「自分らしく生きる」ためには?

人と比べていたら、自分らしくいられない

人と比べていたら、自分らしくいられない

「自分らしく生きる」ためにはどうしたらいいのでしょうか?

実は、人は「自分を好き」でないと、「自分らしさ」を発揮できません。むしろ自信がない分、自分を押し殺すような言動ばかりしてしまいます。

あなたが今、自信がないのは、“あなたそのものの魅力”が原因というよりも、「あなたが誰かと比べることで作られた劣等感」が多いものです。

そもそも人と比べてばかりいたら、「自分らしさ」なんて出せません。また人それぞれに得意なこと、不得意なことがありますし、更に言えば、どんな才能、魅力にも、上には上がいるものなので、自分が勝手にハードルを上げて、劣等感を抱いていることも少なくありません。

「自分らしく生きる」ためにも、まずは「人と比べる癖」はなくさないといけません。むしろ、素敵な人がいたら、劣等感を抱くのではなく、マネをするくらいのしたたかさを持つようにしましょう。

マネしているうちに、それが自分の本当の魅力になることも少なくありません。「マネをする」のは、「自分らしさを出す」こととほど遠いものだと思いがちですが、実際はそうではありません。

自分が素敵だと思うことは、「自分にも、その要素はある」ことが多いのです。例えば、パンク・ファッションに興味がない人が、パンクな人と出会ったところで、「素敵だ」とまでは思わないでしょうしね。そうやって、たとえマネから始めたとしても、自分がより素敵に成長することによって、自信を持ち、さらに自分を好きになれるものです。

さらに、「自分らしく生きる」ためにも、日頃から「自分の心の声」を聞くことが大切です。1人の時間を設けたり、誰にも見せない自分だけのノートに思いを書き綴ったりして、自分の心と向き合う時間を作るようにしましょう。

社会に生きていると、人はさまざまな影響を受けているものです。自分の価値観だと思っているものでも、実際は、親や親しい友達、さらに会社の人たちの価値観に染まっていることも多いでしょう。

だからこそ、例えば、本当は出世欲なんてなく、ただただ充実した仕事がしたいだけなのに、社内の競争が激しいと、そこを忘れて、単に利益を追求してポジションが上がることだけを目指し、自分を見失ってしまう、なんて人も少なくありません。

もし自分が一緒にいて幸せになれるような“自分に合う人”と出会いたければ、自分を見失っている状態で探したところで、目が曇っているので判断を誤るでしょうし、今、“本当のあなた”らしさが出ていなければ、その部分を「素敵だ」と思うような人とは縁ができにくくなります。

だから、どんなに忙しくても、「自分を取り戻す時間」は作るようにしましょう。それは無駄な時間ではなく、忙しいからといってそれを作らなければ、むしろ「近道のようで遠回り」なのです。

つまり、自分らしく生きるためには、「人と比べないこと」「素敵だと思う人のマネをして成長すること」「自分の心の声を聞くこと」が大切なのです

また、自分らしく恋愛をしたいときに、もう1つ大切なことがあります。それを最後に紹介します。