【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

結婚できなければ“遊び”?

undefined

人間以外の動物は皆、ピュアな気持ちだけで繋がっているのに。こだわり過ぎるから幸せな恋ができないのかも。

男女における「付き合う(交際)」の定義は、どこに決められているわけでもありません。しかしたびたび男と女の間では、本気とか遊びとか、恋愛を分別する向きがあります。

たとえば、結婚を前提としないつき合いを望む男性がいるとします。たとえその男性が世界で一番相手の女性を愛していようと、その先に結婚の可能性がなければ「遊び」だと非難する女性もいます。

もしも結婚するつもりがない恋愛=遊びというのなら、結果として結婚に結びつかなかった恋愛はすべて「遊びだったのね」という結論になってしまうのでしょうか。

たとえ結婚を意識した付き合いじゃないとしても、その恋が「遊び」とは限りません。それは決して男性側だけの言い分ではないはず。

「遊び」だと相手を責めるような恋愛なんて、誰もしたくはないはず。しかし往々にしてそのような結末を迎えてしまうケースはよくあること。
そこには、共通した女性側の猜疑心が存在します。

解釈の違いが誤解を生む

ケースとして最も多いのは、恋人としてつき合う意思をふたりの間で確かめないまま、深い関係になってしまうこと。
最初から女性の体を目的としている確信犯は論外ですが、遊びのつもりではなかったのに、親密になってみたら相手のイヤな面が見えてしまい、交際に至らず心が離れてしまうこともあります。
それを「遊びだったのね」とひと括りに責められたら、ますます相手は冷めてしまうに違いありません。

深い関係になってから後悔しないためには、何よりも相手の誘いに流されて、自分の気持ちをないがしろにしないこと。まだ心の準備や覚悟ができていないのであれば、きっぱり断わる勇気を。

自由な恋愛は“遊び”なのか

多くの女性が相手の男性の愛情に対し「本気度」を求めるのに対し、相手の女性に遊びか本気か心配するような男性の主張は、ほとんど聞きません。
それはおそらく、男性は女性に対し「今」を求めているからではないかと思います。
対して女性は「今」より「未来」に比重を置く傾向がうかがえます。

価値観の違いといってしまえばそれまで。しかし好きな相手に対し遊びか本気かと問うことに、どれほどのメリットがあるのでしょうか。
先の見える恋愛なんてありません。未来永劫愛し合うと誓い結婚したところで、後に離婚するケースだってたくさんあります。

「本気でなければいけない」と定義してしまうことは、恋愛を逆に不自由にしてしまうのではないでしょうか。
「遊びならお断り」と身構えていたら、恋はなかなか始まりません。本気だと言い切れない淡い気持ちを抱いたところで、本気かどうか厳しく追及されてしまったら、それまで抱いていた気持ちも萎えてしまうでしょう。