マフラーやストールに似合う!簡単ヘアアレンジとマフラーの巻き方

冬はせっかくかわいいアレンジをしても、マフラーやストールを巻くと髪型が崩れたり、肝心のアレンジが隠れてしまってうまくいかない、とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、冬のマフラーと相性のよいリボンを使った簡単ヘアアレンジをご紹介。リボンの使い方や、マフラーの巻き方もレクチャーしますので、ぜひ試してみて下さい。デイリーのヘアアレンジにはもちろん、冬のデートにもおすすめですよ。
冬マフラーに似合う!簡単で崩れにくいヘアアレンジ

hair&make RIKUSHI(anti)


 ベースのスタイル

ロングヘアのパーマスタイル。パーマがかかっていない方は全体に32ミリのアイロンでミックスカールを付けておいて下さい。巻き方が分からない方は、「ヘアアレンジ前のベースの巻き方」を参考に。
ゆるくパーマがかかったロングヘア

ゆるくパーマがかかったロングヘア

 ヘアアレンジの方法・やり方 

サイドとバックに髪をざっくり分ける

サイドとバックに髪をざっくり分ける

1. まずはサイドとバックに髪を分けます。バックの毛は、ハチ上の部分でひとつにまとめます。

高めの位置でポニーテールにする

高めの位置でポニーテールにする

2. 髪色に近いシリコンゴムでひとつに結び、高めのポニーテールを作ります。

指先で少しずつ引き出す

指先で少しずつ引き出す

3. 片手で結び目をおさえながら、トップを引き出して、立体感を出します。

指先を回してねじる

指先を回してねじる

4. サイドの毛は指で外巻きにねじります。この時に、耳前の位置に幅1.5センチ程度の後れ毛を落としておきます。

指先で表面を引き出して崩す

指先で表面を引き出して崩す

5. ねじった毛の表面を崩します。その後、毛先をシリコンゴムで結んでおきます。逆サイドも同様に、4~5の工程を繰り返します。

サイドの毛束を巻きつけてピンで固定

サイドの毛束を巻きつけてピンで固定

6. ねじった両サイドの毛束をポニーテールに巻きつけて、アメピンで固定します。片サイドずつピンで留めるとやりやすいです。写真は見やすいように金色のピンを使用していますが、実際には髪色に近いアメピンを使いましょう。

 リボンの巻き方をレクチャー 

結び目にリボンを巻きつける

結び目にリボンを巻きつける

1. ポニーテールの結び目にリボンを巻きつけます。リボンの長さによって2~3回巻きつけましょう。

きつめに引っ張り、たるみをとる

きつめに引っ張り、たるみをとる

2. 上に引き上げて、ややきつめに引っ張り、たるみをとります。ここで結び目がゆるくならないように注意しましょう。

リボンの大きさと垂らす紐のバランスが大事

リボンの大きさと垂らす紐のバランスが大事

3. リボン結びにします。ここで、リボンの大きさとたらす紐の長さを調節するのがポイント。リボンがあまり大きくなりすぎるとバランスが悪くなるので注意して下さい。

 マフラーの巻き方をレクチャー

マフラーを背中でクロスさせる

マフラーを背中でクロスさせる

1. マフラーの左右の長さが同じになるように、背中側で一度クロスさせます。
背中側のマフラーを前方に持ってくる

背中側のマフラーを前方に持ってくる

2. クロスさせたマフラーの両サイドを前に持ってきます。

下から引っ張るようにして入れ込む

下から引っ張るようにして入れ込む

3. 一周目に巻いた部分の内側に、マフラーの両サイドを入れ込みます。上から下に通して、引っ張るとうまくいきます。


 サイド&バック

冬マフラーに似合う!簡単で崩れにくいヘアアレンジ

hair&make RIKUSHI(anti)

冬マフラーに似合う!簡単で崩れにくいヘアアレンジ

hair&make RIKUSHI(anti)


 使用したヘアアクセサリー

長さ40センチ程の落ち着いたオレンジ色のリボン。かわいすぎず、少し大人っぽい、くすんだ色使いがおしゃれなアイテムです。
落ち着いたオレンジ色のリボン

落ち着いたオレンジ色のリボン


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。