コンパネ・ベニヤ合板など……ポピュラーな木材4種

コンパネ・ベニヤ合板・構造用合板・ランバーコアなどの特徴や種類の違いを説明できますか?

ポピュラーな木材である、コンパネ・ベニヤ板・構造用合板。特徴や違いを説明できますか?

「コンパネ」「ベニヤ合板」「構造用合板」「ランバーコア」など、DIYに使用する木材にはさまざまな種類があります。今回は、木材の中でも特にポピュラーな4種について、DIY・日曜大工ガイドの番匠智香子さん監修のもと、それぞれの特徴を解説します。

<目次>  

コンパネ・ベニヤ合板・構造用合板・ランバーコアの違いとは

コンパネ・ベニヤ合板・構造用合板・ランバーコアは、どれも複数枚の板を張り合わせたもの。違いがあるのは、厚さ、価格、特性です。用途に合わせて選びましょう!
 

コンパネとは? 特徴・価格・サイズ感など

コンパネとは、5層の板を張り合わせた合板で、コンクリート打設の型枠に使用される板のこと

コンパネとは、5層の板を張り合わせた合板で、コンクリート打設の型枠に使用される板のこと

■コンパネの特徴
「コンパネ」とは「コンクリートパネル」の略。5層の板を張り合わせた合板で、コンクリート打設の型枠に使用される板のことです。

コンクリートの型以外にも、表面が塗装されており耐水性があり安価なため、野外の簡易テーブルや、ガレージなどの場所にDIYとして用いる方も多くいます。ただ、見た目を考慮して作られておらず、塗装によって黄色やオレンジなどの派手な色であることが多いです。強度の面からも内装材として使用するのは不向きです。
 
■コンパネの価格・サイズ感
1800mm x 900mmというサイズが一般的。厚さは12mmで、ホームセンターだと1000円少々で購入できます。大量規格品なので流通量が多く、価格が安いのも特徴です。
 

ベニヤ合板とは? 特徴・価格・サイズ感など

単層の1枚板がベニヤ板。貼り合わせたものはベニヤ合板。一般的な工作や内装に用いられる板のこと

単層の1枚板がベニヤ板。貼り合わせたものはベニヤ合板。一般的な工作や内装に用いられる板のこと

■ベニヤ合板の特徴
単層の1枚板がベニヤ板。貼り合わせたものはベニヤ合板。こちらもベニヤ板を複数枚の板を張り合わせたもの。一般的な工作や内装に用いられます。
 
■ベニヤ合板の価格・サイズ感
貼り合わせる板の枚数によって厚みはさまざまで、それによって強度も異なります。薄いもので2.3mmから30mmまでのバリエーションがあります。大きさは、建築材料としては1820mm x 910mmの、いわゆる「3×6尺(サブロク)」というサイズが主流です。ただし、一般向けに、もう少し小さいサイズで売られていることもよくあります。ホームセンターでの販売価格は、薄いものだと500~600円程度。スタンダードな厚さである12㎜だと、1000円程度です。
 

構造用合板とは? 特徴・価格・サイズ感など

構造用合板とは、建物の構造上の強度を必要とする場所に使う合板のこと

構造用合板とは、建物の構造上の強度を必要とする場所に使う合板のこと

■構造用合板の特徴
建物の構造上の強度を必要とする場所に使う合板で、ベニヤ合板やコンパネに比べて強度が高いのが特徴。主に床や壁・屋根下地などの下地材として使われます。これで物置小屋も作ることができます。

■構造用合板の価格・サイズ感
厚さは9mm~28mmまでで、床、壁、屋根の下地に使う場合は、12mmがおすすめです。大きさは3×6尺(サブロク)が一般的。ホームセンターでは2000円程度で購入可能です。
 

ランバーコアとは? 特徴・価格・サイズ感など

ランバーコアとは、3層構造の合板のこと。写真のランバーコアは、上がシナランバー、下がラワンランバー

ランバーコアとは、3層構造の合板のこと。写真のランバーコアは、上がシナランバー、下がラワンランバー

■ランバーコアの特徴
ランバーコアとは、合板の一種ですが、さまざまな大きさの木片を並べて継ぎ合わせ、その両側から大きな板を貼り合わせて作る3層構造の合板です。ランバーコアのなかでも、表面の板の違いによって種類があり、たとえば「シナランバー」「ラワンランバー」などがあります。あとは化粧板を貼ったものなどもあります。

ベニヤ合板と比べると、軽くて強度が高く耐久性に優れているのが特徴で、横からネジや釘を打つことができます。そのためカラーボックスなどの収納家具や、ドア、カウンターなどにも使用できます。
 
■ランバーコアの価格・サイズ感
3枚の板を継ぎ合わせているため厚みがあり、15mmが基本の厚さになります。価格は、ホームセンターだと3×6尺(サブロク)で、ラワンランバーの場合3000円程度、シナランバーの場合4500円程度と、他と比べると少々高価です。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。