【編集部からのお知らせ】
オールアバウトではお金の無料相談、無料診断を受付中です。お気軽にご応募ください。
・お金全般の詳細なお悩み相談はこちら
『マネープランクリニック』
・5分で入力!住宅購入や住宅ローンの試算はこちら
『住宅のお金シミュレーション診断』
・5分で入力!教育のお金に関する試算はこちら
『教育のお金シミュレーション診断』
 

夏のボーナス金利優遇キャンペーン!有利な預け先を見つける機会に

金利キャンペーンを活用してボーナスをお得に貯めましょう

金利キャンペーンを活用してボーナスをオトクに貯めましょう!


ボーナスはサラリーマンにとって貯蓄の大きな柱。6月~7月にかけて支給され、早いところでは6月10日ごろに支給という企業もあります。楽しみにしている半面、無計画にいつの間にかなくなってしまった、ボーナス払いで消えてしまった、とならないよう今からボーナスの使い道と貯蓄額を想定しておくのが貯蓄上手の人の考え方です。

【関連記事】
2019年夏ボーナス!上場企業平均は74万3588円

 
そして例年、銀行や証券会社ではボーナスのタイミングで、金利優遇やキャッシュバックなど、いろいろなキャンペーンを実施します。キャンペーンは6月初めから始まり、8月末あたりまで続くのが一般的です。

もちろん最近では、さまざまなキャンペーン金利を実施する銀行や、新規預け入れで優遇金利を実施する地方銀行のネット支店が増えているので、ボーナス時期に限らず、有利な預け先を見つけることはできます。
 
それでも、やはりボーナス時期にはキャンペーンの数は格段に増え、有利なキャンペーン金利が提示されるので、このタイミングを見逃さず、ボーナスからの貯蓄を必ず実行するようにしましょう。

 

昨年は金利40倍の銀行も! 早めに口座開設だけでもしておくこと

下記は昨年の夏のボーナス時期にキャンペーンを実施した銀行を紹介した記事です。通常、一般の定期預金金利は年0.01%。それがキャンペーン金利になると、住信SBIネット銀行とじぶん銀行は20倍の年0.20%に。大和ネクスト銀行では、実に40倍の0.40%でした。大和ネクスト銀行は預入金額が500万円以上と高額なので、ほかに預金している定期預金を取りまとめて預け替えるなど、ひと工夫が必要になります。

【関連記事】
金利40倍も!2018年夏のボーナス金利キャンペーン


いずれも、キャンペーン実施の常連銀行ですから、気になる銀行があればWEBサイトなどでチェックして、口座開設の手続きだけでも事前にしておくといいでしょう。
 
また、預入金額が100万円以上と高額になる銀行に預けるなら、ボーナス貯蓄分を加えて、既存の定期預金からの預け替えも検討しておくといいでしょう。
 
【2018年夏のボーナスキャンペーン金利を実施した銀行の例】
●住信SBIネット銀行
●楽天銀行
●ソニー銀行
●大和ネクスト銀行
●じぶん銀行
●静岡銀行インターネット支店
など
 
【常時、金利が高い銀行】
●イオン銀行
●セブン銀行
●ローソン銀行
●ジャパンネット銀行
●オリックス銀行
●あおぞら銀行 インターネット支店
●香川銀行 セルフうどん支店
●愛媛銀行 四国八十八箇所支店
●トマト銀行 ももたろう支店
など

 

ボーナスの預け先を早めに決めた方がいい2つの理由

キャンペーンが出そろってからボーナスの預け先を考えるという人は多いでしょう。確かに2~3カ月キャンペーンを続ける金融機関が多いのでそれでも構わないのですが、できれば早めに預け先を決め、口座がなければ口座開設の手続きをしておくことをおすすめします。
 
理由は2つあります。

ひとつは、後回しにした結果、結局面倒になってしまい「口座を開設しなかった」というのを防ぐためです。実はボーナス用の口座を作ること自体、家計管理において非常に大切なことなのです。生活費を出し入れする給与振込口座とは別にボーナスを預け入れる口座を作り、年に数回発生する特別支出や臨時出費などをここで管理する、というのが賢いやり方です。

「ボーナスを普通預金に預けっぱなし」から卒業するためにも、キャンペーンをひとつのきっかけに、しっかりとボーナス用の口座を作っておきましょう。

早めに預け先を決めるもうひとつの理由は、キャンペーンによっては募集預金額に上限を設けているものもあり、せっかくのチャンスを逃してしまう可能性があるからです。特に、常に金利が高めの地方銀行のネット支店の場合、上限金額が決まっているところが多いので、狙っている人は、ボーナスが出たらすぐに入金できるようにしておくといいでしょう。

 

ネット銀行やネット支店でも口座開設までに数週間かかることも

ネット銀行、地銀ネット支店の場合、手続きがすべてネット上で完結すると勘違いしている人も少なくありません。口座開設した後はWEBサイトでの取引になりますが、最初の口座開設に関しては、本人確認書類の送付やキャッシュカードの受け取りなど、郵送でのやりとりが発生します。常時、受け取れる人なら別ですが、日々忙しくしているサラリーマンの場合、タイミングよく郵便物の受領、送付ができないと、意外と時間がかかるものです。
 
余裕をもって口座開設し、ボーナス貯蓄の準備を今からはじめておきましょう!

【関連記事】
金利40倍も!2018年冬のボーナス金利キャンペーン
ボーナスの残りは、高金利定期に預け直す!
ボーナスをあてにしない住宅ローンの組み方

■お金の無料相談、無料診断を受付中です。お気軽にご応募ください。
・お金全般に関する詳細なお悩み相談はこちら
『マネープランクリニック』
・5分で入力!住宅購入や住宅ローンの試算はこちら
『住宅のお金シミュレーション診断』
・5分で入力!教育のお金に関する試算はこちら
『教育のお金シミュレーション診断』
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。