そろそろ、ボーナスの時期が近づいてきました。ではその臨時収入を何に使うか。住宅ローンの繰り上げ返済や新車への買い替えなどもあるかもしれませんが、1つの提案として「未来への種まき」を挙げたいと思います。それはつまり「将来リターンをもたらすもの」への投資です。
 
お金もちはボーナスをどう使う?

お金もちはボーナスをどう使う?

 

「経験」への投資は使い捨てにならない

たとえば、子どもへの教育投資。といっても塾や夏期講習ではなく、海外のサマープログラムへの参加など、新しい刺激を与えられる「経験」に使います。あるいは自分への投資。起業スクールや短期MBAプログラムへの参加など、自分をバージョンアップさせられる機会に使ってみるのです。

私は特にモノよりも「経験」を重視しており、経験こそが自分の成長、そして自信につながると確信しています。

「やったことがない」というものが多ければ、それだけ不安感が増しますが、それを既知にしていくことで不安要因が減り、未来も明るく感じられます。「不安だ不安だ」という人に限って、行動量が少なく、経験値が低いものです。
 

節税と運用を両立させる

その他、iDeCoへの掛け金を増やすという方法も考えられます。「老後2000万円ショック」が社会を震撼させたとおり、自己責任で老後対策をするという意味においても有効です。掛金は全額所得控除、この中で投信などで運用も可能です。

また、副業が解禁される企業も増えているため、税務署に開業届を出して自営業者としての顔ももっておきましょう。すると、小規模企業共済という保険に加入できます。これは運用にはなりませんが、掛金全額が所得控除となり、解約すれば掛金のほぼ全額が戻ってきます。

双方とも所得税・住民税の節税になります。
 

株や不動産投資も「将来」を見越す

もちろん、株や不動産などへの投資も挙げられます。しかし、たとえば不動産は価格が高騰して利回りも低下しており、なかなか良い物件に巡り合えないという人も少なくないと思います。

そこで、もし駅に近い場所で一戸建てに住んでいて、子どもが巣立っているなら、使わなくなった2階をリフォームし、外階段をつけて賃貸物件にするという方法があります(建築規制があるため増改築には事前確認が必要です)。リフォームローンならアパートローンより借りやすいですし、補助金や減税制度が使える場合もあります。

株で私が投資しているのは、米国のハイテク銘柄です。アマゾンやグーグルはもちろん、ライドシェアの「Uber(ウーバー)」、職場用メッセージアプリの「Slack(スラック)」、次に上場の可能性が指摘されている民泊仲介大手の「Airbnb(エアビーアンドビー)」など、注目に値すると考えています。

もう1つ私が投資を加速させているのは、太陽光発電所です。買取単価は下落していますが、それ以上にシステム費用も下がっています。そして低圧の過積載(低圧の条件である50kw未満を維持しつつ、それ以上の発電容量のパネルを積むことで、発電量が少ない時間帯の売電を底上げする方法)によって十分利益が確保できるからです。

これなら20年間の買取契約が終了しても、新興電力小売事業者に売電先を切り替えて、事業を継続する可能性も高まるのではないかと考えています。

私の例は参考にならないかもしれませんが、「種まき」を意識したボーナスの使い道を考えてみてはいかがでしょうか。

【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。