サーバの定番、ファイルサーバ

他のコンピュータからサーバであるコンピュータにアクセスして、ファイルのやりとりを行うことを、ファイル共有サービスと言います。ファイルサーバとは、ファイル共有サービスを提供するサーバ・コンピュータのことです。

皆さんも、会社でファイル共有サービスを利用していることが多いことでしょう。サーバにデータを一括して保存しておくことで、大事なデータをバックアップできるというだけでなく、他のユーザとのデータ受け渡しが簡単にできるようになるのです。

ファイル共有サービスは、もっとも多く利用されているサービスであり、サーバが提供する機能の「定番」とも言えるものです。

複数のファイル共有サービスが利用できる

MacOS X Server では、複数のファイル共有サービスが利用できます。提供できるサービスは、以下です。

・AFP(Apple File Protocol)
Macintosh パソコンが古くから採用しているファイル共有サービスです。

・Windows 共有= SMB(Server Message Block)
Windows PC で標準的に搭載されているファイル・プリンタ共有サービスです。

・NFS(Network File System)
UNIX 系 OS で利用されているもので、ファイルシステムごと共有できます。

・FTP(File Transmission Protocol)
正確にはファイル転送サービスですが、ファイル共有としても利用できます。

・WebDAV(Web-based Distributed Authoring and Versioning)
Web ページを閲覧するのと同じ手法を使うもので、最近採用例が増えています。

以降は、Windows ユーザが MacOS X Server のファイル共有サービスを利用するという設定で、Windows 共有のためのサーバ設定法を解説します。なお、 MacOS X Server で採用されている Windows 共有のためのソフトはSamba(サンバ)というソフトウェアで、Linux など UNIX 系の環境 で標準的に使われているソフトウェアです。

ワークグループマネージャ
ユーザ管理は「ワークグループマネージャ」で行う

ワークグループマネージャを起動する

通常、サーバには、サーバ以外のパソコン(クライアント)で作成・修正されたデータをためておきます。そのため、サーバにアクセスする際には、ユーザ名やパスワードの入力を求めるなど、ユーザ認証を経ることで、データの不正取得や改ざんを避けることが必要になります。

この認証を経るには、サーバにアクセスするユーザを、あらかじめ登録しておく必要があります。MacOS X Server では、ユーザ管理のためのソフトウェアとして「ワークグループマネージャ」が用意されています。


管理者の認証
パスワードを入力してワークグループマネージャを起動する
[アプリケーション]→[サーバ]から、ワークグループマネージャをダブルクリックして起動します。パスワードを促されますので、管理者のパスワードを入力してください。


次は、ユーザとグループの作成…>>NEXT


CONTENTS
Page1:ファイルサーバとは?
Page2:ユーザとグループを作成する
Page3:共有ポイントを設定する
Page4:Windows 共有を設定
Page5:PC からアクセスしてみる