LCC「Peach」で台湾へ! 台北と高雄の2都市に就航

ピーチ,LCC,台湾

LCCのPeachは、台湾の台北、そして高雄へも就航しています。台湾は日本人旅行者のリピーターも多くて人気です。

LCCのピーチ・アビエーション(以下、Peach)は、台湾への路線を多く就航しています。日本人旅行者に人気が高い台北はもちろん、台湾第2の都市・高雄への便も運航。また、羽田から台北へ現地0泊の弾丸日帰り旅行も、Peachなら可能です。

Peachに乗って台湾に行く方法、手荷物や搭乗時間などのルール、利用する空港のターミナル情報、有料オプション、キャンペーン情報をはじめ、実際に搭乗した体験レポートも合わせてご紹介します。

※ バニラエアはPeachと統合します。バニラエアとしての運航は2019年10月26日までです
 

Peachが運航する台湾への路線一覧

 
ピーチ,関空,T2

関西国際空港第2ターミナル国際線にあるPeachのチェックインカウンター。目的地ごとにカウンターが隣り合わせでも列が異なるので注意。

Peachは、日本各地の空港から台湾へ、台北桃園国際空港と高雄国際空港の主要2都市に就航しています。首都圏からは東京国際空港(羽田空港)の発着になります。

■東京(羽田)=台北(桃園)
■大阪(関西)=台北(桃園)、高雄
■札幌(新千歳)=台北(桃園)
■仙台=台北(桃園)
■沖縄(那覇)=台北(桃園)、高雄(2018年4月26日から運航開始)

なお、大阪(関西)では「第2ターミナル(国際線)」、台北(桃園)では「第1ターミナル」になります。チェックイン締切時間は、Peachではどの空港でも「国際線チェックインは50分前まで」です。
 

台湾までの気になる航空券の価格は?

【2018年3月25日~2018年10月27日搭乗分】

■東京(羽田)-台北(桃園) 7,280円~
■大阪(関西)-台北(桃園) 6,980円~
■大阪(関西)-高雄 6,980円~
■沖縄(那覇)-台北(桃園) 4,780円~
■沖縄(那覇)-高雄 4,980円~(2018年4月26日から運航開始)

主な路線を抜粋しました。運賃は時期によって変動します。また、キャンペーンの時はさらに安くなることもあります。キャンペーンの情報はPeach公式サイトからメールマガジンへの登録、FacebookなどのSNSでぜひチェックしましょう。
 

Peachで予約から搭乗までの流れ

ピーチ,関空,チェックイン

関西国際空港にはPeachの自動チェックイン機が置かれています。先にチェックインし、預ける荷物があればその後にカウンターへ向かいます。

Peachで航空券を予約してから飛行機に乗るまでの流れは、以下の通りです。
 
  1. 航空券を予約。インターネットの予約がおすすめ。電話、空港カウンターも可(予約手数料が必要)
  2. 運賃タイプは3種類。手荷物の有無、座席指定などのオプションを選択
  3. 代金を支払う。クレジットカードやコンビニ払い、銀行ATMなど
  4. メールで送られてくる「予約確認書」を印刷、または「予約番号」をメモ
  5. 空港でチェックイン。チェックイン締切時間に注意
  6. 受託手荷物がある場合はカウンターへ。なければ保安検査場に向かう
  7. いざ搭乗。空港内は混み合う可能性があるので、ゲートへは早めに行きましょう
 

Peachで航空券を予約する際の注意点

ピーチ,運賃

Peachは3つの運賃プラン。旅のスタイルによって片道ごとに選びやすくなっています。

Peachでは、受託手荷物や座席指定、機内食などはすべて「有料」です。機内でブランケットの貸与もありません。

運賃プランは「シンプルピーチ」「バリューピーチ」「プライムピーチ」の3つ。カウンターで預ける手荷物がある場合や座席指定したい時などは、あらかじめ含まれているプランで先に買うほうがお得なことも。お土産が増えそうな場合など、行きと帰りの便で違う運賃プランを買うのもおすすめです。

カウンターで預ける手荷物は、空港のカウンターで手続きすると割高になります。あらかじめ荷物が増えるのが分かっている場合は事前に手続きしておきましょう。
 

出発当日の空港で注意すべきことは?

ピーチ,LCC,手荷物

Peachでは機内に持ち込める手荷物のルールが定められています。搭乗前にチェックがあるので注意しましょう。

出発当日は、空港へ早めに行きましょう。締切時間は大手航空会社より早く、少しでも遅れると飛行機に乗ることができません。Peachでは「国際線チェックインは50分前まで」と決められています。カウンターの列が長くなっていることもあるので“早め行動”が肝心です。

機内持ち込み手荷物は「手荷物と身の回り品を合わせて2個、合計10kgまで」と決められています。どの空港でも保安検査の前に量り(スケール)で計測されるなど厳しくチェックされます。

なお、Peachでは、台風や大雪などの気象条件、機材整備などによる大幅遅延や欠航の場合、自社便への振替、払い戻しが可能ですが、他社便への振替はできないので注意しましょう。
 

Peachで弾丸旅! 現地0泊で台北を楽しめる

ピーチ,LCC,羽田,弾丸

Peachの羽田-台北線などが対象の「0泊弾丸キャンペーン」。現地0泊、格安で海外に行ける弾丸プランとして人気です。

Peachでは、羽田-台北線などを対象に「0泊弾丸キャンペーン」を実施中です。羽田を早朝に、台北を夜遅くに出発するので、日中に台北を存分に満喫できます。航空券の価格は往復で9,800円と、片道ずつ購入するよりお得。休みがなかなか取りづらいけれど海外に行きたい人などに好評です。

予約はモバイルサイト、コンタクトセンターのみ。時刻表は以下の通りです。

東京(羽田)→台北(桃園) MM859 5:55→8:25
台北(桃園)→東京(羽田) MM858 20:40→0:55(+1)
※2018年3月25日~2018年10月27日搭乗分
 

Peachで定番人気の「台北」に行こう

ピーチ,関空,T2

関西国際空港の第2ターミナルは国内線、国際線で建物が分かれているので注意。リムジンバスなどを降りると、右手が国際線のターミナルです。

いざ、Peachに乗って台北へ。今回利用したのは、MM23便の大阪(関西)-台北(桃園)線です。

朝7時50分出発で、関西国際空港に着いたのが朝6時30分ごろ。第2ターミナルに直接到着する空港リムジンバスを利用しました。鉄道の場合、隣接するエアロプラザから連絡バス(無料)で向かいます。バスの本数は多くあり、所要10分ほどです。
 
ピーチ,関空,T2

関西国際空港第2ターミナル国際線の出発フロア。椅子が多くあるほか、ショップやカフェなども。充電スポットも多めです。

第2ターミナルは国内線と国際線に分かれているので注意。自動チェックイン機で搭乗手続きをした後、保安検査と出国審査を通過して搭乗ゲートへ。出国エリアには、日本の空港初となるウォークスルー型の免税店や土産店、カフェなどがあります。搭乗ゲートを通った後、飛行機へは徒歩で向かいます。

 
ピーチ,LCC,機内販売

Peachの機内では離陸後しばらくすると機内食やドリンク、免税品などの販売があります。欲しい商品などがあれば早めに購入しましょう。

台北への飛行時間は約3時間。機内食などはすべて有料ですが、Peachではこだわりのメニューが揃っているので、座席ポケットに入っているメニューを眺めているといつも食欲がそそられます。
 
台湾,桃園空港,ピーチ

台北桃園国際空港では、Peachの発着は第1ターミナルになります。大きな空港なので、台北から出発する際はターミナルを間違えないように、カウンターの場所もしっかり調べましょう。


そして、台北桃園国際空港の第1ターミナルに到着。台北中心部へは、2017年に開通した空港MRTが便利です。台北駅まで直達車(快速)だと約30分強で到着します。郊外などへは以前からあるリムジンバスも利用できます。
 

台北は見どころ多々、空港MRT開通でますます便利に

台北,空港MRT,桃園空港

台北桃園国際空港では、空港MRTの駅は地下に位置し、ターミナルごとに駅があります。各駅に停まる普通車のほか、停車駅が少ない直達車(快速)もあり。

台北桃園国際空港から台北中心部へのアクセスは、空港MRTが開通して台北駅まで直接行けるようになりました。途中通る新北市、高鉄桃園駅とも直結しています。空港に着くと、空港MRTの案内表示が至る所にあります。
 
台湾,台北,観光

台北でぜひ味わいたグルメといえば小籠包。名物店も数多く、店ごとの食べ比べもおすすめです。

台北では、故宮博物院や台北101などの定番観光スポット、小籠包に代表される絶品グルメ、茶芸館やおしゃれなカフェ、B級グルメが満喫できる夜市など、見どころがたくさんあります。

もし、台北への0泊弾丸旅行なら、事前にリサーチしてピンポイントで巡りましょう。数日滞在するならば、現地で情報収集するのもおすすめです。

 

Peachで台湾第2の都市「高雄」もおすすめ

台湾新幹線,台北

台北から高雄まで、台湾新幹線が便利で快適。日本の新幹線よりもリーズナブルな価格で移動できます。


Peachは、台北だけでなく高雄にも就航しています。高雄は台湾南部最大の国際港湾都市で、冬も温暖な熱帯気候、近代的な街並みなど日本人旅行者に人気がある場所です。台北と高雄、両方の都市を楽しめるのも、Peachならではです。

しかも、台北から高雄まで、台湾高速鐵路(以下、台湾新幹線)を利用すれば、最短約1時間半で行くことができます。台湾新幹線の本数はかなり多く、高雄のほか、途中の台中や台南などに行くにも便利です。
 
台湾新幹線,弁当

台湾の鉄道といえば、駅弁。駅のほか車内で購入できることも。台湾新幹線がある駅、時間限定で販売される「高鐵便當」もあります。価格は60台湾ドル~。

今回、台北から高雄まで台北新幹線に実際に乗ってみました。切符は駅の窓口や自動券売機のほか、インターネットでも予約から購入まで日本語ページがあるので簡単にできます。新幹線の車両「700T」は日本の新幹線でおなじみの700系をベースに開発されたため、乗り心地は快適でした。高雄では市内北部の左営駅に着き、地下鉄KRT(高雄捷運)の駅が隣接しています。

 
台湾,高雄,蓮池潭

高雄きっての有名スポット、蓮池潭風景区。名物の龍虎塔のほか、塔の頂上から蓮池潭の美しい景色も楽しめます。KRT左営駅からタクシーまたは路線バス。

高雄には、湖畔に極彩色の不思議な建造物が点在する「蓮池潭風景区」、“台湾の西湖”といわれる美しい「澄清湖」のほか、高雄きっての夜市が開かれる「西合路」、百貨店が集まるモダンな商業地区である「三多商圏」、高雄の街並みが一望できる「74観景台」、イタリア人芸術家が制作した4500枚ものステンドガラスが見ものの「KRT美麗島駅」など、観光スポットが数多くあります。
 
高雄,グルメ,牛肉麺

台湾名物の牛肉麺は高雄でも有名。見た目以上に柔らかくて味が濃厚な牛肉と太麺、スープとの相性は抜群で、現地でぜひ味わいたい高雄の庶民派グルメ。

さらに、台北とは異なる食文化が発展する高雄のグルメも人気。港町ならではの海鮮料理をはじめ、定番の名物牛肉麺、台湾の国民魚ともいわれる虱目魚を使ったサバヒー粥、フルーツ盛りだくさんのかき氷など、手軽に楽しめる庶民的なグルメが多いのも特徴です。

 
高雄,空港,ピーチ

高雄国際空港にあるPeachのチェックインカウンター。チェックインは出発2時間前から開始なので、遅れないように早めに空港へ行きましょう。


高雄国際空港は市内南部にあり、KTR高雄国際空港駅に隣接していて便利ですが、国際線と国内線のターミナルで場所が異なるので注意。到着フロアがある1階にコンビニエンスストアとカフェがあります。国際線の出発エリアにはチェックインカウンターが並んでいるので、Peachの場所を探しましょう。出国後エリアに免税店が並んでいます。

台北そして高雄と2都市に就航するLCCのPeachに乗って、格安で手軽に台湾への旅をぜひとも満喫してください。

※記事の情報は2018年3月現在

【関連リンク】
Peach (ピーチ)

【関連記事】
台湾行きのLCC徹底比較&賢い利用方法
台北の観光スポット・名所おすすめ10選

※ バニラエア運航終了(2019年10月26日)を受け、Peachとバニラエアは統合します。最新情報は公式サイトからご確認をお願いします。
バニラエア公式サイト:https://www.vanilla-air.com/jp/
Peach公式サイト:https://www.flypeach.com/pc/jp
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。