20代から老後に不安を感じ、40代が最も不安度が高い結果に!

人生100年時代に入り、「老後」が長くなっています。そのため、老後に何らかの不安を感じている人は多いと思われます。そんなことを裏付ける調査結果が発表されました。メットライフ生命の「『老後を変える』全国47都道府県大調査」(2019年11月発表)です。この調査結果のなかから、筆者が興味深いと感じた結果をピックアップして紹介するとともに、意見を述べてみたいと思います。

回答を詳しく紹介しましょう。「不安がある・ややある」と答えた性別・年代をみてみます。性別では、男性79.7%、女性83.3%でした。女性の方が長生きの傾向が強いので、これは納得できる結果といえます。
 
年代別では、下記の通りです。

・20代=84.1%
・30代=86.8%
・40代=87.1%
・50代=86.9%
・60~70代=72.1%
 

20代からすでに老後に不安を感じ、年代を重ねるごとに不安が増し、40代がピークです。20代から老後に不安を感じることはないだろうに、と思わないでもないですが、20~30代は「自分たちはもらえないから…」と、公的年金の先行きを不安視している年代なので、高い数字になったのでしょう。40代も公的年金への不安、そして、老後資金を貯める時間があまり残されていないことへのあせりからでしょうか、最も不安度が高くなっています。
 
50代からは数字が下がりますが、それでも、50代は86.9%、60~70代は72.1%と、不安度は高い水準です。
 

20~70代のすべての年代で、認知症が不安要因ワースト3に入っている!

では、老後に対する不安要因は何でしょうか? ワースト1は、20~50代が「お金」、60~70代は「健康」をあげています。人生100年時代に入って「老後」が長くなっていることを考えると、不安なのは「お金」の準備ができるのかということなのでしょう。60~70代は、「お金」より「健康」が不安というのは分かるような気がします。
 
さて、ちょっと意外だと思ったのは、「認知症」がどの年代でも順位が高いことです。20代と60~70代は2番目、50代は3番目、30、40代は4番目。若い世代は身内か親類、知り合いが認知症を発症したのを見たり、聞いたりして不安なのでしょう。60~70代は、そろそろ「自分事」として不安なのだと思います。
 

「老後」に対する意識に世代ギャップが!

人生100年時代、「あなたは何歳から〈老後〉だと思いますか」の答えは、20代は63.8歳、30代は64.2歳、40代は65.4歳、50代は66.7歳、60~70代は70.9歳でした。年代が上がるほど、その年齢も上がっています。とくに60~70代は50代と4歳以上の差があり、唯一70歳超となっているのが大きな特徴です。
 
各年代の意識の違いの理由は「老後と感じるきっかけは何だと思いますか」という質問で見えてきます。20代は「退職したら」、30代と40代は「年金を受給し始めたら」、そして50代と60~70代は「身体が思うように動かないと感じたら」が回答のトップでした。これら回答を年齢に当てはめると、先の各年代の回答とほぼ一致します。
 
しかも60~70代だけが、他の世代で高い回答を得ている「退職したら」「年金を受給し始めたら」が3位までに入っていません。他の世代からは「すでに老後」もしくは「老後にさしかかった」と見られるものの、本人たちは身体が動くうちは「まだまだ現役」という思いが強い。そんな姿が浮き彫りになります。
 
人生100年時代はしばしば、それだけ老後が長く、それを支える資金が必要という「リスク」や「危機意識」を持って語られます。しかし、老後そのものの定義や意識が変わりつつあるのも確か。必要以上に不安視せず、しっかりと自身ができる準備をすることが大切だと感じます。

※All About生命保険ガイド・小川千尋さんの記事を編集部が最新情報に加筆

【関連記事をチェック!】
お金があっても老後に不安を感じる人の対処法
手取り収入15万円の30歳正社員。老後が不安です
人生100年時代突入?老後の不安を軽くする3つの考え方

【関連動画をチェック】



 


 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。