鬼怒川温泉とは

鬼怒川温泉

鬼怒川温泉の真骨頂は、鬼怒川渓谷の渓谷美にある


鬼怒川温泉とは栃木県だけでなく、関東を代表する大温泉地の一つです。日本を代表する観光地、日光に近い上に、東武鉄道で東京スカイツリーまで直通で行ける事から、東京や日光を周遊するツアーの宿泊地としても利用され全国的な知名度も抜群です。

鬼怒川温泉の最大の魅力は、写真の通り美しい渓谷の上に大温泉地が立地している事に尽きます。各宿の風呂場や客室からこの絶景を望めますし、ライン下りが名物なのも渓谷が素晴らしいからです。

鬼怒川渓谷の素晴らしさは、温泉街に多数架かる橋から特に良く分かります。地元もそれを理解しており、各橋にポケットパークや足湯を整備した上で、スタンプラリーなども実施しています。

不景気が長期化し安近短、つまり近場の旅行が見直される中で、交通アクセスの良さも含めて改めて見直したい温泉地、それが鬼怒川温泉なのです。


鬼怒川温泉の源泉・泉質 

鬼怒川仁王尊プラザ

鬼怒川温泉を代表する名湯、鬼怒川仁王尊プラザの露天風呂の湯船は、鬼怒川ライン下りを退役した実物の舟


鬼怒川温泉の泉質は、単純温泉。単純温泉というのは、成分は比較的薄いものの、25度以上温度がある事が理由で温泉と認められたものです。温度が理由で温泉になっているので、実は成分は千差万別。つまり成分の面から言えば、むしろ複雑な温泉とも言えます。

鬼怒川温泉の分析表を良く見ると、硫酸塩の成分比率が多い事が分かります。そうした湯の特徴としては、血行を促進し温まり易いのです。つまりのぼせ易く湯あたりし易いとも言えるので、深酒して温泉に浸かるのは危険です。しかし残念な事に、大規模旅館の大半は温泉を加水して循環しているので、鬼怒川温泉本来の湯の良さを理解するのが難しくなっているのが実情です。

単純温泉というもともと成分が薄い湯だから、加水しても循環しても大差無いのではなく、成分が薄い湯だからこそ加水も循環もせずに、本来の湯の良さを味わうべきなのです。よって、極力源泉を掛け流した施設を選択する事が望まれます。

次ページで、鬼怒川温泉の旅館・入浴施設をご紹介します。