バリラのラザニエなら、手間がかかるラザニアも簡単に!

バリラのラザニエなら、手間がかかるラザニアも簡単に!


みんなが大好きなラザニア。けれども自宅作るのは手間がかかるし、出来合いの物を買った方が楽だと思っている人も多いのでは? バリラの「ラザニエ」なら茹でずにそのまま使えるので、簡単にラザニアを作ることができます。

冷蔵庫に常備しておけば、献立に困ったときにもささっと作れて便利。子供たちも大喜び、おもてなしやパーティーにもぴったりです。
   

下茹でなしでも、美味しいラザニアが簡単に!

 
image

焼きたて熱々のラザニアの美味しさは格別!


通常ラザニアは、パスタを茹でてパスタとソースを重ねてオーブンで焼く、手間と時間がかかる料理です。ところが、イタリアの食品メーカー・バリラのラザニエを使うようになって驚きました。箱から取り出したパスタをそのままソースと交互に重ねて20分以上焼くだけで、ちゃんと柔らかくなるんです。しかも美味しい!

さすが老舗イタリアブランドのパスタだけあり、普通の下茹でしたパスタを使用したラザニアと比べても味の違いはほとんど分かりません。一箱(500g)に入っているパスタの枚数が多く、今回筆者が使用した箱には30枚入っていました。グラタン皿の大きさによりますが、数回使える十分な量でお買い得感があります。

 

簡単、便利、早い!

 
image

パスタを箱から出して、そのままソースではさむだけ


ラザニアを作るための下ごしらえに必要なのは、
 
  1. ミートソースを作る
  2. ホワイトソースを作る
  3. ラザニア用パスタを茹でる

の3ステップです。私がいつも面倒に感じていたのが最後のラザニア用パスタを茹でること。湯を沸かしてパスタを茹でて水気を切るのに約30分はかかり、パスタが入る大きな鍋が必要で洗い物も増えます。

しかしバリアのラザニエを使うと下茹での手間が省けるだけでなく、洗い物が減り、しかも美味しいので、これを使うようになってからはほかのラザニア用パスタを使わなくなりました。

 

パスタを柔らかくする、失敗しないためのコツ

 
image

ミートソースは沢山作って冷凍しておくと便利


何度も使っているうちに分かった、パスタが部分的に固いまま残らないようにするために気をつけたいポイントがあります。それはミートソースを緩めに作ることです。「もう少し煮詰めた方が良いかな」くらいの、やや水分が多めの状態にすると、焼いている間にパスタがミートソース の水分を吸って柔らかくなり、ミートソースもちょうど良い濃度になります。まんべんなくミートソースでパスタを覆うことも、むらなくパスタに火を通す大切なポイントです。

前もってミートソースやホワイトソースを作っておけば、献立に困ったときにすぐ作れて便利。家族からは「手が込んだ料理を作ったね」と褒められるはず。ぜひバリラのラザニエを使って、美味しいラザニアを作ってみてください。
 
DATA
バリラ|ラザニエ

内容量:500g 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。