メリットで選ぶ! JFK国際空港からマンハッタンへのアクセス

ニューヨークの玄関口、JFK(ジョン・F・ケネディ)国際空港。全米一を誇る規模の大きさで、なんと一日400便もの国際線が離発着しているんです。ニューヨークには他にもニューアーク国際空港(コンチネンタル航空の日本便はここに到着)、ラガーディア国際空港がありますが、日本からの直行便のほとんどは、このJFK空港に到着します。空港に降りたてば、ここがニューヨークの旅のスタート。入国審査を終えてゲートを出て、さてどうする? なんてことにならないために、空港から市内への行き方をナビゲートしましょう! シャトルバス、タクシー、地下鉄の3通りのアクセス方法をご紹介します。アナタの旅のスタイルに合わせてお選び下さい。

世界から人々が訪れるニューヨーク。興奮を胸に降り立てば、旅のスタートです

時間に余裕がある人にはシャトルバスがお得!

青い車体が目印のスーパーシャトル

青い車体が目印のスーパーシャトル

JFK空港からマンハッタンまでは、定員11人の乗り合いシャトルバスが30分おきに運航中。便利なポイントは、マンハッタン内ならどこでも乗せて行ってくれること。ホテル以外でもOKです!

詳細はこちら>>>シャトルバスでJFK空港から市内へ


 

荷物が少なくて低予算派なら、エアトレイン+地下鉄

各ターミナル間を移動していくエアトレイン
極力お金をセーブしたい場合には、公共の交通機関(エアトレインと地下鉄)を利用して市内へ行くことができます。難点は荷物を運びながらの移動ですが、空港から市内へ10ドル未満で済んでしまうのは魅力的!


 

やっぱり簡単・安心! タクシー

イエローキャブなら安心!
長時間のフライトの後は、ただ身を任せてホテルへ直行したいもの。そんなときはタクシーがやっぱり便利。きちんと選べば、女性ひとり客でも安心して乗ることができますよ。

詳細はこちら>>>タクシーでJFK空港から市内へ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。