【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

美人なのにモテない理由と男性心理

美人でも婚活に苦戦する?なんてことがあります

美人でも婚活に苦戦する?なんてことがあります

「そこそこ美人はモテるけれど、高値の花になりがちな本当の美人はモテない」「男顔やクール顔の美人はモテない」と言う人がいますが、半分正解、半分間違いです。
 
若い美人は中身がどんなでもモテるし、ちやほやされます。でも、30歳を過ぎたら、それだけではモテません。だいたい「可愛げがない、色気がない、優しくない、気が利かない」のどれか。

男顔やクール顔の美人というのも、ただ可愛げがないことを言い訳して言い換えているだけ、ということはありませんか? 美人は3日で飽きるという言葉通り、数回会ったら男性の方がやってられなくなって、次のお誘いがなくなります。
 
つまり、美人すぎて高嶺の花だからモテないんじゃない。美人だけど、中身がなくて人柄がダメだからモテないんです。
 
例えば、待ち合わせして「ちょっと5分くらい遅れそう」って言われて、「はぁ? すごい待たされたんだけど!」と激怒する人と会いたくないのは当然ですよね。

そこまでいかなくても、何を質問しても仏頂面で「はぁ……そうですけど」と答えられたり、婚活中なのに「別にすぐ結婚したいわけじゃないんで」と吐き捨てたりするような人。もしくは、「奢られて当然」の態度で毎回デートで数万円払わせてなんの進展もなくて楽しそうでもない人。そうなると、「見た目がよくて会ってみたけど、ちょっとなぁ……」と思われますよね。
 
もちろん、お金さえあればいい若い美人と、若くて美人ならいいお金持ちオジサンみたいなニーズがマッチしているカップルなら、中身なんてなくてもいいんです。30代で中身がダメでモテない美人は、60代以上のお金持ちおじいさんを狙うのは手かもしれません。
 
でも多くの人にとっては結婚は生活ですから。あくまで人間同士の対等なお付き合いをしたいなら、美人でも年相応の中身を身につけましょう。
 

美人と言われるって本当? 高嶺の花になるほどの美人なのか

美人といえでも「高嶺の花」と言えるほどですか?

美人といえでも「高嶺の花」と言えるほどですか?

そもそも、誰が「美人」って言ったのでしょうか? 自分で言ってるだけだったら、勘違いの可能性もあります。
 
自分で中の上です、っていっているのに恋愛がうまくいかないなら、中の下か下の中あたりだと思った方がいいですよ。「恐れ多い」ほどの美人なんて芸能界にも数少ないくらいで、そこらへんのそこそこ美人レベルなら中身の問題だから安心してください。

美人でも40代&アラフォーになるとモテなくなる人も

40代になると美人だけでは、モテなくなります

40代になると美人だけでは、モテなくなります

年齢にかかわらずですが、若い頃にちやほやされた美人でも、年齢を重ねて見向きをされなくなり、自分ではまだまだイケると思いがちなのがアラフォー世代。美人でも40代でこれでは結婚を考えられない、と言われるのが次のタイプです。
 
  • 経済的に自立していない……40代なのに社会経験も人脈もスキルもなく、相手の仕事も理解したり尊重したりできない。家事もできずに専業主婦を希望する。
  • 精神的に自立していない……若いころから成長せず年齢だけ重ねている。相手にしてもらうことばかりで、安らぎを与える包容力も持ち合わせていない。
  • 固定観念に縛られている……世間体や親の意見に左右される、自分のことを棚に上げて批判や否定。価値観が凝り固まっていつも自分が正しいと思っている。
  • 人間力がない……常識やマナーがなく、浪費癖や遅刻、家事能力ゼロなど生活全般がだらしない。
  • 家族を思いやれない……自分が自立していないから、いまだに親へ甘えがある。相手の家族を思いやれず、信頼関係を築けない。
  • 美意識が低い……仮に顔の造形が美人でも、身なりや日頃の手入れがきちんとしていない、清潔感がない、ファッションやメイクも、時代や年齢不相応に合わずちぐはぐ。
  • 高望みすぎる……年収1000万円の医者がいい、など20代の美人でもなかなか捕まえられないハイスペック男性を望み、当てはまらない相手男性を見下している。
これらに当てはまっていると、年齢を重ねると特に、美人でも恋愛対象になりません。
 

美人度は、1つの価値でしかない

美人だからといって、必ず上手くいくとも限りません

美人だからといって、必ず上手くいくとも限りません

結婚する上で相手をしっかりと見極める気持ちは大事ですが、上から目線で品定めするつもりでいてはダメ。美人だろうがなんだろうが、結果的に自分が望む相手には目もくれられてないってことを自覚しましょう。美人は有利ですが、結局は1つの価値観でしかありません。
 
逆に言えば、自分の弱さを知っている人は、恋愛も婚活も上手くいきます。年齢を重ねていてもそれをカバーする人間力があればいい、おブスでもファッションやヘアメイクでカバーできればいいのです。美人だから、美人なのに……ということにおごらず、自分を磨いて目的意識を持って進めたいものですね。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。