ヘアアイロンでくせ毛やうねり髪をストレートに伸ばすには?

くせやうねりが出やすい方は、毎朝髪の毛を整えるのが大変ですよね。朝のスタイリングが決まらない、髪がうまくまとらないとお悩みの方向けに、ストレートアイロンを使ったくせ毛の伸ばし方をレクチャーいたします。ショートヘアはもちろん、あごラインのボブくらいまで対応できますで、ぜひ試してみて下さい!
くせ毛やうねり髪をヘアアイロンでストレートに伸ばす方法

Hair&Make RIKUSHI(anti)

 

 おすすめのタイプとスタイリング前の状態

「ショート~ボブヘア」で髪にややくせがあり、何もしないとスタイリングがし辛い方におすすめのスタイリング方法です。

今回のモデルさんはショートですが、あごラインのボブくらいまでの長さの方は、同じやり方でスタイリングができます。

何もしていないとくせが強く出て、まとまりづらい髪質です。特に雨の日など湿気が多い時は、まとめるのがさらに難しい状態です。
くせが出やすい髪質のショートボブ

くせが出やすい髪質のショートボブ

 「サイド」のくせ毛の直し方

ダックカールで留める

ダックカールで留める

1. サイドの髪は3分の1くらいの位置で分け取り、ダックカールで留めておきます。
 
持ち上げすぎないように

持ち上げすぎないように

2.上に持ち上げすぎないように注意しながら、ストレートアイロンを根元から挟みます(※根元からというのは、頭皮から2センチ程空けた位置)。温度は150度~170度くらいで設定しています。この先もすべてこの設定で進めます。
 
手首を内側に回転させる

手首を内側に回転させる

3. 中間から毛先にかけて、少しずつ内巻きに手首を回転させ、毛先に内巻きのカールをつけます。
 
ハチの位置で分ける

ハチの位置で分ける

4. 次は、ハチの位置で髪を分け取り、ダックカールで仮留めします。
 
斜め上に引き上げる

斜め上に引き上げる

5. 毛束を斜め上に引き出します。頭皮から90度の位置に引き上げるのが目安です。
 
引き上げた角度で挟む

引き上げた角度で挟む

6. 引き上げたままの角度で、根元からストレートアイロンを挟みます。
 
中間のクセを伸ばす

中間のクセを伸ばす

7. 少しずつ毛束を下に降ろしながら、アイロンを毛先に向かってスライドさせていきます。こうすることで、中間部分のくせが伸びていきます。
 
毛先は内巻きに回転

毛先は内巻きに回転させる

8. 毛先は手首を90度回転させて、内巻きにします。
 
しっかりと上に引き出す

しっかりと上に引き出す

9. 頭頂部の位置は真上近くまでしっかりと引き上げます。
 
引き上げた角度で挟む

引き上げた角度で挟む

10. 根元は引き出した角度でストレートアイロンを挟みます。特にトップはふんわりとさせたい部分なので、しっかりと上に上げて挟みましょう。その後は手順7~8と同じように、中間は伸ばしつつ毛先には丸みをつけます。
 

「バック」のくせ毛の直し方

斜め下に向かって

斜め下に向かって

11. バックはハチの位置で分け取り、ダックカールで仮留めします。その下の毛束3センチくらいをアイロンで挟みます。このエリアは特に膨らみやすいので、斜め下に向かってスライドさせることでボリュームをダウンさせます。
 
毛先は内巻きにする

毛先は内巻きにする

12.毛先は先ほどと同様に、手首を90度回転させて毛先を内巻きにします。
 
トップは上に引き出す

トップは上に引き出す

13. トップの表面の髪は真上に引き出して、そのままの角度でアイロンを挟みます。
 
大きく丸みをつける

大きく丸みをつける

14. トップの表面はできるだけふんわりとさせたいので、アイロンで少しずつ手首を回転させて丸みを作ります。
 

「前髪」のくせ毛の直し方

斜め下に引き出す

斜め下に引き出す

1. 前髪は上下の2段に分け取ります。下の段は、斜め下に向かって引き出します。
 
毛先は少し内巻きに回転

毛先は少し内巻きに回転

2. 根元付近からアイロンを挟み、斜め下にスライドさせながら、毛先は内巻きにします。前髪は回転させすぎるとカールが強く出てしまうので、60度くらいの内巻きが自然です。
 
表面はふんわりとした丸み

表面はふんわりとした丸み

3 .前髪の表面は自然に丸みをつけるくらいで大丈夫です。
 

サイド&バック

くせ毛やうねり髪をヘアアイロンでストレートに伸ばす方法

Hair&Make RIKUSHI

くせ毛やうねり髪をヘアアイロンでストレートに伸ばす方法

Hair&Make RIKUSHI


【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。