

ペットの身体の水分や毛、おやつの野菜、飲み水、トイレなどがそれぞれ10個ずつも置いてある空間なので、水分や粉じんが多く、空気清浄機の設置は必須です。

そんな環境に導入する機械として選んだのが、シャープ「除加湿 空気清浄機 プラズマクラスター 7000」のKC-HD70-W。徐湿、加湿、集じん、消臭、除電5役をおまかせで担ってくれる、優秀な1台なんです。

   

エアコン顔負け! 過酷な空間も完璧に除湿

この空気清浄機を選んだ一番の理由は除湿(ドライ)機能。意外なことに「加湿」機能付きの空気清浄機はたくさんあるのに「除湿」機能付きのものにはなかなか出会えなかったのです。

こちらは、おまかせボタンを押しておけば、自動で快適な湿度に調整してくれます。なんと、除湿機無しの隣のリビングが室温27℃湿度65%のとき、KC-HD70のあるうさぎ部屋は25℃湿度55%だったことも。カラッとした空気が実感でき、以前よりエアコンをつける頻度が減りました。

24時間つけっぱなしにしていますが、電気代は1日約6円と経済的(除湿時は約6円/1時間)。もちろんつけたいときに、除湿・加湿と、手動で操作することも可能です。
 

静かで熱がこもらない快適な動作

我が家にはデシカント方式の除湿器も別にありますが、使用すると、熱帯の空気のようにふわっと暑くなってしまうのがデメリットでした。

このKC-HD70はコンプレッサー式のため、そのようなことがありません。使用している部屋は約8畳と、機種の規定(約18畳)よりかなり狭いですが、それでも熱がこもらず、快適に働いてくれています。

気になる使用中の振動や音も、敏感なうさぎでも気にしている様子はありません。動作中でも、のびのびとお腹を上に向けて寝ている子もいます。

フィルター交換は10年に1回とお手入れが少なくて済むのも、嬉しいポイントです。
 
 

うさぎも人もイキイキ過ごせる、イチオシ空気清浄機

 
敏感なうさぎも快適に過ごせるように

敏感なうさぎも快適に過ごせるように


しいて言えば、大きくて重量があるので、移動には向かず、据え置いて使わなければならないのだけは難点。設置するとき、水受けトレーは向かって右横にあるので、水を捨てるために、スライドできるスペースが必要です。

ですが、キャスターがついているので、転がして移動することは簡単にできます。

高温多湿を嫌ううさぎたちも、このKC-HD70のおかげで、イキイキと元気で、被毛はつやつや、キラキラしています。

私自身も、つい快適なうさぎ部屋に仕事を持ち込んで過ごすようになりました。カラッとした空気の中、やる気がパリッと出ます。人にも、ペットにも、おすすめの機種ではないでしょうか。
 
 

DATA
シャープ| 除加湿空気清浄機 プラズマクラスター 
7000 KC-HD70-W
サイズ:40.5×33.7×68.7cm
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。