40代の平均貯蓄額は643万円、貯蓄ゼロが33.7%

人生もいよいよ中盤に入る40代。平均貯蓄額は、どれくらいなのでしょうか。

「家計の金融行動に関する世論調査」(2017年)によれば、40代の平均貯蓄額は643万円

「家計の金融行動に関する世論調査」(2017年)によれば、40代の平均貯蓄額は643万円



「家計の金融行動に関する世論調査」(2017年)によれば、40代の平均貯蓄額は643万円。前年の588万円からだいぶ増えています。中央値(多い順または少ない順に並べたときの真ん中にあたる額)は220万円。こちらも前年の200万円から増えています。

上記の調査では、金融資産が増えた世帯にその理由を聞いています。「定期的な収入が増加したから」が33.6%、「定期的な収入から貯蓄する割合を引き上げたから」が25.2%。また、「株式、債券価格の上昇により、これらの評価額が増加したから」が14.7%、「配当や金利収入があったから」が10%もあります。収入が増えたり、手持ちの資産価格が上がっている様子がうかがえます。

一方、貯蓄ゼロの世帯が33.7%も。年収別に40代の貯蓄額を見てみましょう

  • 年収300万円未満  貯蓄ゼロ60.9%、平均161万円、中央値0円
  • 年収300万円~500万円未満  貯蓄ゼロ38%、平均353万円、中央値101万円
  • 年収500万円~750万円未満  貯蓄ゼロ27.5%、平均680万円、中央値410万円
  • 年収750万円~1000万円未満  貯蓄ゼロ18.7%、平均1197万円、中央値1015万円
  • 年収1000万円~1200万円未満  貯蓄ゼロ10.3%、平均1698万円、中央値1100万円
  • 年収1200万円以上  貯蓄ゼロ12.5%、平均2015万円、中央値2300万円

(家計の金融行動に関する世論調査2017(2人以上世帯調査)より)

年収300万円未満では半数以上が貯蓄ゼロ。年収が上がるにしたがって貯蓄額も増えていきますが、年収1000万円以上でも貯蓄ゼロ世帯があります。ただし、この調査での貯蓄(金融資産)は、「普通預金か定期預金かにかかわらず、運用のためや将来に備えて蓄えている部分」と定義しています。残高があっても、生活費と考えて貯蓄ゼロと回答している世帯もあるでしょう。

この平均貯蓄額643万円、中央値220万円は、貯蓄ゼロ世帯も入れて計算したものです。資産を持っていると答えた世帯の平均や中央値はどれくらいになるのでしょうか?

保有世帯の平均貯蓄額は1014万円、中央値は650万円

金融資産を保有する40代の平均貯蓄額は1014万円、中央値は650万円で、だいぶ高くなっています。金融資産保有額別の割合は次の通りです。
  • 金融資産保有額100万円未満  5.8%
  • 金融資産保有額100万円以上200万円未満  8.2%
  • 金融資産保有額200万円以上300万円未満  7.1%
  • 金融資産保有額300万円以上400万円未満  5.8%
  • 金融資産保有額400万円以上500万円未満  5.6%
  • 金融資産保有額500万円以上700万円未満  12.5%
  • 金融資産保有額700万円以上1000万円未満  11.2%
  • 金融資産保有額1000万円以上1500万円未満   13.6%
  • 金融資産保有額1500万円以上2000万円未満  5.4%
  • 金融資産保有額2000万円以上3000万円未満   7.1%
  • 金融資産保有額3000万円以上   5.2%
  • 無回答  12.3%

500万円~1500万円の世帯が4割弱を占めています。ご自身と比べて、いかがでしょうか? 40代はリタイアまではまだまだ時間があります。教育費などの支出をコントロールしながら、老後に向けた準備を意識したい時期です。

(データはすべて「家計の金融行動に関する世論調査2017(2人以上世帯調査)」より、40代は世帯主の年齢)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。