煙が出ないお灸

煙が出ないお灸
 

「冷え対策グッズ」を検索すると、さまざまな健康グッズが売られています。ただ、ソックスやマッサージ器具やサプリメントは多数出てくるのに、「お灸」が出てくることはありません。確かに、火を使うし、「ツボ」っていうのがあるらしいし、ハードルが高そうで、気軽な健康グッズという印象はないかもしれません。それに、お灸をしたときに出る煙も、敬遠される理由のひとつかもしれません。

しかし、お灸は割と簡単ですし、煙の出ないタイプの物もあります。冷え性を自認する私の妻も、1人目の妊娠前には教えたところにせっせと自分でお灸をしていました。そのときに使っていたのが、釜屋ものぐさの「カマヤミニ スモークレス」です

   
 

煙が出ないし扱いやすいので初めての方に最適

燃焼中の画像煙は出ていません。火が点いたすぐ後、わずかに煙が出る程度。

燃焼中の画像煙は出ていない。火が点いたすぐ後、わずかに煙が出る程度


「カマヤミニ スモークレス」は、煙が出ないうえに、温度もかなり低めなので、お灸を始めるにはとても良い商品です。お灸というと、熱さを我慢しながらやるものというイメージがあるかもしれませんが、このお灸は熱いと感じる必要はありません。「温かい」程度の刺激で十分。むしろ「熱いっ!」までならないようにしましょう。適度な刺激を長く与えてあげる方が良いので、もう少しやりたいと思ったら、1回目の隣にずらして行うと皮膚への負担が少なくなります。

 

ツボの場所はだいたいでオッケー

ツボは、難しく考える必要はありません。本などによって場所が違うこともよくあることですから、下にいくつか紹介する画像を見て、「大体その辺り」から始める方が気楽で良いのではないでしょうか
三陰交

三陰交(さんいんこう)血との関わりの深いツボ。血の巡りを良くしたいときなどに

 
陰陵泉

陰陵泉(いんりょうせん)水分代謝を整えてくれるので、冷えやむくみと関係が深い
  

 
足三里

足三里(あしさんり)胃との関係が深く、幅広く使われる優秀なツボ。消化器の働きがよくなると、元気が出てきます

 
太けい

太けい(たいけい)水と関連の深い五臓六腑の腎と関連が深く、冷えやむくみにおすすめ


お灸は体質的に合う人と合わない人がいます。これについては実際に試してみないと分かりません。体質に合わないと感じた場合は、使用をおやめ下さい。また、火を使うことになりますので、火傷や火災に注意し、自己責任で行ってください。

今回は、温度も低めで煙も出ない入門におススメのお灸を紹介いたしましたが、最近は香り付きのお灸や、温度もさまざまなタイプが販売されています。お灸との相性が良いようでしたら、お気に入りの一品を探してみましょう。



DATA
釜屋もぐさ|カマヤミニ スモークレス
内容量:120個入
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項