【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

特定の恋人を求めない心理とは

「恋愛はヒマ潰しじゃない」と思う向きもあるでしょう。しかし恋愛そのものに対する価値観も人それぞれ。あなたの価値観を押し付けないで。

「恋愛はヒマ潰しじゃない」と思う向きもあるでしょう。しかし恋愛そのものに対する価値観も人それぞれ。あなたの価値観を押し付けないで。

彼に特定の恋人がいなくても、彼女募集中とは限りません。「今はまだ特定の彼女は作りたくない」……告白する前にそう言われたら、予防線張られたのかと思うでしょう。だけど諦めるのはまだ早い! 望みの薄い彼に接近し親しくなるためには、どうしたらいいのでしょうか。

「いま、自分のことで精一杯で、彼女とか作りたくないんだよね」

このようなセリフを告げる彼の心情は実にさまざまです。あなたの好きな彼は、以下のどれに近いと思いますか?

■言葉通り
仕事が多忙を極めていたりプライベートで問題を抱えているなど、気持ちの余裕を失っていて、恋愛どころじゃない状態です。
この場合、時間が解決する可能性も高いので、つかず離れず現状の位置をキープしておくのが正解。

彼が悩みを相談してきたり、うっかり弱音を吐いたときは絶好のタイミング。母のように大きな優しさで包み込み、癒してあげましょう。「どんなときもそばにいてくれる」弱みを見せられる存在だと理解されれば、あなたを手放せなくなるかも。

■恋愛への優先順位の低さ

上とは逆に、仕事が好き過ぎたり休日のデートもままならないほど趣味に夢中なあまり、恋愛に対する優先順位が低下しているケース。長年彼女がいない生活に慣れていると、デートや電話をする時間さえ面倒と思ってしまうことも。責任感が強いあまり、いいかげんな付き合いはできないと思い、好きな女性とも距離を置いてしまう人もいます。

いわゆる草食系の彼にとって、特定の恋人を持つことは足かせのようなもの。関係にこだわらず、彼が楽しいと思うフィールドにさりげなく入り込むことを、まずは目標に。共通の話題や有益な情報を提供できれば、彼から重宝されます。

■婉曲な断り文句

残酷ですが、単純に「恋愛対象外」というメッセージの可能性もあります。ストレートに伝えてあなたを傷つけないよう「(あなただけじゃなく)今は誰とも付き合う気はない」と、婉曲な言い回しで伝えているのかも。

しかし諦めるのはまだ早い。現状では対象外だとしても、この先彼があなたを見る目が変わらないとも限りません。今はひとまず「信頼できる友人」を目指してみては。


いずれの理由にも共通しているのは、どんなにあなたが努力しようとも「今は恋人を作る気がない」彼の意思です。まずはそこを尊重して。

厳しいことをいいますが、彼を好きで恋人になりたいと望むのは、あなたの勝手なのです。同様、特定の恋人を作らないのも彼の勝手。
気持ちがすれ違ってしまうのは、相手に向ける愛情が均衡を保っていないから。現実を把握した上で、なお彼への愛情が冷めないのであれば、その愛情を今の彼が受け容れやすいカタチにして伝える以上の方法はありません。

では、具体的にはどうすればいいのでしょうか。

関係にこだわらず、中味のある付き合いを

恋人じゃなくても絆を深めることは可能。恋人になったらお別れするかもしれないけど、親友ならばずっと仲良しでいられるかもしれませんよ。

恋人じゃなくても絆を深めることは可能。恋人になったらお別れするかもしれないけど、親友ならばずっと仲良しでいられるかもしれませんよ。

今は望みが薄そうに思える彼との恋愛は、短期戦で結論づけないことが肝要です。数ヵ月~数年先まで視野に入れ、一歩ずつ駒を進めていきましょう。

もし他に彼が好きな女性がいるとしても、恋人になれないという立場は同じ。
恋愛は「椅子取りゲーム」ではありません。他の誰かに横から割り込まれる心配をするくらいなら、彼にとって代えの利かない「あなた専用の椅子」に座れる存在を目指すほうが得策です。

世間から見た立場は、ただの女友達でいいのです。彼とあなたの間でのみわかりあえる特別な関係になれたら、むしろ恋人より深い絆が生まれるかもしれません。

「それって便利な女なんじゃ」ふたりの関係性によっては、そのような解釈をする第三者がいるかもしれません。だけど他人の目なんて気にするのはナンセンス。絆は目に見えないもの。他人にわかるはずがないのです。

ただし、自ら「もしかして都合よく思われているのでは」と疑問に抱くようであれば、関係の見直しを。
彼に対して猜疑心が芽生えたときは、愛情の見直しどき。あなたは恋人じゃないのですから、遠慮せず感情のまま離れればいいのです。くれぐれも、これまでかけてきた時間や労力といった過去を基準に、相手へ執着しないこと。


どんな関係も、一番大事なのは自分自身が納得しているかどうか。不本意に都合のいい立場に追いやられるのと、自ら都合のいい女の立場になろうとするのは違います。
自尊心を持っていれば、愛情を伝える行為はどんなことであってもいいし、関係に固執しなければ、気難しい相手とでも恋愛を楽しめるのです。


<こちらもどうぞ>
「○○と私、どっちが大事?」を解決するには
「遊びの恋」じゃダメですか?

<ガイドからお知らせ>
最新記事の更新他、ガイドの活動情報や告知は公式ブログをどうぞ!
Twitterもやっています。フォロー歓迎。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。