確実に貧乏を抜け出す2つの方法とは?科学的に解説します

ハーバード大学の研究(1)や、カリフォルニア大学の研究(2)が、「貧乏を抜け出すために大切なことって、何か?」を調べたところ、将来の収入を左右する2大項目は「パートナーの収入」「不労所得」だったみたいです。
 
「パートナーの収入」と「不労所得」がポイント?

「パートナーの収入」と「不労所得」がポイント?



 
つまり、「貧乏になりたくなかったらパートナー選びに気をつけましょう」「貧乏になりたくなかったら資産運用を始めましょう」ということみたいです。パートナー選びが出現したのは意外でしたが、考えてみれば当然といえば当然のような気もしますね。
 

作戦1:高収入のパートナーを見つける

アメリカの心理学者ロバート・ウォールディンガーは「よい人間関係は記憶力をよくする」という話(3)もしているぐらいですから、やはりパートナー選びには、注意を払った方がよいでしょうね。
 
何にせよ、「よいパートナーに好かれる」可能性を高めるためにも、「モテる方法」をいろんな角度から勉強するのはよいでしょう。この場合、男性の場合も女性の場合も、「身体を鍛える」と、効果が高いみたいです。だから、「金持ちになりたかったら、身体を鍛えろ!」というのが、現実的な回答かもしれません。
 
しかし、玉の輿(逆玉の輿)には難点があります。それは、「パートナーに愛想をつかされてしまったら、それで終わり」という点です。他人にぶらさがっているだけでは自己効力感が下がり、人生の満足度が得られないでしょうから、「金はあるけど、幸せになれない」という感覚に襲われそうですね。
 
「自分は働きたくない!」「玉の輿(逆玉の輿)に乗って、金持ち人生を謳歌したいんじゃ!」という発想をお持ちの方は、「貧乏を脱出する」という意味では、なかなかよいセンスを持っているかもしれませんね。結婚相手からすれば、たまったモンじゃないですが。それに、All About読者のあなたはそういった考えをもってはいないでしょう。現実的に考えると「不労所得を増やす」のがよいだろうな、と思います。
 

作戦2:不労所得を増やす

「不労所得を持っている人が金持ちになれる」というのは、一時期トマ・ピケティさんが発言していた(4)ことでもあります。この本では、不労所得を持っている人がどんどん金持ちになっていて、持っていない人は、どんどん貧乏になっていた…という話でしたね。
 
しかし、日本では、「胡散臭い話が多いから、ちょっと手を出しづらい……」と思っている方も多いと思います(じっさい、そういう業者は、よく見かけますからね)。
 
そんな方は、とりあえず、「インデックス投資」と呼ばれる方法で、資産を運用するのがよいと思います。筆者は、この方法を友人や、妻にもオススメしています。
 
インデックス投資では、時間がかかりません。しかも、銘柄選びとかも、いったん決めてしまえば、ほったらかしで済む上、そこそこの不労所得が期待できます。だから、資産運用をしたことの無い方には、オススメの方法です。
 
この方法では、インデックス・ファンドと呼ばれる投資信託を積み立て貯金するだけでOKです。具体的には、世界全体の株式と連動する投資信託を、淡々と積み立てるだけでよいでしょう。
 
ピケティさんは「株式は年平均4%~5%のスピードで成長している」なんて話をしています。「リスクを取っている人が、早くお金を増やせる」ということです。この考え方は、「リスク・プレミアム」と呼ばれています。ちなみに、「年4~5%」というスピードはかなり早いです。どれくらい早いかというと、18年ごとにお金が倍増します。36年後には、4倍になります。
 
つまり、「毎月、1万円分の投資信託を積み立てる」のは、「36年後の老後資金を、月々4万円分積み立てている」のと、ほぼ一緒ってことです。4倍ですよ。そう考えると、かなり効果が高いですよね。楽観的な見積もりではありますが、こういうモノサシで「いま資産運用をはじめることの素晴らしさ」を知っておくのが大切です。
 

目指せ!お金持ち!年収900万円で幸福度が上がる?

お金持ちを目指すことは、悪いことではありません。むしろ、よいことです。ノーベル賞を受賞したダニエル・カーネマンも、「年収900万円くらい稼げると幸福度が高まる」みたいな話をしています(5)から、このあたりを目指して、コツコツ不労所得を積み上げていくとよいんでしょうね。
 
 
(1)   研究:Where is the Land of Opportunity? The Geography of Intergenerational Mobility in the United States
(2)   研究:Inequality of Educational Opportunity? Schools as Mediators of the Intergenerational Transmission of Income
(3)   動画:人生を幸せにするのは何? 最も長期にわたる幸福の研究から
(4)   書籍:『21世紀の資本』
(5)   研究:High income improves evaluation of life but not emotional well-being


【関連記事をチェック!】
貯金ベタにありがちな2つの無駄づかいとは?行動経済学で分かる!
「勝手にお金が貯まる財布」の作り方
確実に「1000万円貯めたい人」はコレをやれ!

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。