Twitterのアイコンを変更したい

Twitter アイコン

Twitter アイコン

Twitterでは自分のアイデンティティともいえるアイコン。2017年6月にそれまで四角形だったデザインが急に丸へと変わり、話題になりました。今回は、アイコンを変える方法と一緒にアイコンに使える画像ファイルの種類やサイズは? アニメーションGIFは今でも使えるの?などを解説します。

<目次>  

Twitterのアイコンに使えるファイル形式 現在GIFは非対応

Twitterでは、アイコンに使えるファイル形式はJPEG、GIF、PNGです。過去にはGIFアニメーション(複数の画像を組み合わせてアニメーションのように動くGIFファイル形式)も対応していましたが、2018年現在では対応しておらず、最初の1コマ目の静止画として表示されます。

まれにGIFアニメーションがアイコンになっているユーザーを見かけますが、対応していたときにアップロードしたものがそのまま残っている状態です。
 

Twitterのアイコンに使えるファイルサイズ

ファイルサイズは2MBまで。小さくてもアップロード自体はできますが、拡大表示されて見にくくなります。Twitterでは400×400ピクセルを推奨サイズとしていますが、長方形でも最終的にトリミングする(切り取る)ので、正方形でなくても構いません。

Twitterのアイコンは2017年6月まで正方形(正確には角がわずかに丸くなったもの)でしたが、現在は丸く表示されます。四隅が切り取られないよう、画像の構図に気を遣う必要があります。
 

スマホ(iPhone・Android)の公式アプリでTwitterのアイコンを変える方法

ここではiPhoneの画面で紹介しますが、Android端末でも基本的な流れは同じです。
(左)左上の自分のアイコンをタップ。(右)[プロフィール]をタップ

(左)左上の自分のアイコンをタップ。(右)[プロフィール]をタップ

(左)[変更]をタップ。(右)アイコンにあるカメラアイコンをタップ

(左)[変更]をタップ。(右)アイコンにあるカメラアイコンをタップ

そして、スマートフォンに保存してある画像の中から、アイコンにしたい画像を選択します。丸の部分が実際にアイコンとなるところなので、うまくはまるように1本指で移動、2本指で拡大縮小します。また、下にあるアイコンをタップすると画像にフィルターをかけたり、簡単なスタンプをつけたりできます。
(左)画像の位置を調整したら[完了]をタップ。(右)[保存]をタップすれば自分のアイコンになる

(左)画像の位置を調整したら[完了]をタップ。(右)[保存]をタップすれば自分のアイコンになる

 

パソコンの公式サイトでTwitterのアイコンを変える方法

手順はスマートフォンアプリと似ていますが、トリミング以外の加工(フィルターをかけるなど)はできません。事前に明るさなどを調節しておきましょう。
自分のページで[プロフィールを編集]をクリック

自分のページで[プロフィールを編集]をクリック

[プロフィール画像を変更]をクリックしてから[画像をアップロード]をクリックして、パソコン内の画像を選択

[プロフィール画像を変更]をクリックしてから[画像をアップロード]をクリックして、パソコン内の画像を選択

トリミングする位置を整えたら[適用]をクリック

トリミングする位置を整えたら[適用]をクリック

[変更を保存]をクリックして設定は終わり

[変更を保存]をクリックして設定は終わり

 

自分だけのアイコンを作ろう!アイコンを作成できるサービスも

いい写真がない、自分の顔を出すのは恥ずかしいという人は、イラスト調の顔のアイコンを作ってみましょう。「アイコンメーカー」で検索すると、個人や企業が作っているサービスがいくつも見つかります。顔のパーツを組み合わせて自分に似せることができるので、好みのものを選んで作ってみましょう。
 

Twitterの公式アイコンをダウンロードする方法と利用規約

自分のウェブサイトやブログなどで、Twitterの公式アイコン(青い鳥)を載せたいとき、公式サイトからダウンロードして使うことができます。利用規約(ガイドライン)は英語ですが、かなり細かく規定されているので、使用するときには面倒でも隅々まで確認してください。

なお、青い鳥のアイコンを自分のアイコンとして使うことは、「Never use Twitter logos or icons as your own」と禁止されています。絶対に止めましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。