4. MySQL Version5 テーブル作成


4.1 MySQLのサービスの起動の確認

MySQLを使用する前にMySQLのサービスの稼働を確認します。
MySQLサービスがまだ、開始していない場合は、サービスを開始してください。
開始時にエラーが発生する場合は、インストールから設定までの作業を再度確認して ください。
(画像をクリックすると拡大表示できます)

Windows XP Proではコントロールパネル管理ツールサービス
MySQLのサービスの状態を確認できます。

(画像をクリックすると拡大表示できます)

MySQLサービスのプロパティを表示しスタートアップの種類自動
設定されている場合はPC起動時に自動的にMySQLのサービスが開始されます。


4.2 MySQL Command Line Clientの起動



MySQLサービスの起動の確認後にMySQL Command Line Clientを起動します。
MySQL Command Line ClientスタートメニューすべてのプログラムMySQL
MySQL Server 5.0より起動します。


Enter password: ****
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or g.
Your MySQL connection id is 3 to server version: 5.0.15-nt

Type 'help;' or 'h' for help. Type 'c' to clear the buffer.

mysql>
パスワードを訊かれるのでMySQLのインストール時に設定したパスワードを入力し
改行(エンター)キーを押します。
パスワードが認証されると、MySQLのコマンドプロンプトが表示されます。
以降、MySQL Command Line ClientではテキストモードでMySQLを操作しますので
コマンドに続けて;(セミコロン)と改行(エンター)キーを入力してください。


4.3 MySQLのDBを確認

現在作成されているMySQLのDBを確認するには

show databases;
と入力すると

mysql> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| test               |
+--------------------+
3 rows in set (0.00 sec)
と表示されます。MySQLをインストールした時点で、
information_schema---スキーマ情報
mysql---MySQLの管理用DB
test----サンプルDB
が作成されています。

4.4 サンプルDBのtestに接続

今回作成するテストデータはサンプルDBのtestに作成することにします。

サンプルDBのtestに接続するには

connect test;
と入力し、サンプルDBのtestに接続します。

mysql> connect test;
Connection id:    2
Current database: test
サンプルDBのtestに接続されました。

4.5 サンプルDBのtestのテーブルの確認

サンプルDBのtestに定義されているテーブルを確認するには

show tables;
と入力します。

mysql> show tables;
Empty set (0.00 sec)
Empty setと表示される場合は、まだ何もテーブルが作成されていません。

4.6 テーブルを作成する

create table tab1 (number int(10) unique not null,name char(40) not null,note char(60));
insert into tab1 values(1,'abcdefg','apple');
insert into tab1 values(2,'hijklmn','banana');
insert into tab1 values(3,'opqrstu',"");
insert into tab1 values(4,'vwxyz',"pine");
insert into tab1 values(5,'あいうえお',"日本語もOK");
insert into tab1 values(6,'かきくけこ',"漢字");

上のSQL文をコピーし、MySQL Command Line Clientのメニューの編集貼り付け
指定するとSQLコマンドが連続して実行されます。
上のSQL文は1行目でテーブルtabを定義し、2行目~7行目でInsert(挿入)をおこなっています。



4.7 テーブルの定義情報を確認する


show tables;
と入力しテーブルが作成されたか確認します。

mysql> show tables;
+----------------+
| Tables_in_test |
+----------------+
| tab1           |
+----------------+
1 row in set (0.00 sec)
tab1という名前のテーブルが作成されています。

show fields from tab1;
と入力しtab1という名前のテーブルに定義されている列、属性等を確認します。

mysql> show fields from tab1;
+--------+----------+------+-----+---------+-------+
| Field  | Type     | Null | Key | Default | Extra |
+--------+----------+------+-----+---------+-------+
| number | int(10)  | NO   | PRI |         |       |
| name   | char(40) | NO   |     |         |       |
| note   | char(60) | YES  |     | NULL    |       |
+--------+----------+------+-----+---------+-------+
3 rows in set (0.00 sec)
Field が列名、Typeが属性、NullがNull値の入力を許可するか否か、
Keyが主キーを表します。

(注)Nullとは文字列のスペース(空白)とは異なり、何の情報も含まない値です。


4.8 テーブルの内容を確認する


select * from tab1;
と入力しテーブルの内容を確認します。

mysql> select * from tab1;
+--------+------------+--------------+
| number | name       | note         |
+--------+------------+--------------+
|      1 | abcdefg    | apple        |
|      2 | hijklmn    | banana       |
|      3 | opqrstu    |              |
|      4 | vwxyz      | pine         |
|      5 | あいうえお | 日本語もOK |
|      6 | かきくけこ | 漢字         |
+--------+------------+--------------+
6 rows in set (0.00 sec)
テーブルの内容、6行が表示されました。

4.9 MySQL Command Line Clientの終了

q
と入力し、MySQL Command Line Clientを終了します。


次回は今回作成したテーブルtab1を使用し、SQLの基本4命令である
select(選択)、insert(挿入)、update(更新)、delete(削除)を試します。

【関連情報】
MySQL Version5 関連記事一覧


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。