草食男子のほとんどは、実は草食じゃない!?

undefined

片思いの彼は草食男子。彼女がいる気配はないけど、女性からのアプローチにすぐ反応するとは限らないのがもどかしいところ。


草食男子というカテゴリがすっかり浸透したのは、そこに該当する男子が多数派になったからと思われます。
いまや「数打ちゃ当たる」でガンガン女子に接近する肉食男子は絶滅危惧種。相手からのアプローチを待っていたら、なかなか恋は始まりません。

しかし実のところ、完全受け身の草食男子は少ないと聞きます。

筆者の周囲にいる草食系っぽい男性は、みんな「いざとなったら、自分からアプローチすることもある」と口を揃えて言います。

なぜ普段は受け身なのかといえば、理由はさまざま。

「脈なしなのに無理してがんばるほど、いいと思う女子が周りにいない」
「相手が自分に気があるとわかるまで、自分からアプローチはせず様子を見る」
「相手から好意を伝えられてつき合うほうが楽」
「そもそも女性が苦手」


これらの意見を聞けば、女性のほうから好意を伝えるなどのアプローチしてみたほうが得策だと思うでしょう。

とはいえ、ただ積極的にいけば落ちるとは限らないのが難しいところ。

そんな草食男子を振り向かせるには、どのようなアプローチがいいのでしょうか。


はじめは「異性を意識させない友達」から

草食男子に限らず、いきなりグイグイ接近してこられたら、ほとんどの男性は引いてしまうはず。色仕掛けで押し売りするセールスのように「何か下心があるのでは?」と警戒されてしまうかも。

そもそも普段自分から積極的にアプローチしない男性は、グイグイ接近されることを好まないから自分もしないのです。そんな心境を踏まえ、ゆっくり近づいていきましょう。

自然な流れで連絡先を交換し、はじめはLINEのやりとりだけで会話を盛り上げ、ほかの女性とは違う「話しやすい女性」という立ち位置を確立するのは賢いやりかた。

LINEの会話だけでもどかしくなれば、自然な流れで「会おう」という展開になるはずです。

同じ会社など普段会うことのできる距離にいる相手ならば、「1日に1度」、わずかなやりとりをしばらく続けてみましょう。

例えば、彼と同じタイミングで休憩する、出勤時や退勤時に雑談するなど、できれば同じ時間帯に顔を合わせて、共通の話題などの軽い会話を交わすとよいでしょう。そうすると、ある日会えなかったとき、「今日はどうしたんだろう?」と気になるようになります。

日常会話レベルで話せるようになっても、この段階では異性を意識させないのが鉄則。とくに、彼が「女性が苦手」で草食になっているタイプだとしたら、女らしさを強調するようなアプローチは(たとえ会話の中だけでも)不快に思われる可能性が。

「ある日気づいたら心の中を占めていた」……草食男子には、そのくらいジワジワと近づくのがベストです。

ただの友達から関係を一歩進めるタイミングは、彼があなたに心を許したとわかったとき。それが彼らの「脈ありサイン」の始まりです。それはどこで見分けるのでしょうか?