【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

他の女性に対する態度と、私への態度が違うのはなぜ?

ツーショットの写真を撮りたがるのは、私のことを「本命」だと思っているから……?

ツーショットの写真を撮りたがるのは、私のことを「本命」だと思っているから……?

自分が彼を意識し始めたから、彼の自分への態度が他と違うような気がするのか。それとも彼の自分への態度が他と違うから、彼を意識するようになってしまったのか。「卵が先か鶏が先か」という状態ですが、どちらにしてもあなたの中に「好き」という感情が芽生えたことが、恋の始まりです。

他の女性より自分に優しいと感じるのであれば、彼があなたに好意を抱いているのは確実。しかしそれが本気なのか、ただの好奇心なのかはわかりません。

逆に、他の女性には優しいのにあなたにだけは冷たいのであれば、答えは2つ。冷たくされる原因があるなら、あなたは嫌われてしまったのかも。思い当たる原因がなければ、彼はあなたを意識しすぎるあまり「好き」の気持ちを他の人に知られぬよう、あえて冷たくしているとも考えられます。

恋愛感情を抱いている時の相手に対する振る舞いは、複雑なように見えて意外と単純です。相手のことを意識している場合、素直な人なら相手に好かれるよう気を使いますが、照れ屋ならば、逆に本音を隠してぎこちない振る舞いになります。

あなたの好きな彼は、どちらのタイプですか?
 

「本命」ほど「好き避け」してしまう男性心理とは

いつもさりげなく私の隣に座る彼。意識しているのは私だけ? それとも……

いつもさりげなく私の隣に座る彼。意識しているのは私だけ? それとも……

「好き避け」とは、好きな相手だからこそ、意識しすぎて近づけなくなってしまうこと。「好き」が大きくなりすぎた(大本命)せいで、肝心の好きな相手の前で自分をうまく出せなくなってしまうのです。
  • 下心だと勘違いされたくない
  • 本気の好きを相手に知られたくない
  • 相手が自分のことを好きかわからないから素直になれない
  • 自分に自信がないから堂々とアプローチできない
「意識しすぎる」の裏には、複雑な心理が入り混じっています。

恋愛経験が豊富な男性であれば、好き避けのような態度が逆効果になるかもしれないことも知っています。しかしそこまで女性に慣れていない男性の場合、自分の感情と裏腹な態度が相手にどう受け止められるか、考える余裕すらなくしてしまうのです。

他の女性同様、当たりさわりのない態度で接してくる男性は、あなたを意識していないとわかりますが、むやみに避けられたり軽口を叩かれるような場合、あなたのことを相当意識していると思って間違いありません。

好きの反対は無関心。一見「嫌われているのかな」と感じてしまうような態度の裏には、あなたへの好意が潜んでいます。

ややこしいですが、あなたも彼に好意を持っているのであれば、売り言葉に買い言葉で衝突するのではなく、にこやかに「私はあなたを好きですよ」というサインを出し続けてみましょう。大きな愛情で受け止めるうちに、彼も少しずつ緊張が解け、素直になってくるはず。
 

友情路線でも大丈夫!いっそ「親友」になろう

何度もツーリングしている男友達。私のこと、どう思っているんだろう……?

何度もツーリングしている男友達。私のこと、どう思っているんだろう……?

他の女性とあなたに対する態度が同じ場合、残念ながら彼はあなたに友達以上の好意は抱いていないかもしれません。必死でアプローチしても流されてしまうならば、彼はあなたの気持ちに気づいていながら応えられない(恋愛の「好き」ではない)のでしょう。

たとえ彼があなたを本命だと思っていなくても、友達や同僚として仲良くしてくれるのであれば、諦める必要はありません。日頃接する機会があるならば、いつかチャンスは訪れます。今はまだ、あなたのことを女性として意識していないだけなのかも。

そんな現状で、あなたにできることはただ1つ。女友達の中で、誰よりも心を許せる「親友」のポジションに君臨すること。

男性にとって、異性との友情は恋愛と紙一重。まだ2人の間に恋が始まっていないとしたら、それはまだタイミングが合っていないだけ。

友達という関係に落ち着いてしまうと、ドキドキは少なくなりがち。しかし結婚に結びつくような恋愛ほど、実際は「ドキドキする相手」より「気の合う友達のような相手」を選ぶものです。

恋人ならば、いつかはお別れしなければなりませんが、親友ならば、お別れすることはありません。彼にとって唯一無二のポジションになるべく、あなたは「好き」を言葉や態度で伝え続けていけばいいのです。

【関連記事】
【ガイドからお知らせ】
活動情報や告知は、公式サイトFacebookファンページTwitterをご覧ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。