日光の紅葉、オススメスポット5選と見頃時期

日光 紅葉 おすすめ

中禅寺湖の紅葉

栃木県にある日光は、東照宮、二荒山神社、輪王寺の2社1寺を代表とした103棟の建造物とこれらをとりまく遺跡が世界遺産に登録されていることもあって、日本だけではなく海外からも観光客がやって来ます。

山に囲まれた自然豊かな地域なので、日光の紅葉は見応えあり。日光は世界遺産を含むエリアだけではなく、実はかなり広範囲です。そこで、まずは定番の紅葉スポットを紹介しつつ、ピーク時や渋滞について見ていきましょう。
 

1. いろは坂

毎年大渋滞が発生する「いろは坂」

毎年大渋滞が発生する「いろは坂」

定番の紅葉スポットといえば、やはり「いろは坂」です。つづら折りの坂道が続き、必然的にスピードが落ちることもあって、紅葉を楽しむには絶好の場所。いろは坂の見頃は、例年10月中旬~11月上旬なので、今年もこの時期がピークだと思います。いろは坂は、毎年びっくりするくらいの渋滞が発生します。週末や祝日には、車が全く動かなくなるほどです。そのため、平日に行くのがオススメですが、この時期は観光バスもたくさん来るので、平日といっても油断はできません。また、いろは坂は上り下りとも一方通行なので、一度入ったらUターンはできません。途中で華厳の滝など立ち寄る場所はありますけど、トイレは前もって済ませたおいた方が無難です。
 

2. 東照宮や二荒山神社、輪王寺などの社寺

紅葉を見ながら東照宮に向かう参道

東照宮から紅葉を見ながら参道を下る

東武日光駅やJR 日光駅からも徒歩圏内である世界遺産エリアです。東照宮と二荒山神社、そして輪王寺はすぐ近くにあるので、どこにいても紅葉を楽しむことができます。穴場としては、二荒山神と大猷院の間にある細い道から見る紅葉です。知る人ぞ知る場所なので、大猷院の紅葉を独り占めできます。ちなみに、その道を進むと、二荒山神社奥の院である瀧尾神社に参拝できます。世界遺産があるエリアの紅葉は11月の1ヶ月が見頃です。近くに駐車場はありますが週末は満車になるので、電車で行くのがオススメです。平日は、少し離れた場所ならば、駐車は可能だと思われます。
 

3. 華厳の滝

日本三大名瀑のひとつ、華厳の滝。近くで見てもいいけれど、遠くからの眺めも最高

日本三大名瀑のひとつ、華厳の滝。近くで見てもいいけれど、遠くからの眺めも最高

日本三大名瀑のひとつである「華厳の滝」は、日光の中でも人気の観光スポットです。紅葉の時期には、さらに人気が高まるのでかなり多くの観光客で賑わいます。華厳の滝は「観瀑台」という滝を見る展望台のような場所があります。滝を上から見られる上展望台なら無料ですが、滝を近くで見ることができ、さらにしぶきまで感じることができる下展望台は有料です。(中学生以上550円、小学生330円)華厳の滝とその周りの紅葉を見るならば、上展望台でも十分ですが、せっかくなので滝を間近で見るのもオススメです。

華厳の滝の紅葉の見頃は10月中旬~下旬です。この時期はいろは坂が混雑するように、華厳の滝も非常に混み合います。駐車場は用意されていますが、週末は満車になってしまうことも。可能なら平日に行くのが無難です。
 

4. 霧降高原の六方沢橋

日光 紅葉 霜降高原

霜降高原

JR日光駅、東武日光駅から東武バスに乗り「六方沢橋」で下車。逆ローゼ型アーチの橋があります。これが「六方沢橋」です。標高1434メートルにかかっている橋なので、紅葉の時期には目の前に紅葉前線が見られます。車で行く場合には、橋の前後に駐車場があって、そこから橋を渡ってみるのもオススメです。他の紅葉スポット同様、週末は賑わうのでバスを利用した方がスムーズかもしれません。紅葉の見頃は10月中旬~下旬です。
 

5. 龍王峡

駅からも近いのでアクセスしやすい龍王峡

駅からも近いのでアクセスしやすい龍王峡

川治温泉と鬼怒川温泉の間に位置しています。紅葉時期でなくても渓谷を見るために立ち寄る人はけっこういます。当然ながら、紅葉時期は立ち寄る人が増えるので、週末は混雑します。アクセスは電車(野岩鉄道会津鬼怒川戦)が一番楽です。龍王峡駅を出るとするに渓谷があって、遊歩道が整備されています。紅葉の見頃は10月下旬から11月上旬です。
 

渋滞を回避する方法

紅葉時期の日光は、いつも以上に混雑します。週末は車で行くと身動きがとりにくいので、電車を使った方がスムーズです。とはいえ、電車を降りた後で動きやすいのは日光の社寺あたりまで。いろは坂や華厳の滝などは、バスや車でないと行けません。そうなると、週末を避けて平日に行くことになります。

基本的には日中に混み合い、夕方には下りが大渋滞になるので、早朝に行くのも手です。あるいは、奥日光に宿泊する計画ならば、下りが混み合う夕方に、いろは坂を登ることになるのでスムーズに進めそうです。最近は自転車で行く人も増えているのですが、混み合っているときには事故も懸念されるので、注意が必要です。
 

紅葉時期のオススメ温泉街3選

せっかく日光まで来たのだから、温泉に入って身体を休めるのもいいかもしれません。ここでは紅葉を楽しめる温泉街を紹介します。

■鬼怒川温泉
日光方面の温泉といえば、鬼怒川温泉です。場所によりますが、10月中旬~11月中旬くらいまで紅葉が楽しめます。アクセス方法は車か電車になります。旅館やホテルの車が駅まで迎えに来てくれることも多いので、駅からのアクセルは楽だと思います。週末は早めの予約が必要ですが、平日なら比較的予約をとりやすいです。ただ、紅葉時期は団体が入ることも多いので、早めの予約をオススメします。

記事:美しい渓谷が望める 鬼怒川温泉

■川治温泉
鬼怒川温泉をさらに奥に進んで行くと川治温泉があります。鬼怒川ほど旅館やホテルは多くないので、落ち着いた印象の温泉郷です。アクセス方法は車か電車(野岩鉄道会津鬼怒川線)になりますが、けっこう距離があるので紅葉時期でもあまり混雑はしません。

記事:古き良き温泉場風情の川治温泉

■湯西川温泉
川治温泉をさらに北に進んだところにあるのが、湯西川温泉です。里山に囲まれている、とても静かな温泉街です。野岩鉄道会津鬼怒川線の湯西川温泉駅で下車します。車で行ってもいいのですが、今市インターチェンジから約40キロあるのでけっこう遠いです。紅葉時期は10月中旬~11月上旬。紅葉時期でも穏やかな場所です。

記事:平家落人の里に湧く湯西川温泉


今回紹介したスポットは、日光の紅葉を見るならここ!という場所です。ほぼはずれはないと思いますが、見頃には若干のずれが生じるかもしれません。最新の紅葉情報を確認の上、旅の計画を立ててください。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。