相手の「自分らしさ」も認める

相手の「自分らしさ」も尊重する

相手の「自分らしさ」も尊重する

自分と100%合う人なんていうのは、どこにもいません。だからこそ、人と付き合っていくためには折り合いを付けて行くことが大切です。

そのためにも重要なことは、「自分の“自分らしさ”を受け止めてもらう」ことばかり求めるのでなく、「相手の“自分らしさ”も認めてあげる」ようになることです。相手が無理してあなたに合わせようとすると、相手は「自分らしさ」を失い、不幸になってきます。恋愛は、双方が幸せでないと長続きしません。

相手が自分の好みのタイプとは違う性格だろうが、興味のない趣味をしていようが、相手がそれで自分らしく、幸せでいられるのであれば、そこは認めてあげることが大切です。自分の理想ばかり押し付けると、相手は逃げ出したくなるものです。

ただし、極端な話、“あなたの自分らしさ”と“相手の自分らしさ”があまりにも合わないと、一緒にいるのが難しくなることもあるでしょう。その場合は、一緒にいない(=別れる)方がいいこともあります。
それは、お互いに幸せになるためにも必要なことです。恋愛であれ、結婚であれ、仕事であれ、自分に合わないものにずっとしがみついている方が、不幸になってしまいます。必ず自分がしっくりくる相手や環境はあるものなので、それを見つけた方が幸せになれることもあります。

人によっては、「1人でいる」方が、自分らしく幸せでいられる人もいます。そんな人も、一時は周りの意見に流されて、「恋人を作らなければ」「結婚しなくちゃいけない」なんて思うものですが、本当の幸せを考えたら、付き合ったり、結婚したりしない方がいいこともあります。
逆に、もし好きな相手がそういうタイプなのであれば、パートナーではなく友人として付き合ったり、場合によっては別居婚を目指したりした方がいいこともあります。

つまり、2018年につかむ「いい恋」というのは、単に恋人ができたり、結婚したりすることではありません。そんな上っ面なことが実現したところで、人は幸せにはなれません。

自分が「いい恋」をする、ということは、それは、相手にとっても「いい恋」でなくてはいけません。

だからこそ、自分も相手も幸せになるためにも、まずは自分が、自分らしく素敵に輝き、折り合いも付けながら、相手のことも輝かせられるようになることが大切なのです。

今年の恋愛は、「自分らしく!」をテーマに、いい恋を掴みましょうね!


[関連記事]
・自分嫌いを直して、幸せな恋愛ができるようになる方法
・「愛される女」と「愛されない女」の違い

[お知らせ]
書籍「子供おばさん”にならない、幸せな生き方」が、単行本と電子書籍で好評発売中! 子供おばさんになりたくない人は、必読!

4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」 毎週金曜日23時に更新!

ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」を毎日更新中!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。