自分が嫌いな人が幸せな恋愛をするには

自分が嫌いな人は上手く恋愛できない

自分嫌いな人は上手く恋愛できない


幸せな恋愛をするために、まず初めにやった方がいいことは、「素敵な人と出会うこと」「恋愛テクニックを駆使すること」ではありません。
そんなことよりも、「自分を好きになること」が大事なのです。

なぜ、自分嫌いを直した方がいいのか?というと、自分を好きではない人は、本当の意味で人を愛することができないからです。それによって、せっかく手に入れた恋を壊しかねません。

自分嫌いな人は、自己肯定ができないので、自分のことを受け止めることができません。でも、誰もが本心では、自分を肯定され、受け止められたいもの。だから、恋人ができると、必要以上に相手にそうされることを求めてしまいます。

要は、欠点も含め「こんな自分でも大丈夫なんだ」と思わせもらいたくなるのですが、現実的に、恋愛の初期段階で、そこまでありのままの相手を愛せるほどの“無償の愛”を注げる人は稀です。
だからこそ、付き合っていくうちに心が不安定になっていき、恋人に自分の辛い思いをぶつけ、相手からウザがられて、関係が壊れるというパターンになりがちです。

逆に、自分を好きな人は、そんなパターンにはなりにくいものです。なぜなら、自分を肯定できていて、心が安定しているため、必要以上に相手に受け止められようとはしないからです。
例えば、自分を好きな人は、恋人に欠点を指摘されたとしても、否定することなく、「それもそうだな」と思って、すんなり悪いところを直そうとします。それは、「たとえ短所があったとしても、自分には他のところで長所もあるから大丈夫だ」という自尊心があるからできること。逆に、自分嫌いの人には、なかなかできないでしょう。
その結果、普段から自分を肯定できている人は、欠点も克服し、さらに恋人との絆を深めることができるのです。

つまり、人に受け止められようとする前に、まずは自分をきちんと受け止められるようになることが、いい恋をするためには重要であり、そのためにも、まずはきちんと自分のことを好きにならないといけないのです。自分嫌いでいたら、自分のことを受け止められないですしね。

それでは、自分を好きになるためには、どうしたらいいのでしょうか?

<目次>  

自分が嫌いな人が、自分を好きになる方法とは?

自分をもっと好きになる

自分をもっと好きになる


「自分を好きになる方法」というのは、逆を言えば、「自分を嫌いにならない方法」でもあります。では、自分を嫌いにならないためには、どうしたらいいでしょうか?

それは、「自分を嫌いにならない行動をする」ことです。

例えば、保身のために人を傷つけたり、卑怯なマネをしたりしたら、心の奥にいる“本当の自分”が自分のことを責めて、罰します。つまり自己嫌悪に陥るのです。その結果、自分のことをどんどん好きではなくなっていきます。

例えば、嫌な人がいたとしても、意地悪をしてしまったら、気持ちがスッキリするどころか、やはり心のどこかではモヤモヤするでしょう。余程のサイコパスでない限り、人には必ず良心があるので、やはり人を傷つけたら、自分も傷つくものなのです。
逆に、そんな嫌な人がいても、相手にしなかったり、さらにうまく対応できるようになったりすると、そんな“大人の態度を取れた自分”を褒めたくなるし、もっと好きになります。

結局、「自分を好きになる方法」というのは、「自分を褒めてあげたくなるような行動(=自分を好きになる行動)をする」ことなのです。

それなのに、自分嫌いな人は、自分のことを嫌いになる行動ばかりしてしまっています。それで、そんな自分を誇りに思えなくなり、ますます嫌いになってしまっています。それでは悪循環ですよね?

そんな人が1つ知っておいた方がいいことがあります。それは、「自分を一番傷つける力を持っているのは、自分自身だ」ということです。自己嫌悪が、一番自分を苦しめ、痛めつけるのです。

もし、他の人が自分を傷つけようとしても、そんな人のことは相手にしないで、傷つける力を与えなければいいのです。極端なことを言えば、例えフラれたとしても、「大した男(女)じゃなかった!」と思えば、それだけのことです。
逆に「運命の人と縁が切れてしまった」と思えば、それだけ後悔するし、それだけ相手に傷つける力を与えてしまっています。

つまり、いつだって、自分がどう思うのか、どう感じるのか?が、自分に影響を与えるのです。だからこそ、自分を好きでいることが重要ですし、自分を好きになるためにも、「自分が嫌いになるような行動をしない」というのは、まずは気を付けるべきことなのです。

それでも、「そう簡単には、自分を変えられないよ!」と思う人もいるでしょう。そんなときは試していただきたい方法があります。
 

自分が嫌いで変わりたいなら、環境や人間関係を変えていく

環境や人間関係を変えてみる

環境や人間関係を変えてみる


「自分を変えたい」と思ったときに、よりスムーズにできるようになるための方法の1つに、「環境を変える」というのがあります。

人は何だかんだ言って、周りの人に影響を受けて生きています。
例えば、ずっと親元を離れず、実家暮らしの人は、親の影響を受け続けていることも多いものです。大人になっても、親が「No」だと言えば、自分も「No」だと思ってしまうくらいに、親の意見というのは子供に深く影響を与えるものです。

だから、「一人暮らしを始めたとき、“本当の自分”になれた」という人は、少なくありません。基本、子供は親を悲しませたくないし、親が望む通りにしてあげたくなるもの。それによって、人生観すら、親から譲り受けている人も多いものです。
でも、それは本当の「自分の価値観」とは違います。親に刷り込まれている価値観であることが多いからです。

また人は、職場の影響も受けるものです。例えば職場の人たちが「結婚して、子供を育てなければ、まだまだ一人前ではない」「結婚しない人は、どこか人として欠陥がある」なんて残念な価値観を抱いている人が多いと、自然と影響を受けてしまい、結婚していないことにコンプレックスを抱いたり、焦ってしまったりすることもあるでしょう。

さらに、「利益のためなら、人の足をひっぱっても構わない」というような価値観の社風だったら、悪いと分かっていても、出世のために人を陥れることが当たり前になってしまうこともあるかもしれません。
そんなときは「この会社で生き残るためには、こうするしかないんだ」なんて会社のせいにして、自分を正当化しがちですが、実は心の中の“本当の自分”は間違っていることを知っています。だから、なんだかんだ言って、自分を責めて、苦しんでしまうのです。

そのほかにも、住んでいるところが田舎の方だと、近所の人たちの価値観に染まってしまうこともあるでしょうし、仮に都会に住んでいても、近しい友達の影響をたくさん受けるものです。

だから、もし今の自分のことが嫌いで、変わりたいと思っているのであれば、「環境や人間関係を変えていく」のは、手っ取り早い方法です。逆を言えば、自分が変わった時に合わなくて変えたくなるのも、環境と人間関係ですしね。
「鶏が先か、卵が先か」にもなりますが、自分から変われないのであれば、今ある環境、人間関係を一度手放してみるのも手だと思います。
 

自分を愛しているから、人を愛せる

ここまで「自分嫌いを克服する方法」を紹介してきました。
基本、人は、自分が持っていないものを人に与えることはできません。例えば、お金や物だって、持っていないと人にあげることはできないでしょう。

それと同じように、自分を愛していない人は、自分に愛が足りていないので、まだ本当の意味で人に愛を与えられる段階ではありません。だからこそ、自分の愛の足りなさを埋めるために、必要以上に相手に愛情を求める行為をしがちなのです。それでは、幸せな恋愛は難しいでしょう。

結局、自分が“自分に対してできていること”が、人にもできるようになるものなのです。自分を許しているから、人のことも許せるし、自分を信じているから、人のことも信じられるし、自分を愛しているから、相手のことを愛せるのです。

いい恋愛をするためにも、まずは自分を好きになって、自分の中に愛をたくさん増やして、大切な人にも愛情を注げられる人になりましょうね。

【関連記事】

[お知らせ]
書籍「子供おばさん”にならない、幸せな生き方」が、単行本と電子書籍で好評発売中!子供おばさんになりたくない人は、必読!

漫画「子供おばさんと大人女子」 毎週金曜日23時に更新!


 

【編集部からのお知らせ】
お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12(水)から1/21(金)まで、10日連続で配信中!
茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金、マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
1日目2022年12星座の金運総覧! あなたはお金が貯まる体質? 投資がうまい体質?」を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。