知ってそうで知らない人も多い「機内サービス」の数々

機内,サービス,エコノミークラス

飛行機に搭乗すると受けることできる機内サービスは航空会社によってさまざま。エコノミークラスでも受けられるサービスは意外なほど多いです。写真はタイ国際航空。

海外旅行だと、飛行機の機内に滞在する時間が長くなります。行き先がアジアだと平均3~4時間、ヨーロッパやアメリカでは10時間を超えることも多々あります。機内であれこれと頼みたくなっても、エコノミークラスの利用なのに本当に頼めるのか、客室乗務員に声をかける前に不安になって躊躇していませんか。今回は、意外と知られていない、機内で頼める主なサービスをピックアップしました。

※機内で提供されるサービスは航空会社や搭乗クラスなどによって異なります


1.気分が悪くなったら「医療品」を提供してもらう

もし機内で気分が悪くなったら、すぐに客室乗務員に伝えましょう。その前に、少し気分が悪い程度、ちょっとケガをしてしまった際にも、鎮痛剤や乗り物用の酔い止め、バンソウコウなどの「医療品」は機内に必ず搭載されています。症状が出ている乗客は、誰でもサービスを受けることができます。機内用の保湿マスクがもらえる航空会社もあります。

(参考)
JAL 航空機内の搭載医療品・医薬品
ANA 機内での医療サポートについて

2.JALの中長距離路線では歯ブラシや耳栓などがもらえる

機内,サービス,アメニティ

JAL国際線の中長距離路線では、エコノミークラスでも歯ブラシなどのアメニティを無料で提供しています

日系航空会社で国際線エコノミークラスを利用する場合、歯ブラシや耳栓、アイマスクといった機内のアメニティグッズが座席には置かれていません。ただ、JALでは短距離国際線を除く便で、歯ブラシ、耳栓、アイマスクのサービスがあります。数に限りはあるものの、もし必要な場合は早めに客室乗務員に申し出てください。外資系エアラインでは、エコノミークラスでもスリッパや靴下などが入ったアメニティグッズ一式が提供されることもあります。

3.飲み物は「おかわり」ができる

機内,サービス,ドリンク

フライト中はドリンクもおかわり可能。また長時間のフライトだとスナック菓子などがエコノミークラスのギャレーに置かれている場合もあります。写真はブリティッシュエアウェイズ。

エコノミークラスの場合、機内で食事とほぼ同時にドリンクのカートも回ってきます。そのカートが回って来た時だけドリンクがもらえるわけでなく、それ以外の離着陸時などシートベルト着用サインが点灯していなければ、追加のドリンクを頼むと提供してもらえます。

なお、機内食は、乗客乗員の数に応じてあらかじめ搭載されているため、追加のオーダーは厳しいと思ったほうが良いでしょう。

4.ブランケットや枕の追加は空席状況次第なことも

機内,サービス,ブランケット

搭乗した時にブランケットや枕はあらかじめ座席ごとに置かれています。写真はブリティッシュエアウェイズ。

大手航空会社の場合、提供されるブランケットや枕は、基本的に1乗客につき1セットです。ただ、機内で異常に寒く感じる場合など、客室乗務員に申し出ると追加でもらえる場合もあります。ただ、満席の場合などは予備がないこともあるので要注意。

5.エコノミークラスで新聞や雑誌が読めることもある

外資系エアラインの場合、エコノミークラスであっても日本語の新聞や雑誌のサービスがあることも。読みたい新聞などあれば客室乗務員にリクエストしてみましょう。

6.絵はがきやボールペンは旅の記念に

機内,サービス,絵はがき

飛行機写真の絵はがきはJALやANAであれば無料でもらえます。写真はANA。

飛行機に乗った時、飛行機写真の絵はがきやボールペンなどノベルティグッズをもらえることがあります。もし、機内の見える場所に置いていなかった場合、客室乗務員に尋ねると座席まで持ってきてくれることがあります。

7.「フライトログ」を書いてもらおう!注意点も

フライトログブックは、飛行に関する情報などを客室乗務員に頼んで書いてもらう記録張です。航空ファンを中心に人気があり、登場記録の他、直筆のメッセージなどは旅の記念にもなります。ただ、あくまでサービスの一環なので、慌ただしい時などに無理してお願いすることはやめましょう。

8.赤ちゃん向けの特別サービス、事前予約が必要な場合も

赤ちゃんを連れた乗客向けに、機内でベビーバシネット(赤ちゃん用ベッド)、紙おむつ、離乳食・幼児食などのサービスがあります。ただいずれも事前予約が必要な場合があるので注意しましょう。粉ミルクは機内にもあり、客室乗務員に頼むと作ってくれることもあります。

9.電源がないシートの場合はモバイルバッテリー提供も ※ビジネスクラス相当

機内,サービス,電源

エコノミークラスでも電源がある最新シートが増えてきました。写真はキャセイパシフィック航空。

最新のシートにはエコノミークラスであってもユニバーサル電源やUSBポートが付いています。ただ古いシートの場合はビジネスクラスであっても電源がない場合があります。モバイルバッテリーが借りられることもあるので、客室乗務員に尋ねてみてください。

10.搭乗後に「座席」の変更はできるのか?

空いているフライトの場合、指定された座席を変わることができる場合も。その際、客室乗務員に一言声をかけましょう。もし可能でも、例えば「離陸後にシートベルト着用サインが消灯後にご移動ください」などと言われるかもしれません。離陸時に飛行機の重量バランスの関係で座席を指定していることがあるからです。また、特別機内食などを事前予約している場合も、座席を変更した際は食事の前に客室乗務員に伝えてください。

※記事の情報は2018年2月現在
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。