マキシスカート

可愛さも実用性も◎。どの年齢層にもはまるパープルがおすすめ
 

旅をするとき、長時間のフライトなら特に飛行機内でストレスフリーな素材とデザインを選びたいもの。その観点でいうと、フレアがたっぷりのマキシ丈スカートが、動きやすさとゆったりとリラックスできておすすめです。

風通しの良い綿麻素材なら特に東南アジアなどの国で暑さ対策もできるうえ、パステルやビビッドな色合いを選べば旅のテンションも上がります。お手軽価格のノーブランド品を選べばガシガシ履いてためらいなく洗えるのでアクティブに使えますよ。

   

1枚で3度おいしいマキシスカートの魅力

 
マキシスカート

生地はふわふわ。ギャザーもたっぷりなので動きやすい
 

飛行機内でリラックスできるファッションとしてマキシ丈スカートはかなり優秀です。ウエストは負担がかからないゴムやヒモで調整できるものがマスト。

スカートにこだわる理由は飛行機のトイレのため。機内のトイレはとても狭く動きづらく、パンツだと裾が床につかないようにたくし上げて、落ちないように注意しなければならずかなり面倒。でも、スカートなら裾をまとめて持てばいいので楽チンです。

また、動きやすいフレアスカートなら、座席に座っているときも足を動かしやすくストレスがありません。
 
 

日焼け対策も通気性も抜群

 
マキシスカート

生地が軽い上裏地が膝丈なので、着心地も動きやすさも文句なし
 

とりわけ高温多湿なアジアの都市では、暑さ対策としてマキシ丈スカートがとても役に立ちます。足全体を覆ってくれるので日焼け対策ができるうえ、コットンやリネンといった風を通す涼やかな素材ならより快適に過ごせます。

さらにこの商品の良いところは裏地が短く風通しがいいところです。アジアのビーチを散歩するるとき、裏地も長いと濡れたりすると重くなって乾かすのも面倒ですが、このスカートならもし濡れても表面のみ。それに濡れたとしても歩いているうちに乾いてしまうほど乾きやすいのです。

 

着まわしが利く華やかな色がおすすめ

 
マキシスカート

リネンのノースリーブと麦藁帽子を合わせればビーチリゾートスタイルに
 

マキシ丈スカートの優れた点は着まわしの良さにもあります。街歩きのときはTシャツとスニーカーでカジュアルに、ビーチに行くならキャミソールとサンダルを合わせてリゾートスタイルに。
マキシスカート

トップスをフォーマルにすればエレガントな印象に
 

また、シンプルなトップスや華やかなアクセサリー、ヒールのある靴を合わせれば、スマートカジュアルに着こなす必要があるお洒落スポットでも活躍します(特にアジアはドレスコードが甘めなので。欧米ならもう少しフォーマルな生地を選ぶのがベターです)。


 

価格が手頃なので、ガシガシ履いてどんどん洗える

 
マキシスカート

ウエストのデザインは値段相応ですが、トップスで隠してしまえば問題ナシ
 

汗をかいたり、食事中に汚れてしまったり、旅先ではついやってしまいがちですが、お値打ち価格のノーブランド品なら諦めもつくというもの(高い服ならショックも大きいです……)。そして、遠慮なくガシガシ洗えるので、気持ち的にもストレスフリーです。

とはいえ、ノーブランドだと生地の薄さや縫製の甘さなど不安がある人も少なくないと思います。あまりチープに見えないものを選ぶコツは、たっぷりとしたフレアタイプのものを探すこと。

布地がたっぷりのデザインのものなら、価格に対して高見え効果も大。私も最初はあまり期待していませんでしたが、今ではその使い勝手の良さに愛用しています。

 

DATA
ノーブランド┃リネン麻素材 マキシ丈フレアスカート

サイズ:85、95 cm
素材:綿麻
カラー:グリーン、パープル、ピンク、ブラック、ブルー、ベージュ、ホワイト、レッド、サックス、サンゴ、ライトグリーン、ライトグレー、ライトブルー
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。