1. 短時間なら20分まで、長時間なら1時半の倍数で

移動,仮眠

移動中に上手に仮眠をとるには?


移動中に仮眠をとると、眠気を減らして頭をスッキリさせる効果があります。

短時間の仮眠なら、午後3時までの10~20分にしておきましょう。
長時間の仮眠ができるなら、1時間半かその倍数(3時間・4時間半)で起きるとスッキリ目覚めます。ただし、遅い時刻の長すぎる仮眠は、寝起きが悪かったり夜の睡眠に悪影響が出たりします。会社帰りの電車での仮眠は「10分以内」にとどめましょう。
 

2. 心身ともにリラックスする

気持ちよく眠るためには、リラックスする必要があります。
ネクタイやベルトなど、身体を締め付けるものはなるべく緩めましょう。好きな音楽を小さな音で聞くのも良いでしょう。お気に入りのアロマがあれば、ティッシュペーパーに1滴たらして香りをかぎます。リクライニングできる座席なら、少し後ろに倒しましょう。
 

3. しっかり頭と首を支える

眠る姿勢について、座席にもたれかかるか、テーブルに突っ伏すと身体が安定します。座席に持たれたかかるときは、頭や首を安定させるために仮眠用の枕などを使いましょう。起きたときの首の痛みを予防できます。テーブルに突っ伏すときは、よだれ対策にハンカチなどを口の下に敷いておきます。
 

4. 気になる光と音を遮断する

移動,睡眠

頭と首を支え、光や音を遮断する


明るすぎたりうるさすぎたりするところでは、うまく眠れません。周りの光や音が気になるなら、アイマスクや耳栓を使いましょう。耳栓をしても周りの音が気になるときは、イヤホンでお気に入りの音楽を聞くと、騒音が気にならなくなります。
 

5. 自己覚醒法で目覚める

自分が目覚めたい時刻に自然に目覚めることを「自己覚醒法」といいます。
自己覚醒法で目覚めると、アラームで起こされた時より気持ちよく目覚めます。やり方は、眠る前に「何時に起きよう」とか、「何分後に目覚めよう」と強く念じるだけ。半数から3分の1の人は、練習するうちにうまく起きられるようになります。
 

6. 水分をとってエコノミー症候群を予防する

移動,仮眠

しっかり水分をとる


狭い座席で体を動かさずに長時間座っていると、脚の血管に血の塊(血栓)ができて脚がむくむことがあります。「エコノミー症候群」と言われる状態です。その血栓が肺に飛んで「急性肺血栓塞栓症」を起こすと、命にかかわります。特に飛行機の中で長時間眠るときは、十分な水分をとり、足首を動かして、脚の血流を良くしておきましょう。
 

よりよい睡眠に関する記事はこちら

薄くて持ち運び簡単!快適に眠れるおすすめトラベル枕
「枕が変わると眠れない」は本当!旅先での賢い対処法
CA直伝!飛行機内で快適に過ごす裏技【睡眠編】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。