先日、「投資とギャンブルは何が違うのか?」を解説した記事を書きました。この記事の末で、「運に左右されずにお金を増やすには、コツがあります」という締めくくりをしました。
 
YouTubeの生放送でも、僕は「運でお金持ちになるのではなく、実力でお金持ちになることを目指そう!」なんて話を繰り返しています。そこで今回は、運に左右されず、実力でお金を増やすポイントを紹介します。
 

「運に左右されやすい人」と「運に左右されにくい人」の違い 

資産運用に運はつきものです。しかし、「運が全て」ではありません。きちんと計画的に資産を運用している人の中には、多少、運が悪くとも着実にお金を増やしている人がゴマンといます。
 
実は、投資の世界には、「運に左右されやすい人」と「運に左右されにくい人」がいます。
 
「運に左右されやすい人」は、たまに幸運で大儲けできます。しかし、それと同時に、不運があるとあっという間に資産を失います。
 
一方、「運に左右されにくい人」は、多少の幸運があっても、大きく儲けることはできません。その代わりに、不運があっても、損を小さく済ませることができます。
 
では、「運に左右されやすい人」と、「運に左右されにくい人」の違いは、何なのでしょうか。このカギは、「分散投資」にあります。
 

運に左右されない秘訣は「分散投資」だった! 

マネー誌のアンケート調査を研究した論文(1)によると、「集中投資をしている人は、運用成績が人によってバラバラだった」ことが分かりました。一方、「分散投資をしている人は、運用成績が大体同じ結果になった」ことも分かりました。
 
この研究結果をざっくりとまとめると、
「集中投資をすると、運に左右されやすい!」
「分散投資をすると、運に左右されにくい!」

と言えます。
 
ちなみに、この研究結果には続きがあります。それは、「集中投資をしている人はストレスや不安を感じやすく、満足度も低い!」という点です。
 
つまり、集中投資をすると「お金が運に振り回されるせいでストレスがせいで重なり、不幸になりやすい!」ということです。
 
逆に、分散投資をすると「お金が運に振り回されにくくなるおかげでストレスや不安がヘリ、幸せになりやすい!」と言えるでしょう。
 
さらに言うと、「集中投資をしている人よりも分散投資をしている人の方が資産形成が上手くいく割合が高かった!」なんてことも分かっています。運任せのギャンブルに興じるより、計画的にお金を運用できる人の方が上手くいきやすいということですね。
 

まとめ 

人生は一度しかありません。僕は、たった一度の人生を、「運任せ」にしたくはありません。計画的に成功したいと考えています。僕と同じように、「人生を運任せにしたくない!」という方は、本記事を参考に、分散投資を始めてみてはいかがでしょうか。
 
余談ですが、もしあなたが「貯金しかしない」というのであれば、それも立派な集中投資です。なぜなら、「リスクを取らない」ということに全資産を集中させているからです。年金運用機関ですら、そんな運用はしていません(2)。
 
上手に分散投資できるようになりたい方は、過去にもいくつか記事を書きましたので、本記事と併せて読んでみてくださいね。
 
関連記事その1:お金で失敗したくない人にオススメな資産運用方法って?
関連記事その2:もっとも手堅い「自分年金」の作り方とは?
 
 
●参考文献 
  1. 論文:川西諭, 田村輝之, 功刀祐之, 2012, "長期分散投資vs短期集中投資 日経マネー誌アンケートから見えるネット投資家行動の実態", 行動経済学, 5, pp. 152-156
  2. 記事:年金積立金管理運用独立行政法人, 2014, "基本ポートフォリオの考え方", 2019年2月24日時点
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。