人気バーバーが教える正しい眉の整え方

少し切るだけで大きく印象が変わる眉。それだけに、失敗は許されないパーツなのです。ここでは、大人の男性の髪と顔をプロデュースする人気バーバー「THE BARBER」に、正しい整え方を教えてもらいました。早速参考にして最高の眉を手に入れましょう。
 

眉のデザインに必要なアイテム

眉毛,整え方,男,初めて,道具

必要なアイテム


1.コーム
長さを整えるために必要なコームは、櫛目の細かいものがベストです。普段髪用に使っているものを使ってもOK。

2.電動シェーバー
細かな調整が利きやすい、刃が小さいものを選びましょう。アタッチメントを自由に替えられるものは、顔全体に使えて便利です。

3.カミソリ
眉など比較的細く薄めの毛は、ヒゲやボディに使う三枚刃や五枚刃よりも一枚刃がベスト。T字よりI字が使いやすいのでおすすめです。

4.ハサミ
ハサミはコームと組み合わせて使うと、失敗が少なくて済みます。扱いやすい小さめサイズを選ぶと良いでしょう。ちなみに、刃にコームがついた眉毛用のハサミも販売されています。
 

眉デザインはこの5ステップで!

■BEFORE
眉毛,整え方,男,初めて,道具

Before(モデル:一戸理人さん THE BARBER 銀座)


比較的きれいな形をした眉ですが、よく見るとまぶたの上にうっすら毛が残っていたり、長い毛がはみ出したりしています。濃さも左右で微妙に違うのでぜひともきれいに整えたいところ。

■プロセス1:電動シェーバーで全体の形を整える
眉毛,整え方,男,初めて,道具

プロセス1(モデル:一戸理人さん THE BARBER 銀座)


元の眉の形を活かし、アウトラインからはみ出た部分をシェーバーで削っていきます。無理に形を作ろうとせず、オリジナルを活かして自然に仕上げるのがいまどき眉の鉄則。特に眉の上側は削ると不自然になりがちなので、手を入れないように。

■プロセス2:コームとハサミで長さを調節
眉毛,整え方,男,初めて,道具

プロセス2(モデル:一戸理人さん THE BARBER 銀座)


上からコームを入れ、アウトラインからはみ出た部分だけを切ります。毛の流れの逆からコームを入れることで、削りすぎることなく一定の長さに整えることが可能です。眉頭は濃さを調節せず、眉山の角の部分だけに手を入れるのがポイント。

■プロセス3:カミソリで眉下のムダ毛を除去
眉毛,整え方,男,初めて,道具

プロセス3(モデル:一戸理人さん THE BARBER 銀座)


アウトラインの外にある眉下の毛は、カミソリでしっかり剃りましょう。自然な形でも、ここを整えるだけでぐっとスッキリした印象に仕上がります。剃るときは、カミソリの方向と逆方向から引っ張って、皮膚を伸ばすときれいに深剃りできます。

■完成:元の形を活かしつつ清潔感あふれる眉に
眉毛,整え方,男,初めて,道具

完成形(モデル:一戸理人さん THE BARBER 銀座)


アウトラインをきちんと整えることで、すっきりとした芯のある表情に。まばらに生えていた毛も整い、スマートな印象たっぷりです。元の眉の形を活かしているから、整えすぎた印象もなく自然です。
 

剃ったあとのチクチクが嫌な人は

カミソリで処理すると毛先の断面が大きくなってしまうので、生えてきた時に青くなってしまうことも。そんなときは毛抜きを使って抜くのも手です。その際、生えグセに沿って抜くことで、痛みが少なく根元から抜くことが可能です。
 

毛が濃すぎるのが気になる人は

眉が濃すぎると、垢抜けない印象になったり、印象が強くなりすぎることも。そんなときは全体をやや短めにカットすることで緩和されます。コームをあててハサミで少しずつ短くしていきましょう。一気に短くすると失敗しやすいのでご注意を。
 

今回教えてくれたのは

眉毛,整え方,男,初めて,道具

THE BARBER 銀座 三瓶貴裕さん


都内に8店舗、ニューヨークに1店舗を構える、いま大人気の理容室「THE BARBER」。スーツに身を包んだ腕利きのスタイリストが、大人の男性に相応しいヘアスタイルとラグジュアリーな癒やしの時間を提供するお店です。今回、ヒゲデザインの㊙技術を教えてくれたのは、銀座店で腕を振るうスタイリスト、三瓶貴裕さん。普段のサロンワークでも、お客様の眉をきれいに整えています。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。