川治温泉とは

川治温泉温泉街全景

川治温泉温泉街全景。左側の山中に少し見えるのが川治ダム

川治温泉(栃木県日光市)は鬼怒川温泉の少し北にある温泉地で、両者は非常に近いので並び称される場合も多く、観光協会のサイトも統一されています。泉質も鬼怒川温泉と同じアルカリ性単純温泉なので、お湯の面でも似ています。

しかし、大規模ホテルが林立する鬼怒川温泉とは対照的に、小規模な温泉地なので、古き良き温泉場のような独特の風情や情緒があり、川治温泉の魅力になっています。

今回は、栃木県の川治温泉を紹介します。

川治温泉の源泉・泉質

源泉施設

共同浴場「薬師の湯」の上流に源泉施設が並んでいる。名称を表示しているのは良心的

川治温泉には源泉が四カ所あり、共同浴場の薬師の湯の付近の川沿いに、源泉の設備があります。各源泉の設備には源泉名が対岸からも読み取れるように明記されています。薬師の湯、子持ちの湯、不動の湯、元湯と読み取れました。この対岸に足湯が整備されており、足湯に浸かりながら源泉設備を眺めれば、自然と湯が湧く様子を想像出来ます。

源泉自体は建物の中にあるのでお湯が湧く瞬間を見る事は出来ませんが、せめて源泉の名称を読めるように表示する事で、情報を開示しようとしているのは良心的な対応で、他の温泉地でも、是非見習って欲しいものです。

泉質はアルカリ性単純温泉で、無色透明でクセの無い泉質です。お湯の見た目は近くの鬼怒川温泉に似ていますが、昔から「傷は川治、火傷は滝(鬼怒川温泉)」と言い伝えられており、湯治した場合の効能は微妙に異なると言われおり、実際に泉質を特徴付けると言われる陰イオン成分の構成比は異なります。

鬼怒川温泉は硫酸塩イオンが比較的多いので、大人しい湯にしては(血行が促進した結果としての)湯当たりに注意した方が良いと鬼怒川温泉の記事で指摘しましたが、川治温泉では大丈夫かもしれません。そのような湯の違いまで入浴して分かったとしたら、相当な温泉通と言えます。(分からないのが普通です)

次ページで、川治温泉の旅館・入浴施設をご紹介します。