今回はこんな質問が届きました
「眉間にしわが寄ってるよ」と指摘されて大ショック……少しでも改善するにはどうしたらいい?」

Q. 仕事中、PCの画面をじっと見過ぎて、同僚に「眉間にしわが寄ってるよ」と指摘され大ショック。以前より眉間のしわがどんどん深くなってるような気がして悩んでいます。しわの予防策があったら、どんなことでも知りたいです。(30代・会社員)

集中しすぎて眉間にしわが!予防と対策は?

集中しすぎて眉間にしわが!予防と対策は?


A.眉間のしわは、表情癖が原因。肌を柔らかくふっくらさせて、こわばっている顔のコリを取りましょう

眉間のしわ、気になります。わかりますよ~。なぜって私も30代の頃、眉間のしわが気になって気になって仕方がない時期があったから。でね、しわって表情による影響が大きいんです。まず、癖になっている表情を直す。これがいちばん!

それ以外には……私もいろいろやりました。でも正直、消えはしませんでしたね。ただ、今はそんなに気にならないかな。大事なのは、もう今以上しわを深く刻まないことです。

なのでね、考えようによっては、このタイミングで「眉間にしわが寄ってるよ」って同僚に教えてもらえてよかったかも。だって、なかなか自分では気がつかないもの。メイクでせっかくきれいになっても、普段の表情で台なしになること、実はとっても多いんです。

特に気をつけて欲しいのが無意識の表情、集中的に近いものを見ているとき。電車などでスマホを見ている大人の方……もちろん私もですが、見えにくいのを(老眼で)一生懸命見ている時、眉間にしわが寄ってます! 集中して我を忘れる、しかも無意識の時が危険です。気をつけるしかないんですけどね。

これ以上しわが深くならないように、保湿&マッサージで対策

解決策としては、眉間の皮膚を柔らかくすること。コットンに化粧水を浸したローションパックを貼って、ふっくらさせましょう。美容液をつけるなど、保湿を心がけます。

また、眉間にしわが寄るときは、顔が緊張して、こわばっていることが多いです。PCやスマホを見ているときって、集中して目を細めるので、眼精疲労になりやすい。適度に休息を入れて、顔筋をリラックスさせましょう。

集中すると眉や額、頭皮までこわばってくるので揉みほぐすのも効果的。頭皮を指の腹でマッサージするだけでも違いますよ。それと、私が昔からよくやってるのが“指アイロン”。アイロンをかけるように、指先でしわになりたくない部分をじわーっとプッシュ。これが案外、効くんです。眉間だけでなく、ほうれい線にもいいですよ!

眉頭の位置と明るめの眉マスカラでふんわり優しい表情に!

メイクは眉間のしわをカバーするというより、怖い顔に見せないためにひと工夫。左右の眉頭が近いと神経質な印象になるので、眉頭を気持ち外側へ少し間をあけましょう。眉頭の眉毛は1本抜くだけで顔の雰囲気が変わってしまうので、1本1本確認しながら抜いてくださいね。

そして、アイブロウで眉の色を明るくします。眉頭はあえて描かず、柔らかい色のパウダーアイブローで陰影をつけ、明るい色のベージュ系のアイブロウマスカラで眉毛を立ち上げます。眉の印象がソフトになり、優しい表情になれますよ!

最後の最後に。30代で、どうしても気になって仕方ない!ってことなら、ボトックスって手もあります。実は、私は30代の時やりました。ホントに消えた!でも、それで納得して、それからはやってません。だって、自分の表情のある顔がいいなと思うから。

ということで、(1)表情癖に気をつける、(2)皮膚を柔らかくする、(3)眉~頭皮を揉みほぐしてリラックス、(4)眉頭の処理、(5)優しい顔に見える眉メイク、いかがでしょう?


山本浩未さんのおすすめアイテム

ジルスチュアート ビューティ ムースブロウマスカラ(カラーニュアンス)

ジルスチュアート ビューティ ムースブロウマスカラ(カラーニュアンス)

ふんわり優しい顔立ちに見せるピンクのニュアンスを拭くんだアイブロウマスカラ

ありそうでなかったふわふわムースの塗り心地。ゴワゴワせず、自然に眉をカラーリング。肌なじみがよく、肌に透明感も出て優しい雰囲気に。「今お気に入りのピンクのニュアンスが軽やかで女子っぽい表情にしてくれる!」(山本さん)ムースブロウマスカラ(カラーニュアンス) 05スウィートピンク/2376円(税込)/ジルスチュアート ビューティ(限定色 2018年6月1日発売・売り切れ次第終了)

 


 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。