お茶を丸ごと食べるメリットは「栄養価が高い」から!

食べるお茶

お茶を入れたあとの茶殻も食べれる

日本人の生活になじみ深いお茶。通常はお茶を入れたあとの茶殻は捨ててしまいますが、実は多くの栄養が含まれています。お茶って食べられるの?と思われるかもしれませんが、茶そば、抹茶スイーツなどはまさに「食べるお茶」の代表ですね。茶葉の粉末加工などをせずに、おうちでお茶を入れた後の茶殻をそのまま食す、手間いらずの簡単アレンジをご紹介します。意外と食べやすいことを知ると驚くかもしれません。お茶を丸ごと味わってみましょう。
   

お茶なら何でも食べられるわけじゃない!おすすめは……

茶畑

新芽を摘み取る一番茶

身体に良さそうだということは何となく想像ができても、美味しくないなら食べたくない!と思うのが当然。お茶を飲んだ後に茶殻も食べるとなると、おすすめできるものとそうでないものがあります。

茶殻を料理に利用するには、柔らかい新芽(一番茶)を使ってつくられた玉露や上級茶が適しています。特に玉露を入手する機会があったときには、茶殻の色も美しく、味も美味しいので捨ててしまうにはもったいない。ぜひ食べてみてください。

反対に、二番茶や三番茶でつくる番茶やほうじ茶などの茶殻は、繊維や茎が多く硬いので食べるのには適していません。

チャの樹は気温が下がる冬には新しい葉をつけることはなく、越冬し気温が上がりはじめた春先(4月中旬~下旬頃から※地域差があります)から芽吹きはじめます。最初に芽吹いた新芽を摘み取ったものが、「その年最初に摘んだ」という意味で一番茶と呼ばれ、葉は柔らかく香り高く上級茶として扱われます。

お茶の樹は永年性常緑樹で年に何回も葉をつけます。一番茶を摘み取った後、約1か月後くらいに摘み取ったものが、二番目に摘むので二番茶と呼びます。三番目に摘む茶葉が三番茶。地域差はありますが、三番茶の収穫は真夏となり、強い日差しを浴びた葉は大きく繊維質も多いものになります。
 

茶殻に含まれる栄養価はバリエーション豊富

お茶を入れたあとの茶殻活用法

お茶を入れたあとの茶殻活用

お茶にはお湯や水に溶けだして飲むことで得られる栄養成分と、水に溶けださず茶殻のほうに残る栄養成分があります。茶殻のほうに残る不水溶性成分は約70%もあり、栄養成分としてたんぱく質、ビタミンA(βカロテン)、ビタミンE、食物繊維、たんぱく質、クロロフィル、ミネラル類などが含まれています。

ビタミンA(βカロテン)はお肌のツヤや潤いを保ち、粘膜を正常に保つ働きをしてくれるといわれているビタミン。抗酸化作用もあります。ビタミンEも、抗酸化作用により、体内の脂質の酸化を防いで体を守る働きがあります。

お茶を飲むことで、抗酸化力が高くコラーゲンの生成に不可欠でもあるビタミンCは摂れますので、お茶を飲んだ後に茶殻も食べればビタミンのエースと呼ばれるACEの3つが揃って摂れることになるのです。
 

茶殻を使った簡単レシピを3つご紹介!

料理が苦手、料理はほとんどやりません、という方にもできる茶殻を食べる簡単レシピをご紹介します。野菜をゆでる手間なく、栄養価の高い緑色の葉を食すことができてしまいます。簡単ちょい足しレシピで、ビタミン類やミネラルを補給しましょう。

茶殻は水分を多く含むため、時間が経ったものの使用はおすすめできません。数時間程度であれば、水気をよく切ってキッチンペーパーに包み、ラップをして冷蔵庫、または冷凍庫へ。ただし、できるだけ早く使ってください。
 

レシピ1:シンプル茶殻のおひたし

一番シンプルな食べ方。緑色も美しいままで、お茶の葉のほろ苦さもアクセントになります。
お茶の栄養

シンプル、茶殻のおひたし

材料(一人分)
  • 煎茶か玉露の茶殻 大さじ半分くらい(量は好みで)
  • ポン酢、または、醤油、または酢味噌 小さじ半分
作り方
急須に残った茶殻をスプーンで取り出し、キッチンペーパーなどで水気をよく切って器にのせます。ポン酢、醤油、酢味噌などをお好みでかけていただきます。
 

レシピ2:茶殻としらすの和え物

しらすと鰹節を加えることで、想像以上にクセがなくなります。鰹節のだし感もプラスされ、後味にはしっかりお茶を感じます。
お茶を食べる

茶殻も副菜として食卓に

材料(一人分)
  • 煎茶か玉露の茶殻 大さじ半分くらい(量は好みで)
  • 鰹節 適量
  • しらす 大さじ半分くらい(量は好みで)
  • 白ゴマ (あれば)適量
  • 醤油 小さじ半分
作り方
急須に残った茶殻をスプーンで取り出し、キッチンペーパーなどで水気をよく切ってから、小さめのボウルに移して、鰹節、しらす、醤油と混ぜ合わせます。白ごまを混ぜても美味しい。
 

レシピ3:茶殻チャーハン

緑色の野菜が冷蔵庫になかったときにも使える、茶殻入りのチャーハン。しっかりと水気を切った茶殻を最後に入れ、サッと炒め混ぜます。
茶殻を野菜代わりに

簡単、茶殻チャーハン

材料(一人分)
  • ご飯 茶碗1杯
  • チャーシュー 2枚(豚肉などでも)
  • メンマ 適量(あれば)
  • 中華だし 小さじ半分(お好みで調節)
  • 醤油 適量
  • ごま油 適量
  • 煎茶か玉露の茶殻 ティースプーン2杯
  • 白ゴマ 適量
作り方
  1. チャーシューとメンマは食べやすい大きさに包丁で切っておく。
  2. フライパンにごま油をひき、ご飯、チャーシュー、メンマを炒める。
  3. 味付けに、中華だし、醤油を加えて炒める。
  4. 炒め終わる最後に茶殻を加えて、サッと混ぜながら炒める。
  5. お皿に盛り付けて最後に白ごまをふりかける。

お茶には、野菜や果物と同じように、たんぱく質や各種ビタミン、ミネラルなどの栄養成分が含まれています。飲むだけではなく、茶殻を食べることでも簡単に摂取できますので、調理にも野菜感覚で使ってみてくださいね。

参考:国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構
http://www.o-cha.net/teacha/kagaku/taberu.html
参考文献:「お茶の科学」大森正司著

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。