やっぱり簡単・安心! タクシーでニューヨーク市内へ

イエローキャブなら安心!

イエローキャブなら安心!

長時間のフライトの後は、ただ身を任せてホテルへ直行したいもの。そんなときはタクシーがやっぱり便利ですよね。早朝や深夜に空港を利用する人にも、安全で確実なタクシーをおススメします。黄色い車体のタクシーはイエローキャブと呼ばれ、ニューヨーク市に登録された正規のタクシーなので安全です。女性ひとり客でも安心して乗ることができます。

空港には白タク(個人タクシー)の客引きが多くおり、必ずしもぼったくるわけではないのですが、ニューヨークの地理に慣れていない方や、英語での交渉が苦手な方は避けたほうが良いでしょう。街中でもイエローキャブはたくさん走っていますので、白タクの勧誘に煩わされることもありません。

タクシーの利点は、やはり早くて確実なこと。午前中や午後7時以降なら、ミッドタウンまでは45分ほどで到着します。有名ホテルであれば、ホテル名を伝えるだけでドライバーが連れて行ってくれるときもありますが、住所を伝えれば確実です。その際は、どのストリート(東西間の通り)と、どのアヴェニュー(南北間の通り)が交差する場所なのかを説明しましょう。

ゲートを出てタクシー乗り場へ向かうと、案内係が行き先を尋ねてきます。料金表を渡してくれますので、それを手にタクシーへ。空港からマンハッタンまでは、45ドル(均一料金)+4~10ドル(Toll:有料道路通行料)がプラス、それにチップ(料金の15~20%)が加わりますので、大よそ 60ドル前後を目安にして下さい。他の交通機関に較べると高く感じますが、日本のタクシー料金や空港からの距離を考えると、お得でもあります。ちなみに、ニューヨークのタクシーは初乗りが2.50ドル、深夜は0.50ドル増しです。

復路の場合はホテルなどから乗り込めばOKです。航空会社名を伝えれば、そのターミナルまで連れて行ってくれますよ。

<DATA>
NY Taxi
TEL:311(自動音声にしたがってメニューを選択)
料金:60ドル前後

タクシーの詳細はこちら>>>ニューヨークのタクシー

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。